[BACK] [NEXT]

●避難警報
 明け方、、午前3時から4時過ぎ地域の防災無線で2度に渡り、河川洪水、土砂災害レベル4そして避難勧告を発する警報音が室内の端末からも講演のスピーカーからも響いたようです、

いつものように午前4時過ぎにトイレが弾んで目覚め激しい雨音に気が付きました。トイレの窓を開けるとcats and dogsが叩きつけております。

もう一度眠りにつき8時前に目覚めた時には雨は小康状態。
5時前にはレベル3に情報に更新されております。地域内数か所の低地や水路の合流点で被害が起こっていないと良いのですが。

よく眠れました。目覚めはものすごくボヤっとしておりましたが、今日も仕事に励めそうでありがたい。

メエルの対応は2件、落ち着いておりますし順調です。

2020/07/14(Tue) 松水


●土砂降り
 朝には降り始めていた雨は時間経過とともに少しづつ勢いを増してきました。
夕刻、仕事を終えて帰るときには結構な降りようです。

工場から自宅までの県道はまっすぐな二車線の道路なので車がどうしてもスピードを出します。
帰宅を急ぐとは云え歩行者を観たら速度を落とす配慮は半数以上の自動車では見受けられません。したがって車のタイヤが跳ね飛ばす水しぶきを浴びて帰宅です。
中にはワザとやっていつように感じられるドライバーも居りますな。いずれ自分の身に返ることなのに。

道沿いに家の中に雨どいが外れているお宅が何件か。いずれも老婦人の独居。子供たちが近くにいてたびたび訪れているのですが、激しい雨ふりでないと気が付かないようですね。これは上からジョウロのように飛沫をまき散らします。

 五時にトイレに起きて、次に目が覚めたら九時。涼しいからぐっすり眠れたのかね。それにしては一日中眠い。

午前中に月に一度の銀行業務。今日は諸事情有っていつもより手間がかかりました。
砥石工場兼倉庫で天然砥石の品出し、メールの返信も終えて、傘を差しての工場出勤は12時半。

研ぎ仕上げの1丁め牛刀(中)はやはり少し手間取りました。
2丁めからは最初から手間取る部分を意識して目を凝らすと見えてきます。したがって必要な手間はかけても無駄デマは掛けずに順調な仕上がり。牛刀(中)数丁に続いて柳刃(特大)が2丁、これはいつもの下研ぎの癖を嗅ぎ分けながら進めると問題なし、時間は掛かっても順調。
最後の菜切は手間も時間もかからない素敵な下研ぎができておりまして、5時過ぎまでに総数12丁を仕上げて本日終了。



旦松です。
午前中火造りをさせてもらいました。

午後は、焼き入れの準備をしました。天候を考えて削る順番を親方にお聞きするべきでした。申し訳ありません。

直ぐにご注意の通りに仕上げにかかりました。

雨の振り方がどうなるか心配ですが、妻も此方に居るので、数年前のような心配がありません。安全な場所など、親方も色々心配してくださり、妻も喜んでいます。ありがとうございます。

お疲れ様でした。


ここから佑水
日曜日の朝は今季2回目の地区の消毒作業でした。これをしておくと、いろいろな害虫の駆除になりますので、大変ではありますが皆さんで手分けしてすれば今回も早く終わりました。
終わってからシャワーを浴び汗を流したら、梅雨の間の晴れ間なのでバイクで出かけてきました。
その夜から雨が降りだし、今日は一日雨。夜更けには警報も出ています。
今日は一日平回しにかかって行きました。
湿度も高く、涼しい一日でした。
大雨で災害がないことを願います。

2020/07/13(Mon) 松水


●ホッと・・・
 大雨の予想の週末は幸にも雨雲が逸れて青空ものぞいておりました。
最高気温は道路端の温度計で33度まで上がり、夜眠るまで熱帯夜。

 連休初日の昨日土曜日は妻と夏祈祷のお参りに出雲大社の分院「育霊神社」で大國主の大神様も拝礼して、馴染みの神主さんにコーヒーを入れてもらい四方山話の花。
15日の夏祈祷祭礼を控えて平日に都合のある氏子さん達がやはり次々とお参りに訪れておりました。

いつものドラッグストアーで工場のドリンクおやつ7月分をたっぷり買い物。佑水君が大好きなポテトチップス各種を山のように、バンドエイドもね。

「あるれ」遅い朝食とコーヒー。「ガラス絵展」開催中で眼も楽しみました。

日曜日は休みの花屋さんで鉢物を幾つかと最近はやりの瓶に詰めたジェルフラワーを幾つかいただいて早速玄関に飾りました。

一度荷物を降ろしてから山陰方面へあてもなくドライブ。
鳥取県との県境、後醍醐天皇が隠岐の島に流刑の道中ちょうどその地で夜明けを迎え「夜もや明地が峠」と名付けた明地峠を越えてトンネルを抜けると青空が山陰は薄雲に変りました。

日野町の特産物販売所で当夜に厚揚げ、米茄子、しし唐、エゴマ油、トマトにブルーベリーと買い込んで帰宅。
楽しい一日でした。

電話やメールでご注文も相次ぎ商売も繁盛、有難いありがたい。

本日日曜日は6時半に目覚めて、先ずはタブレットでサイモンとガーファンクルなどゆったりと聞きながらマッサージ椅子で2時間ほど身体を解しました。

早起きしたので昼過ぎにはテレビを観ているうちに昼の眠りに落ち込み、目が覚めたら2時半。

多分、一番空いている時間帯なので妻とスーパーに食品の買い出し。

帰宅してから、近郊の山村で備前焼の窯元を営んでいる三國窯に遊びに。
出来の良い登り窯の緋だすきの2点を見せてもらいました。

お陰様で楽しい連休でした。有難いありがたい。

2020/07/12(Sun) 松水


●レベル3
佑水です
昨夜遅くに大雨が降り、あまりの激しい雨音で目が覚めました。
スマホの天気予報アプリを見ますと、新見市には警戒レベル3となっていました。
幸いにも朝までには雨雲は去って行きましたが、これが線状降水帯となっていたら大変なことになっていたかもしれません。毎年梅雨が来るが怖くなりますよね。
今日は家の用事をいろいろしましたが、外でゴソゴソしていたらものすごい湿度のため大汗をかきました。
シャワーで汗を流し、冷えたビールを飲むと復活しました。

2020/07/11(Sat) 佑水


●リハビリ
 今日も梅雨空、雨模様の一日ですが、幸いにして今のところは災害をもたらすような豪雨にはなっておりません。しかし、山と川に囲まれた地形で岩崩れもたびたび、昨年は家のすぐ山寄りに位置する墓地が被災して未だそのままです、天気予報も明日と明後日まとまった雨になるとの予報。油断大敵です。

今日の研ぎ仕上げは七丁だけ。
午後からは品切れになっている草刈鎌を佑水君が研ぎ仕上した大小それぞれわずか1丁を柄付け。昨日柄付けした腰鉈と草削りの柄をサンドペーパーでクリーニング。柄付け作業に伴って汚れが付着しますからね。

お茶休憩の後3時半過ぎに本日終了。
帰宅してズボンをはき替えたら外科へ。週一回のリハビリです。
「武田さん、大分脚も体調も良くなってきたようですね。」
まだまだ跛出足を引きずっておりますし、階段は不自由ですが、薄皮を剥ぐように本当に少しづつ少しづつ自由度が増しております。
この調子ならドクターの言うように「術後一年」今年のクリスマス頃までには回復する希望の光がわずかに感じられます。


そして今週末は第二土曜日休で土日連休です。雨降りをどう楽しむかね。有難いありがたい。


ここから佑水
今日は三尺からスタートです。
どんどん研ぎ進めてお昼まで、そして午後一番は市内の公民館へ行き年に一度の健康診断を受けてきました。
何故か昨年よりも視力が少し回復していました。詳しい結果は後日ですが、大したことが無いことを願います。
そして受診させて頂きまして、師匠にも感謝です。ありがとうございました。
工場に戻ってからは、工場作業用の修理品の焼き入れの拵え。その後はまた三尺にかかって行きました。
最後は工場の整理と掃除、そして今日は定時で上がらせて頂きました。
今週も怪我や事故も無く仕事に打ち込めたことに感謝して、帰ってから冷えたビールをいただいたのでした。

2020/07/10(Fri) 松水


●草取り
 朝から晴れて蒸し暑い一日でした。
工場では腰鉈の特注品2丁の柄付け、ついでに草削り1丁も残っていたので柄付け。
昔は数十丁単位でやっていた作業ですが、なかなか段取りに手間取りまして。予期せぬトラブルもあり、汗だくです。

研ぎ仕上げはと云うと本日はわずか9丁。
何しろ大きい品長い品、長細い品ばかりですから1丁ごとに手間がかかります。

昨日、苦労したポイントが今日も散見されたので特に目を凝らして手間を惜しまずされど出来るだけ無駄手間、無駄な時間はかけないようにとけっこう懸命です。

最初の一丁は何度も仕上から手持ち砥石に返ってやり直しを繰り返したので、次の品からは最初からポイントを見つけては確実に調整していくよう努力、おかげで時間は掛かってもすんなりと進みます。
柳刃(大)4丁の1丁めはやはりすごい小刃丸刃で、しかも大汗をかいた柄付け後でしたからいっそう苦労しましたが、最後のちょっとした指定がついた注文品は驚くほど完成度の高い下研ぎで気持ちの良いこと。

それを潮に砥石工場兼倉庫に仕上がり品を運んだところでパラパラと雨の先触れ。

庭先の草は昨年施してもらった防草シートが大いに役立ってほぼほぼキレイなのですが、木の根方から3種類か4種類しつこい蔓草がいくら摘んでもすぐに傍若無人に伸びて蔓延ろうとします。
目についたのを始末していたら思わず30分も草取りで過ごしておりました。
雨が続いているのでねのきつい草が意外と簡単に根こそぎ出来て面白いせいもあります。

さて今夜から新見も大雨の予報です。ご用心ご用心。



旦松です。
午前中火造りをさせてもらいました。

途中から工場長と交代。
手持ち砥石の面を直しました。

午後も引き続き砥石の面を直す仕事に励みました。

3時のお茶の時間に、甘いスイカをご馳走になりました。

親方よりおしまいの合図を頂き、片付け等で定時に上がらせてもらいました。

お疲れ様でした。


ここから佑水
近頃は湿度が高いので、家ではかるく冷房をつけていますが、これが快適すぎて容易に眠ってしまいます。
昨夜もそのような訳で、気が付けば朝でした。
今日も平回しからスタート。10時の休憩の後からは火造りをさせていただきました。
午後からはまた平回しにかかって行きました。3時の休憩には、冷えた甘い甘いスイカをいただきました。おかげさまで汗も引いて水分補給もしっかりできました。夏が来た感もすごく感じて、海水浴に行きたくなりました。御馳走様でした。

2020/07/09(Thr) 松水


●梅雨の晴れ間
 午前中は久しぶりの青空が広がりました。
午後からは雲に覆われましたが日中は雨には降られません。ムシムシと絞るようになまら暑い一日。

久しぶりに仕上研ぎに手を焼いたのは最後の最後が決まらない品が続いたため。90%OKなのですが今一つという感じで何度も研ぎ直します。数丁研いでいる間にメカニズムというか”何故?”という理由は見つけているのですがコントロールが難しい。ダウンとオーバーの繰り返しです。
5時半までに今日の課題をほぼやり終えたところで取材依頼の電話。
何しろ世間に大々的に露出するとどうもニッチモサチも行かなくなる嬉しい悲鳴ながら、根っからの目立ちたがり屋の欲望は隠しようもなく、長い電話になりました。

久しぶりに家族勢ぞろいで中華の名店「栄華楼」で食事を楽しみました。美味しかった!今日の苦労も報われたね。有難いありがたい。



旦松です。
午前中、火造りをさせてもらいました。
定番の包丁のストックが無いので、親方より指示を頂いた、順でひらめる鍛造を昼まで続けました。

午後は、工場長の鍛造された包丁を焼鈍に送れるように箱に詰めました。
焼鈍から戻った庖丁を、種類別にして、ペイントのあと藤原鉄工所の社長様が中子を仕上げて運んで来てくださった包丁の焼き入れの準備のにかかりました。

明日も元気に工場に入りたいと思います。お疲れ様でした。

2020/07/08(Wed) 松水


●梅雨空
 今日も一日雨降りは昨日と同様。昨日に比べて川の水は濁流の濁りが少し澄んでおります。
日本各地での甚大な災害のニュースはぞっとする悲惨な様子ですね。
まだ降り続くようですから油断大敵です。

 目覚めたのは8時半を過ぎてから。少々怠い朝です。工場出勤は10時半過ぎ。
大きめの庖丁を3丁研ぎ上げてから内科の定期受診に内科へ。午前中の診療終了前の空いた時間帯を選ぶのはいつもの通り。

薬をもらいに薬局へ行くついでに道すがらスーパーで買い物、その先のガソリンスタンドで給油。帰宅したら1時過ぎですから再び工場へ。

5時前までに今日の予定終了を研ぎ終えてました。
それにしても凄まじい湿気で、切試しの紙が湿ってヘロヘロです。
砥石工場兼倉庫はエアコンをドライでつけっ放しにしているので、出来上がった品は丁度小止みになった雨のスキをついて運び込んで本日終了。



旦松です。
連休をありがとうございました。

午前中、火造りをさせてもらいました。

湿気は有りましたが、暑さを感じなかったので助かりました。

午後は、次の焼き入れの準備を始めています。

豪雨が続き、被災された皆様のことをニュースで見るたびに、心が痛みます。
お疲れ様でした。


ここから佑水
今日は研ぎにかかって行きました。
週末と週明けは火造りをさせていただきましたので、久しぶりの研ぎ仕事です。
まずは平回しからです。マシンの辺りは雨続きのせいであまり乾いていませんが、掃除をしてから当て始めました。
午後も少ししたら全て当て終えましたので三尺へ。
こちらも数日使っていなかったにもかかわらず、下側は湿っていました。凄い湿度に驚かされました。
今日は七夕ですが、この雨では一つの星も見えませんが、大雨が降らないことを願うばかりです。

2020/07/07(Tue) 松水


●雨天
 朝から時に少し強くときにお小止みになりながらも天気予報通りに降り続いております。
明日いっぱいと水曜の午前中までは注意が必要なようです。

 工場のお茶の時間に万一の際の避難先や避難方法を佑水君と話しておりました。

中国山脈のただ中の小さい街ですから、避難所に指定されている場所は何処も川が近いか山が近いかで一長一短ならぬ一短所二短所あり、また避難経路も危険が予想される個所が多く悩ましいところですが、現実になった時にすぐに行動できるように心積もりが必要です。

9時過ぎてから工場に出勤。今日は先週に続いて小刀の焼き入れ準備をさらに進めております。

お昼休みには夢を観ながらも30分以上よく眠りました。
午後から4時迄予定していた作業がほぼほぼ終了。

シャワーで汗と埃と鉄滓を流して病院へ。
受付後驚くほどすぐに名前を呼ばれて診察室へ。いつも通りヒアルロン酸注射を両膝に施してもらい薬の処方と次回の予約。
少しづつですが確実に快方に向かっております。
有難いありがたい。


ここから佑水
日曜日は雨予報でしたが、起きればまあまあ良い天気でしたので、これはチャンスといつもの時間に起き上がり、用事を済ませてからバイクで出かけてきました。
高原と名のつく所では涼し過ぎて寒いくらいでしたが、ソフトクリームなど食べて楽しんで帰ってきました。
そして今日は雨。朝から火造りをさせていただきました。
ニュースでは朝から九州での大雨を伝えていましたが、こちらでもそれなりに降りまして、工場裏の川も夕方には濁流になっていましたので、師匠におっしゃっていただいたようなに、早めに上がらせて頂きました。
大雨にならないことを祈ります。

2020/07/06(Mon) 松水


●夏祈祷
 父親の実家の叔母の顔を観に隣り町の落合町へ。
氏子になっている木山神社にまずはお参り。ちょうど来年の出産を控えてご祈念をしてもらう一家と同じタイミングだったので、神坐の前に座り祝詞を上げてもらいました。
神主さんは外科の事務を務めている顔馴染みです。
素戔嗚の大神様に諸事吉祥をお祈りしていただきました。有難いありがたい。

90歳を過ぎて一人で実家を守っている叔母は元気に家の前に借りた畑で励んでおります。
四方山話などしながら夏ミカンを食べ易く剥いてくれました。還暦を過ぎてもまだまだ子供と同じように甘やかしてくれます。
みずみずしくておいしい夏ミカンでした。

次はお盆のお墓参りですね。

日曜日なので早めにテレビにかじりついております。
入巣は悲惨な熊本豪雨の模様を繰り返し伝えております。2年前の西日本豪雨がまだ記憶に新しいので胸につかえます。

2020/07/05(Sun) 松水




My Diary Version 1.21
[ 管理者:鍛冶や方丈記 著作:じゃわ 画像:牛飼い ]