[BACK] [NEXT]

●応対
 工場では消毒用の手洗い水が入った容器を用意してもらっております。
お客さんが来るとまずそれで入念に手洗いをしてから工場に入ってもらうことにしました。
今日は播州から馴染みの鎌屋さんが来てひとしきり話していきました。対コロナ対策の予行演習です。
お帰りになった後すぐに全員でうがいと手洗い除菌。作業場の窓を2ヵ所開けて空気の入れ替え。しばらくはこの対策を徹底していく構えです。

 12時半過ぎに工場出勤。

研ぎ仕上の庖丁がサイズの短いものになり、下研ぎもだいぶん安定してきました。また、私の研ぎ眼も慣れてきて、早めに欠点への対応が取れるので結構はかどります。
六時過ぎまでかかりましたが二〇丁を超える仕上がり丁数。
終わって出来上がった庖丁を車に積み込む頃にはきれいな夕暮れの空が広がっております。有難いありがたい。



旦松です。
連休を頂いていました。ありがとうございました。

今朝は、ひらめた包丁を焼鈍に送れるように、仕上げました。お昼前に終わったので、次に打つものの中子を叩きました。

反省は、確認していただいた包丁の巾や厚みが以前注意してもらったにもかかわらず、不足していました。

次回に繰り返さないように注意を忘れないようにします。

午後は、親方の隣で、仕上げ砥石と手持ち砥石の面を直させてもらいました。

魚屋さんが来られて、親方にボイルしたての烏賊とはたはたの南蛮漬けを買って頂けました。ありがとうございました。

今夜の食卓で美味しく頂きました。ご馳走様でした。

明日も、工場で励みます。お疲れ様でした。

2020/04/07(Tue) 松水


●日替わり
 一日中寒かった昨日とうって変わって今日は朝からポカポカ陽気。
三時半からのリハビリで病院の駐車場に止めていた車内が帰りには暑い。

 お昼過ぎに出勤して研ぎ仕上を3時間ほど。途中で新見市と隣の高梁市にまたがる大停電。幸いに15分ほどで復旧しました。

2月に仕事を再開してから先週までに最後に使う天然砥石のランク分けをしておりました。
極上品が数十丁溜まったので、先週から途中で面直しをせず1丁に砥石一つでやっております。麺直しにかける時間が省略される効果は大きいですね。
仕上がり丁数が目に見えて増えます。

手持ち砥石と同様、旦松さんにまとめて面直しをお願いします。午後のお茶休憩の後にボチボチやってもらいましょう。


ここから佑水
桜の花も散り始めていますが、もう少しの間は楽しめそうです。
新しい週が始まり、張り切って出勤。
平回しの周りは一日空いて、それなりに乾いていますので、休み明けはそう言った乾いた所を中心に掃除をします。
綺麗になったところで作業開始です。
途中の停電には困りましたが、早く回復してくれたのでよかったです。
帰る頃には大きなお月様が昇っていました。明後日には今年最大のスーパームーンらしいので、夜桜見物には良いかもしれません。ですが寒いしコロナも怖いので、仕事帰りに遠くから眺めるだけとなると思います。

2020/04/06(Mon) 松水


●花の路
 よく眠りました。
11時前に起床して筋トレ。

午後から妻とドライブは高野山別格本山木山寺。亡き父親の実家の菩提寺は弘法大師が開山した古刹です。

川沿いの土手は見事に満開の桜が次々と並び咲き誇っております。いやはやそのきれいな事美しいことと言ったら今年一番の花の盛りの一日です。

お寺では御朱印を頂きました。医王山との名の示す通りご本尊様は薬師如来ですが、昨今は十一面観音様が人気が高く御朱印も観音様です。

帰りの道中は別なルートを選びましたがこちらも川沿いにあるいは山々の中にそれぞれに桜が咲き誇っておりました。
お陰様で今日も良い一日でした。有難いありがたい。


ここから佑水
世間では新型ウイルスの感染者が増えていますので、3密にならないように注意をしています。
バイクに乗って人のいない場所へ行き、飲み物なども用意していたら誰にも会わずに済むかもと出かけましたが、外はえらく寒かったので早々に帰ってきました。
昨日の暖かさが嘘のようです。ここ数週間日曜日は雨だったり寒かったりするので、来週こそは暖かくなってほしものです。

2020/04/05(Sun) 松水


●花びら
 近頃では珍しいことに朝七時過ぎに起床しました。その前にトイレに目覚めたのは六時。それから眠れないという普通の人にはふつうのことですが、私の場合はそこからまた眠るのが特にこの1年半の日常。

 折角スッキリ目覚めたのですぐに自転車から筋トレ開始。
新聞を読みながらの朝ごはんをユックリと堪能して、食後には妻の入れてくれたコーヒー。

そして工場出勤は九時半。
お昼前には眠くなってきたので、帰宅して久々の昼寝は1時間足らず。

午後も4時半までに下研ぎの終わった庖丁をすべて研ぎ終えて本日終了。

工場の目の前に私が子供のころからある桜の木は市内でも一番早く咲きます。朝晩が寒いせいか今年の花は長持ちしておりましたが、今日は花びらが散りはじめました。
咲いた桜ももちろんですが、私はこの花びらの散るのも楽しみ。工場の周りに沢山の薄桃色の欠けらが、扉を開けると控除の中にもいつの間にかひとひらふたひら。季節の移ろいを感じます。

今週は有難いことにけっこう仕上がはかどりました。有難いありがたい。



ここから佑水
今日はわりと強い風が吹いていました。
自転車での出勤も追風と向い風では、疲れが全然違います。
朝から平回しでの下研ぎに打ち込んで行きまして夕方は定時前まで。
最後は掃除をしたら今日は週末なので定時で上がらせていただきました。
早くから一杯始めてゆっくりさせていただいております。本当に感謝感謝の一週間でした。ありがとうございました。

2020/04/04(Sat) 松水


●遅霜
 昨日、天気予報をによると今朝は最低気温が氷点下になり遅霜に注意が必要とのこと。決して早起きしない私には関係ないことと思っておりましたが、10時に起床して、窓を開けて筋トレを始めると風が冷たい。自転車を終わったろころで室内の温度計は26度足らずから20度にわずか0分で急低下。急いで窓を閉めてから筋トレの続きを11時過ぎ迄。

 昨日はなんだか調子が悪い感じがしたので工場出勤は怠けて、漫画を読んだり昼寝をしたり。

今日はお昼に工場へ出勤して、夕方6時過ぎまで張り切って仕上研ぎ。
久しぶりに20丁を超える出来上がり。有難いありがたい。



旦松です。
金曜日の朝、火造りをさせてもらいました。
炉に火が入った後も、吐息が白く見えました。空気が冷えていました。
牛刀、切りつけ等のひらめる火造りで、台が痛んできましたので、お昼少し前に台とヘッドを外しました。

午後は、厚刃の包丁を次の段取り迄仕上げて定時を迎えました。

明日と月曜日もお休みを頂いてます。

お疲れ様でした。


ここから佑水
ここ数日は朝昼の寒暖差が大きく、体調管理にも気を使います。
それでも季節は春真っ盛り。新見の街中の桜は満開で、どこを見ても癒されます。
城山などはピンクの塊りのようにも見えるので、川沿いから三脚を立てて撮影されている方も見ました。それでも花見に行っている人は少ないようです。今年は遠くから眺めて人混みは避けましょう。
今日も平回しと三尺の一日でした。
朝夕の冷え込みで、未だにファンヒーターが大活躍中です。本当にありがたいことです。

2020/04/03(Fri) 松水


●気温差
旦松です。
先に書かせていただきます。
このところ気温の変化が大きくて、驚きます。

今朝は、冷え込みました。
仕事は火造りをさせてもらいましたので、昼に家に帰ってすぐ着替えて昼食を食べました。

午後は、焼き入れの準備の続きを五時まで、工場長のチェックを頂いた包丁に、刻印を打ち、歪みを取り始めて本日はお仕舞い。

明日も、工場で励みます。
お疲れ様でした。

2020/04/02(Thr) 旦松


●満開
 市内各所で桜が満開の季節を迎えております。
我が家の庭の小米桜が少しずつ開き始めました。

 さらに1時間朝寝坊し工場出勤は午後1時過ぎ。
昨日試したやり方で研ぎ仕上をすると少しづつ捗ってきました。
最後に修理の柳刃2丁に少しばかり手古摺り、なぜか下研ぎができたての菜切にも余分な手間が必要でしたが、基本気分よく研ぎが仕上がりました。

雨の一日も気が付けば夕方6時を過ぎておりました。
季節が代わったようなのでガソリンスタンドにお願いして車のタイヤをスタッドレスからノーマルに3台とも替えてもらいました。



旦松です。
雨のいちにち、午前中火造りをさせてもらいました。

昼から大型のグラインダーで、厚刃の包丁を削りました。

3時のお茶を頂いた後は、手持ち砥石の面を直すことを五時までさせてもらいました。今日もお二人より先に上がらせていただき、満開の桜を見ながら帰宅しました。

お疲れ様でした。


ここから佑水
新年度の始まり、そしてエイプリルフールの四月一日です。
日中はずっとまとまった雨のため、夕方には工場裏の川の水位も上がり濁流となっていました。
満開になった桜は、この雨で少し花びらが落ちていましたが、まだまだ元気に咲いています。
今日も平回しと三尺での研ぎをしました。
今日も一日怪我や事故も無く仕事ができましたことに感謝です。

2020/04/01(Wed) 松水


●学友
 夕方、珍しくスマホに着信。懐かしい名前です。

昨年で神奈川県の高校教諭を60歳を期に定年退職した大学時代のゼミの学友。
2年間ほど池袋でよく一緒に遊びまわったひとり。
近年、ゼミの恩師とともに、数回の再開の機会があり、交友が復活しております。

「学校教員は超ブラックだから延長雇用じゃなくてバイトナビで仕事探すよ。」
と言っておりましたが、昨今の社会情勢でバイトの口が掛からないので遊んでいるそうです。
こちらの状況を心配して電話をくれました。
有難うありがとう。

九時過ぎに起床。
筋トレの後、メールはチェックだけ。英語版パンフレットに記載の必要な事項をディーラーのマークにチェックしてもらうべく、この数日文面を考えていたのを叩いて送信。
工場へ出勤したらちょうどお昼前で、旦松さんと佑水君とは交代する感じ。

そこから研いで研いで。この数週間、捗らない研ぎに悩み試行錯誤の末にたどり着いた方法論を今日はずっと試しておりました。

全体を一律に研ぐのではなく、下研ぎの状況に応じてあからさまに強弱をつけて研ぐこと。まずは研ぎ面を観察しながら研ぐ目が大切です。

思わず手古摺る場面もあるものの、夕方六時前までに16丁仕上げてまずまず。
この調子でもう少しペースを上げたいものです。



旦松です。
三連休を頂いて、今日から仕事です。
昨日は、妻と年金の追加手続きをしに隣の高梁市の年金事務所迄行って来ました。

昼前に全て終わり買い物をして、普段使わない道を走ってみました。

新見市に戻るまで山桜や、成羽川の土手に植えられた桜を見ながら帰ってこれました。

今朝は、火造りをさせてもらいました。

先週残ってしまった、中子を叩いて、午後には焼鈍に送れるように出来ました。

午後は、焼鈍から戻ってきた包丁を仕訳して、ペイントを終えた厚刃の包丁を大型のグラインダーで削り始めました。

帰宅時間少し前頃から、雨が降りだしました。

帰りに親方より頂いた、酢ダコをもって帰りました。妻の好物でもあるので、晩の食事の時に美味しく頂きました。
ありがとうございました。

明日も、工場で励みます。
今日は、親方よりお給料を頂きました。ありがとうございました。


ここから佑水
桜満開の新見です。
春は桜や菜の花など見応えにあるものばかりです。城山もピンク色で染まって見えて、思わず立ち止まって見てしまいます。
今日も平回しからスタート。今日は昨日より少し暖かくなって、ファンヒーターの設定温度をしばらくしたら下げました。
そして午後からは三尺へ。夕方にはもう一度平回しに戻りました。
今日は師匠より酢ダコを頂きましたので、帰って早速酒の肴に。
タコのしっかりした食感と甘酸っぱいお酢の絶妙な味つけに、ついついお酒も進みました。いつもありがとうございます。

2020/03/31(Tue) 松水


●ベンガラ
 お昼前にようやく起床。
昨日はさぼりにさぼった一日でした。ER漬けですね。
ふと考えて「ER」は昨日限りで中退することにしました。今までシーズン4の途中。どうも少なくとも17シーズンは有るようで、続けていると不規則な生活の是正ができない中毒状態。

 起きるなり自転車こぎから筋トレスタート。1時間少々のいつものメニューをこなして、汗だくでお風呂に。
昨日の分までも入念な歯磨きと1週間分の髭剃り剃髪。

三時から妻とドライブ。以前に旦松さんに教えてもらった「カタクリ」の群生が満開でした。午後も遅いので花は閉じておりましたがね。

そのまま「ベンガラの里」まで足を延ばし。観光客が疎らなベンガラの里の紅い街並みを散策。しばらく長い時間を歩いていない私の膝にはちょうど良い程度の運動量かな。

新装なったドラッグストアーで工場用のドリンクを買い出し。その足でスーパーにも行き、帰宅すると六時前。
スタートは遅くとも充実した日曜日でした。有難いありがたい。


ここから佑水
昨夜は夜更かしを楽しみまして、今朝は朝寝坊を楽しみました。
天気予報ではこの近辺は晴れの予報でしたが、いつまでたっても晴れては来ず、逆に小雨などもチラついております。
さらに冬の寒さになり、関東での雪の便りもテレビで見ました。
そんなわけで今日は家にこもることに決定。
先週大学進学のために引っ越しをした長女が不要な物をまとめていたので、それらをゴミに出せるように仕分けなどもしました。
そうこうしていましたら、気が付けば夕方になっていましたので、今夜も早くから一杯始めたのでした。

2020/03/29(Sun) 松水


●週末
佑水です
今朝は火造りをさせていただきました。
炉もハンマーも快調で、気持ち良く仕事をすることができました。誠にありがたいことです。
午後からは平回しへ。
雨も降り始めましたが、今日の雨は冷えまして、暖房器具を片付けなくて良かったと思いました。
もうすぐ四月だと言うのに、関東では雪の予報も見ましたq
本当に体調管理に気を付けて行かなくてはなりません。
今日は週末なので定時で上がらせていただき、早くから一杯始めました。

2020/03/28(Sat) 佑水




My Diary Version 1.21
[ 管理者:鍛冶や方丈記 著作:じゃわ 画像:牛飼い ]