>> 2018/09

[ 粗チン ]
 工場の川向の市道が今月の台風で何やら水が溢れたのか、側溝を整備してアスファルト舗装の工事が先週から続いております。

今日の三時休憩は工場の川端。段取り上今週は佑水君の火造りが今日です。
みんなで座って川を眺めると、朝はきれいに澄み切っていた水が白く濁っております。
「上流で工事でもしているのか、農業用水を放流しているのかね」何て話しながら、近所で頂いた甘い甘い熟柿を頬張っておりますと、何と!目の前の川に向って作業員の一人が立ちションベン!目の前の人目に気が付かないのか、気が付いてもこの寒気で尿意が高まったのか、立派でも無い一もつを平然と我々の目の前に晒して放尿。
相手を阿呆呼ばわりするより、ひと歳とったら「他山の玉」と自らを戒める、にしても馬鹿だねェ。


やっと目処が付きました。目先の仕事を見ない振りして清流小刀の仕上と届いた修理品、ご注文品の仕上に邁進した今週。
何とか終わりが見えてきました。

これで来週からはクリスマス用の商品仕上に邁進できます。
そして今日はまた浅草合羽橋の「つば屋」産から大量のご注文を頂いて、来日外国人にも人気が浸透している事が確認できてひと安心。
有難い有難い。



旦松です。
肌寒いが、寒くなっに変わりつつ有ります。

秋も深まり紅葉も見れる季節になります。今朝から次の焼き入れの準備に入りました。毎日が同じ様で同じものはないので、一つ一つ見落としがないか注意しながらすすめてます。

明日も確実な仕事で、数を積み重ねて次に繋げたいと思います。
お茶の時間に、親方より
熟して蜜のようになった柿のみを頂きました。甘くてとろとろです。ご馳走さまでした。
2018/10/19(Fri) 松水


[ 秋日和 ]
 午前中は起きれませんでした。

 11時過ぎに起床して、朝の準備を終えてPCでメールをチェックすると、なんだか面倒くさそうな問合せが幾つも。取り敢えず夕方までに頭を冷やして考える事にして朝の準備。

 午後1時前に工場出勤。
久し振りの焼入れです。
焼き入れ準備の土付けを佑水君に頼んで、僅か1時間ほどでも清流小刀の研ぎを進めたいと思ったのですが、馬鹿馬鹿しい非常事態が発覚。
また、準備出来ていつ砥土も量が足りないので、佑水君と手分けしながら取り敢えず急ぎ準備。
馬鹿馬鹿しい事態に立腹して興奮したら目が覚めました。

2丁だけ清流小刀を研いだら午後2時。
焼入れ開始時刻です。

旦松さんが頑張って下拵えをしていたので4時過ぎまで、2時間少々掛かって無事終了。

丁度良い切なので、それ以上欲張らずに引き上げて、来週に予定していた内科の定期受診。2カ月分のお薬を頂きます。

今日は北風が止んで、落ち着いた秋の日より。焼き入れするのには最高の午後でした。



旦松です。
今日は僕の住む組内で、葬儀がありましたので、親方より時間を頂き、午前中はお勤めをさせていただきました。家に戻ると12時少し回っていましたが、食事の支度をしておいてくれたので、食べたら直ぐに、親方に報告と工場へ急ぎました。
地域のしきたりや、分からないことだらけなのを親方が事前に教えてくださったことで、良いお見送りが出来ました。ありがとうございました。

焼き入れの準備の中で、大切なことを報告出来てなくて、すいませんでした。

お疲れ様でした。


ここから佑水
午前中は今日も平回しに掛かって行きました。
清流小刀の下研ぎも終わりが見えてきたところでお昼となりました。
午後からは久しぶりの焼入れです。
焼入れ前に報告が遅れまして申し訳ありませんでした。
焼入れも午後4時過ぎには無事におわりまして、それから入念に火の確認。
それから平回しに戻り、清流小刀の下研ぎを全てしました。

温かい日中はハットウジと呼ばれるカメムシがたくさん出始めました。
間違って触れてしまうと、大変な臭いです。
2018/10/18(Thr) 松水


[ もうふた息! ]
ホントに面倒で気が重い清流小刀の研ぎ仕上げ。これをコンプリートする迄はストレスで怠いダルい。
二日目になると少し勘所が分かり始めました。




旦松です。
明日の焼き入れに向かって、ブラシを当てました。

包丁や小刀などです。

今日は、下津井から新婚さんが顔を見せてくれました。親方を囲んで、朝の珈琲を頂きました。しゃれた缶詰プリンもおいしかった。です。

夕方になると風が冷たくなり、秋の深まりを感じます。

お疲れ様でした。


ここから佑水
今日は一日中平回しです。
仕上げ研ぎがスカッといきますように、平回しでもスゴく集中してあてております。
仕上げ研ぎではご迷惑のかけっぱなしで申し訳ありませんが、素早く仕上がるように励みます。
夜と昼間の寒暖差は大きく、昼間でも日向と日陰では暑さ寒さが大きく違うように感じます。
今夜も暖かくして眠ります。
2018/10/17(Wed) 松水


[ 祭りのあと ]
旦松です。
先に書かせて頂きます。
昨日はおやすみありがとうございました。

膝のサポーターを使わせていただいたお陰で、行列の役を無事に終えることができました。ありがとうございました。

今日は仕事の途中で早めに上がらせていただき、膝の診察をしていただきに、外科病院に行きました。予約を入れさせてもらえたので、三人待ったくらいで直ぐに診てもらえました。

次に内科の掛かり付けの病院に行きました。点滴をしていただきました。
今日は、緊急の患者さんが入った後だったので、かなり待つことになりましたが、急がないので、終るのを待ち、僕も安心して帰ることができました。

病院からの帰り道、町内の集会場で行列の役員の方や関係者の皆様のうちあげの準備が始まるところに通りかかりました。祭りの後の楽しみでもあり、親睦をより深める会でもあるんですね。
僕は車で止まって話をしたものですから、御茶を分けてくださいました。お疲れ様でした。


ここから佑水
今朝は平回しからスタート。
三日間使っていなかったので、マシンの周りが良く乾いています。
普段掃除の行き届いていない所まで掃除をしてから下研ぎに掛かって行きました。
10時の休憩の後少ししてから三尺へ。
指示を頂いた包丁を研いだ後、清流小刀へ掛かかっていきました。
御旅所に立てた幟を夕方師匠やご近所の皆さんと片付け、その後は少しの時間三尺をして今日はお仕舞いにしました。
帰ってから直ぐに雨が降り始めました。濡れづに帰れてよかったです。
2018/10/16(Tue) 旦松


[ 土下座祭 ]
氏神さま、新見船川八幡宮の秋季大祭のメインはもちろん神々が乗られた沢山の御神輿。
そして、氏子で組織した御神幸武器行列組合による壮麗な大名行列。歴史ある伝統行事です。

先頭が大名行列。沿道の氏子、見物客は路肩に土下座が🙇🙇基本。まあ、いまどきの事、数十年の昔ほどには厳格では無いにしても、あからさまに突っ立っていると行列は止まり、監察の武家役が、竹筒で注意を促します。

もう90歳が近い酒好きで先鋭な反体制派共産党員の奈良のオジは若かりし頃、へべれけで行列の前に立ちはだかり、演説をぶって警察に引っ張られたと言う武勇伝が有りますな。

大名行列の後ろは十数人の神主さん、宮神輿、各町内や若連で奉納した幾つもの神輿。20年ほど前に始まった小学六年生による子供大名行列、町内ごとの子供神輿と続きます。

一連の行列は船川八幡宮を午後一時に発して、武田刃物工場向かいのお旅所までを一時間程かけて巡行します。

工場の駐車場で大名行列の御新馬を休憩させて欲しいと頼まれております。
旧宅を解体する迄数十年間、十数人の神主さんには旧宅で帰路に着くまでしばし休んでもらい冷たいビールや飲み物、おつまみにお菓子、あるいは時どきの珍しい到来物でご接待したものです。
それほどの人数の神主さんが座を立つ際には揃って我が家の神棚に柏手を打つ光景は圧巻でした。有り難い事でした。

昨年は日決まりの10月15日が日曜日、多くの観光客が訪れる筈が雨天中止。

今年は朝から秋晴れの素晴らしい一日。
日向はポカポカ陽気で暑い。行列一行はさぞかし汗ダクになることでしょう。

旦松さんは引っ越して新見のしかも行列組合のメイン町内に住んでおります。
請われて大名行列の武家役で、佑水君は住まいが当番町内、若手なのでこちらは宮神輿を担ぎます。
二人とも初めての経験。大変だけど楽しめるといいねぇ。

私は行列一行にお旅所で飲み物を注ぐ年寄役を頼まれております。

昔は母親が、私達が新見に戻って来てからは母親と妻が、やがては妻が、長年祭りの鯖寿司と眞木津氏いなり寿司、それにお祭りのご馳走を、何日も前から準備して、大変な手間を掛け丹精込めて作ってくれたものです。

私が出張で当日に家を空ける事が多くなり、徐々に祭りの行事も簡素になってきましたが、今日は久しぶりに鯖寿司を予約して買いました。
妻は昨夜からお赤飯の準備をしてくれております。
良いお祭りが楽しめます。お陰様です。



旦松です。
昨年の大名行列が雨で中止になり、今日が初めてでした。朝の着物上下をお茶の先生に着付けていただき、それなりの姿にしていただけました。

腰に刀を大小さして、片手に弓矢を担いで、反対の手は着物の袖をピント張らなければならず、緊張しました。

御旅所に付いたとき、親方やファミリーのみんなの顔が見えたらホットしました。
妻も笑顔で待っていてくれました。

親方のアドバイスのお陰で、草鞋で足を痛める事が無くて、助かりました。ありがとうございました。

家に戻って熱いお風呂が気持ちよかったです。
お疲れ様でした。


ここから佑水
今日は地区のお神輿をかつぎました。
組の皆で集まって白い衣装に着替えつつ、朝から早速ビールを飲んで皆良い機嫌になって八幡様まで。
出発前には獅子舞や傘の上で升や猪口を回す演舞もして盛り上がっていました。
そこではお神酒を頂きまして、皆やる気満々になりいざ出発。
そして工場前の御旅所までお神輿を担ぎ、そこで暫し休憩の後順路を少し変えてまたお宮まで帰ったのでした。
そして地区の集会所に皆で戻ってからは打ち上げが始まり、そこでも皆でお神酒を頂き、お陰さまで良い一日の終わりを迎えることが出来ました。
ほとんど一日中飲みっぱなしでしたが、怪我や事故もなくて良かったです。
お休みありがとうございました。

2018/10/15(Mon) 松水


[ 休日 ]
 昨夜は何だか眠るのが惜しくて、ズルズルと午前1時前飲んだりテレビを観たりして過ごしました。
今日は九時前に起床。

家族はそれぞれに用事が有るので、私は歯磨きと洗顔をしてから先ずはドラッグストアーで買い出し。

帰宅して後、朝昼兼用の食事に歩いて「山金」。
もちろんビールと中華そばを楽しみました。

昼寝でもしようかと思ったのですが、ビールとラーメンで力が出たので草取りの続き。

新式タンポポ引き抜き具はかなり活躍してくれますが結構足腰に堪えます。20本ほども抜いたでしょうか。クラクラになりベンチで休憩。

巡廻のお巡りさんが通りがかったので「こんにちはご苦労様。まあ、腰掛けてひと息つきなさいな。」
しばし四方山話。

それから抜いた草を片付けて本日終了。

暖かいとは言え日陰は肌寒い秋の陽気です。


ここから佑水
今朝は朝寝坊を少しだけして起床。
熱いコーヒとサンドイッチの朝ごはん。それから猫のトイレ掃除。
結構良いお天気でしたので、久しぶりにオートバイで大山周りまで走りに行って来ました。
峠付近ではいたるところで交互通行になっていまして、まだまだ大雨の被害から復旧していないことを知りました。
大山の麓は日が差しているところと大きな雲の影のコントラストがとても綺麗で、気分も爽快になりました。


2018/10/14(Sun) 松水


[ 休息 ]
起きれません。
目が覚めたら朝は9時前。
目も身体もクラクラ。
台所に降りて、必要な薬を呑んで、一杯ひっかけて睡眠導入剤を飲んで耳栓とアイマスクをつけて再びベッドに横になります。
なんだか中途半端に夢を観ながら半端な睡眠。
起きたのは三時間後の1時過ぎ。

神棚に手を合わせ、娘とメール返信の打ち合わせ。夕方には結果が出て本日の振込$650。

工場にはほぼ出勤しないで庭の草むしり。気になっていたのです。

途中で、電話したら寄ってくれた棟梁と工場の改装やら自宅の手直しの打ち合わせ。

そして、夕方五時まで草取りの続き。

それにしても、昨夜は楽しかったな。
船橋東武百貨店で私のほぼ催事デビューから四半世紀の間お世話になり、今は東武百貨店のリストラに手を挙げたのを機に高島屋にスカウトされて、日本中の高島屋全店での物産展や職人展のマネージメントをしている高津さん。

今回、ひょっとして岡山高島屋で久々に会えないかなぁと思っていたら会えた!

しかも、山村さん夫妻と四人で夕食。

ネットで何となく探した岡山高島屋、駅にも近いピザ屋。
これが意外にもと言うと失礼ながら、ワインも料理も美味しい。

話も弾んで極上の幸せな時間を過ごす事が出来ました。
有り難い有り難い。



旦松です。
秋らしいからっとした1日でした。

焼き入れの準備を続けました。午前中陽が高くなる前に、草刈り鎌とエンジンの付いた草刈り機を使わせていただき、駐車場の草をかりました。

再び焼き入れの準備に。土曜日なので昼前に早めに上がらせてもらい、午前中診療の病院で、点滴をしていただきました。
時間を頂きありがとうございました。

夕方の5時前に、町内の祭りのための幟を建てるお手伝いを工場長とさせていただきました。

月曜日の15日は、新見の秋の大祭大名行列が有ります。
毎年この日は、工場をお休みにして頂いていますので、行列に参加させていただける運びになりました。
昨年は大雨のため、中止になり残念でした。今年は、妻も新見に来て初めてのお祭りです。
お疲れ様でした。


ここから佑水
火造り当番の土曜日がやってきました。
午前中は平め作業の予定ですので、昨日平める台を取り付けていました。
お昼前には手がつりそうになりましたがなんとかセーフ。お昼休みに指先のストレッチをしましたら、一日持ちこたえました。
午後からはいつもの台に変えて、先週平めた包丁の仕上げ打ち。
ご注文頂いた品物も叩きまして、旦松先輩に向う槌をしていただきました。
街のあちらこちらでお祭りの幟が建っています。
今朝は自宅側の何時もの場所、通勤路の商店街辺りなどお祭りに向けて賑やかになってきました。

2018/10/13(Sat) 松水


[ 北風 ]
急に寒くなりました。
陽射しは暖かいけど北風が冷たくて。
朝から気力ゼロですが、ケリをつけておきたい仕上げ研ぎ。

工場の研ぎ場に坐ると寒い😨。
風邪を引いてガラガラ声の佑水くんは意外に平気そうでしたが、私は上着を着て長靴で足元を防寒。
さらに開けている窓と扉を締めてもまだ両膝が冷たくて。嫌な感じなので、お昼に帰宅すると葛根湯を飲んで昼寝。

午後からも怠いダルい。
二時に区切りが付いたら、ストンと気力喪失。

帰宅して、お風呂で温まって、歯磨きとヒゲ剃り、ストレッチを済ませてやっとひと心地。

予約していた外科は今日は時間の都合が合わなくて、睡眠導入剤だけ処方してもらいました。

そして、4時半過ぎの特急やくもで岡山へ。
高島屋で福岡・長崎物産展があり、友達の山村さん夫妻が来ております。催事で会う機会はもう無いので、会いに行きます。
もちろん、岡山で夕食を共にします。
楽しみです。

気が付いたら周りね山々も街路樹も色づき始めております。秋ですね。



旦松です。
雲間から青空が顔を出す1日で夕方の日がくれる前に快晴になりました。

午前中火造りをさせていただけたので、牛刀と菜切包丁や文化包丁の下打ちを続けました。

午後は、ハンマーの台とヘッドをはずして、ご注文をいただいております品々を一つづつ確認しながら焼き入れの準備に励みました。

お預りしたお客様の包丁のクリーニングを終えたあとは、工場の冬支度の指示を頂きましたので、二階からストーブを下ろして、暑い日に活躍してくれた、扇風機や冷風機を掃除して、二階に納めました。
お疲れ様でした。また来年の夏も頑張ってほしいです。

定時の5時で上がらせていただき、買い物を楽しみにしてる妻の待つ家に戻り、シャワーを浴びたら、出発です。車で10分の範囲で、ほとんどの店に行けますので、助かります。

月曜に控えた秋の大祭に、武田刃物の駐車場を神様を乗せて歩く馬「神馬」の休憩場所として、お貸しするので、草刈りをさせていただきます。

お疲れ様でした。


ここから佑水

昨夕は滝のように鼻水が出ていましたが、風邪薬を飲んでよく眠りましたら今朝は治まっていました。
今日からは上着をもう一枚着て出勤。もちろんマスクも欠かせません。
そして今日は一日平回しをしました。
午前中はほぼ包丁を、包丁を全て当て終えてからは小刀類をあてていきました。
今日も早く眠り風邪を治します。
2018/10/12(Fri) 松水


[ ドタバタ ]
そのオーストリア人、実はインド人はお昼の五分前、ちょうど火造炉の火を落とした瞬間に工場到着。

今日の夜、関空からのフライトとメールで聞いておりましたから、取り敢えずフライト時刻を確認。
本人は電車の事情とか時刻をまるで分かって無い事が判明。
やはり通訳嬢はポンコツでした。

砥石工場兼倉庫に工場の車で移動。
駅に電話して時刻表を確認してもらいます。
結果、関西空港にフライトの二時間前に到着する為には新見発午後一時37分の特急やくも。
従って彼の滞在出来る持ち時間は1時間程。

家族がお茶やらコーヒー、簡単なお昼ご飯、お菓子など用意してもてなし、駅で聞いた電車の乗り継ぎをローマ字のタイムレコーダーにしたのを渡してからギリギリまで商談。

彼を新見駅まで送ってから帰宅。
朝から疲れていて、立ち停まるとそのまま寝てしまいそうです。

工場の車があるので、ついでに今月の銀行業務を済ませて二時過ぎに工場に復帰して五時前まで仕上げ研ぎ仕事。

😩あー疲れ果てた!



旦松です。
午前中は、焼き入れの準備を続けました。

お昼ご飯のあとは、火造りをさせていただきました。
窓を開け放さなくても、仕事が出来るような気温になりました。

明日は、朝から火造りをさせていただきます。

今日は、親方より北海道のサンマを分けて頂きました。
家に帰って妻に見せると。今夜はサンマを焼いて頂きましょう。と、手早くロースターに入れて準備完了。僕が風呂から出ると、サンマの良い香りが。
徳島の巣立ちを搾って、美味しく頂きました。ありがとうございました。

お疲れ様でした。


ここから佑水
午前中は平回しに掛かり、そして午後は三尺へと向かい、今日も一日研ぎに勤しみました。
天気予報では雨が上がると寒くなると伝えていましたが、本当にそうなりまして、午後からは冷えてきました。
三尺の前の窓も全開ではなく、ほんの少し開けて外の空気が少し入るぐらいにしか開けていられなくなりました。
自分は風邪を引きはじめたようなので、今日は暗くなる前に帰り風邪薬を飲みました。
師匠より頂きましたサンマは最高に美味しく、家族皆で喜んで頂きました。ありがとうございました。
2018/10/11(Thr) 松水


[ 大丈夫? ]
真夜中12時前になんか嫌な感じの夢をみてハッと目覚めました。
居間に降りてグラスに🥂二杯ひっかけ、睡眠導入剤を追加したら一時間ほど起きておりましたが、朝は6時半まで熟睡。

昨夕、通訳の女性からお電話。
「京都に滞在しているオーストリアの方が庖丁を買いたいと言ってるんですが、そちらにはどなたか英語で応対出来る人は居ますか?」
「いつお越しですか?」
「突然ですが明日、水曜日です。」
先ずは当工場の在庫状況をご説明して、多分お買い上げ頂ける商品在庫は無い事を告げます。

「それでもいいから工場の作業現場を見たいそうです。」
頭の中で一瞬予定を思いおこし、大丈夫な旨と営業時間、それに電車の便が悪い事、工場見学はたいがい一時間くらいで退屈することなどもご説明。

三時休憩が終わる頃にまだ来ない。
次の電車だと工場到着は四時過ぎなので、ご案内やらご説明の後新見駅にお送りするのが六時を確実に過ぎます。
ちょっと困る。

結局現れ無いまま五時前。
なんか都合が悪くなったんだなぁ、と考えますね。

そこに電話。
「私英語の通訳をしている小田と申します。オーストリアの〇〇さんが明日工場に行きたいと言ってるんですが、数日前にメールしたそうです。」

「私の記憶ではオーストリアの方が木曜日まで大阪に滞在していて夕方には立つのだけれど、庖丁を送ることが出来ますか?とのメールがあり、昨日の夕方、佐藤さんと言う女性からお電話が有り、今日お越しと聞いて待っておりました。」

「あ!私です。うっかり旧姓を名乗ってしまいました。え!今日って云いました?」
「はい、昨夕のお電話で『突然でスイマセンが明日の水曜日に。』とのお話でしたよ。」

その後に商品の値段は?卸売価格は?何だかねえ。上品でない言い方で申し訳ないけどポンコツだね。

世の中下には下が有るものだと妙な関心。

午前中は火造り。午後からは研ぎ仕上げ。研ぎ仕上げも幾つかの引っ掛かりを除いて順調。鍛造は勿論絶好調。



旦松です。
鍛造の順番を自分勝手な仕事にしてしまい、すいませんでした。

膝も気遣っていただきありがとうございました。
サポーター使わせていただきます。

お疲れ様でした。


ここから佑水
久しぶりの雨空の一日です。
倉庫でも窓やシャッターを閉めて平回しに掛かりました。
秋の深まりと共に肌寒い日が増えてきましたので、ヤッケを羽織って研ぎをする日が多くなりました。
それでもまだ水が冷たくないので助かります。
午後からは三尺へ。
夕方に一区切りつきましたので、少しだけ平回しをして今日はお仕舞いにしました。



2018/10/10(Wed) 松水


[ 怠い ]
六時にトイレに目覚めて、またベッドに入って横になると夢を観ました。
気がついたら八時前。
怠くて怠くて。
工場に電話した作業の指示。睡眠導入剤とワインをひっかけてまたベッドに。
起床したのは十二時を過ぎてから。

工場に出勤して研ぎ仕上げ。
身体と気分は昨日までと比べて幾分軽いのが有り難い。

三時休憩まで、昨日の終わりから今日の三時休憩までのて研ぎ仕上げは数丁の例外を除いてすんなり研げました。
これは佑水君が昨日下研ぎしたユニット。

三時休憩以後はてこずる仕事ぶり。多分、昨日のさいごから今日の下研ぎユニット。
なんだか日々、あるいは多分商品毎にあるいはサイズによって苦手意識があるようです。

私にすれば毎日が進歩の為の修行。お陰様で毎日一歩前に進むことが出来ます。




旦松です。
午前中火造りをさせていただきました。

川側の窓から、涼しい風が入ってきました。

藤原鉄工所の社長様が、お客様との打ち合わせに出る前にと、お願いしておいた仕事を仕上げて持ってきてくださいました。
ありがとうございました。

お陰さまで、午後の焼き入れの準備が前進しました。

今日は、右足の膝に水がたまる症状が治らないので、連休前に外科病院に予約をしました。親方にお願いして、仕事を
早めに上がらせて頂き診てもらいました。
ご迷惑をおかけしてすいません。

痛みがでないので助かります。
今日も14tほど膝にたまったものを抜いてもらいました。精密検査は、
来週の火曜日にもう一度診てからにしましょう。でした。

明日も焼き入れの準備に励みたいと思います。
お疲れ様でした。



ここから佑水
安定しない下研ぎでご迷惑をおかけしております。大変申し訳ありません。良い下研ぎが続くよう励みます。
今朝も平回しから開始。
柳刃などの細長い品物にかかっていまして、あてるのに時間が掛かりました。
午後も少し平回しをしてから、三尺へ。
今の季節はまだ一日たてば三尺がすっかり乾きますので、研ぎ始める前の振り取りが見やすくて助かります。
身おろしなどの厚みのある包丁にも掛かり始めました。こういった包丁は三尺砥石も早く減りますので角が立ちやすくなり、間で研ぐ小刀類の研ぎも進みます。
2018/10/09(Tue) 松水


[ 葡萄 ]
 昨日の法事で頂いた品々の中に立派なブドウ。
従兄が家族で丹精込めて育てた統治発祥のピオーネ。
ひと房を工場の三時のおやつに頂きました。それはそれは大粒でみずみずしくて甘くて香りも匂い立って正に頬が落ちそうな美味しさ。三人でひと房の半分食べたらもうお腹いっぱいになるほどの果肉。
有難いね。

相変わらず体調はよろしくない状態が続いております。
しかし六時半には目が覚めますから、とりあえず起床して朝の準備と朝ご飯。

炉の火を熾した貰って八時過ぎには出勤して火造り。幸いな事に気分は良くないと云えども体は動いてくれるので順調に火造り。

注文の隙間で見落としやすい小出刃や身おろしなどの厚刃庖丁を半日鍛造。

お昼は横になるといつの間にか眠りに落ちて、しかも二度昼寝。

ぐったりしたまま午後からは研ぎ仕上げ。
先週末からはいつも以上に目を凝らせ研ぎの鍛錬。下研ぎの具合如何にかかわらず、部分部分ごとの研ぎ面を確実にとらえて砥石を載せる練習です。
手間が掛かるひと品に出くわした時に素早く修復して仕上げる訓練も着々と。
そうしていつの日にか気が付いたら今よりも研ぎが上手になっていると良いな。

現金なもので、夕刻になると何となく調子が上がってきます。やはり晩酌の杯を重ねるのが無上の楽しみですからね。

秋の空は今日も晴れ晴れ、裏の川の水も澄んで綺麗だ事。
お茶を飲みながら「こうして窓を開け放ってお茶が飲めるのもひと月足らずかね。」



旦松です。
秋の味覚、先週は栗を頂きました。今日は大粒の黒光りした葡萄をご馳走になりました。松茸の土瓶蒸し、ありがとうございました。

午前中は、焼き入れの準備に励みました。

午後は、火造りをさせていただきました。

工場の裏を流れる川は、透き通って穏やかな流は、池のようです。鴨が泳ぎ、鷺が餌を狙って頑張ってます。
空は真っ青に晴れています。

今日は暑いくらいでしたが、10月なので、上着は、はなせません。
明日も工場で励みたいと思います。
お疲れ様でした。
美味しい秋の味覚ご馳走さまでした。


ここから佑水
本当に立派な葡萄をご馳走様でした。
おっしゃられるとおりに、大きさ甘さ香りと果汁どれも最高でした。とても良い休憩時間をありがとうございました。
朝は平回しから始めました。
今日も日が昇ると共に日差しが熱くなってきまして、途中から日陰になるように扉を閉めて研ぎを進めていきました。
午後も少しの時間平回しをし、その後三尺へ。
そして三時の休憩で上等の糖分を頂き、頭もシャッキっとしたところでまた仕事に戻ったのでした。

2018/10/08(Mon) 松水


[ 法事 ]
秋には松茸を持って、それ以外にも年に何度も我が家に遊びに来ていた母方ねおじいちゃんの50周忌、おじさんの七回忌、おばちゃんの三回忌の三つの法事で実家にお参りして来ました。

和尚さんに導かれて故人達の供養、お墓まいり、そして仕上げの御膳をいただいて、関西に帰るおじおばを高梁駅まで帰り道に送って帰宅。

あぁ、この一週間はなんだか本当に疲れたなぁ。



旦松です。
お疲れ様でした。

朝寝をしていると、空がきれいになってきたよー‼と声をかけられて、起きてしまいました。
ネズミ色の雲に、東の空から太陽が雲に当たり、朝焼けの見事な空でした。

庭で妻と珈琲を飲んだり、花の写真を撮ったり、暖かさにつられて、蛙が出てきたり。
よく見ると、また何やら芽が出てきて、花を咲かせそうな庭のあちこちです。

自宅用の珈琲豆をあるれまで買いに出て、カウンターで一休み。マスターの入れてくれる珈琲を楽しんで、わが家に戻り、のんびりさせていただきました。
おやすみありがとうございました。

明日も、焼き入れの準備に励みたいと思います。
お疲れ様でした。


ここから佑水
今朝は10時に近所のお寺の参道に地域の組の方々と小学生の支会の親子が集合しまして、15日に行われるお祭りで子供が担ぐお神輿を皆で組み立てて飾り付けをしました。
自分の住む地区の子供神輿は、樽に紙で作った花を飾り付けたタイプなので、毎年組み立てと解体をしています。
一時間ほどでそれも終わり、そこからは家の用事です。
大変だったのは、猫をシャワーで洗うことでして、前日までに猫の爪を少しづつ切って用意をしていました。
猫用のシャンプーで洗う間、猫はずっと助けを呼んで鳴いています。水が平気な猫もいるのでしょうが、我が家の猫は大の苦手です。
それでも毛が完全に乾きましたら、ツヤツヤでフカフカの毛並みになっていました。
大変だったけれど洗ってよかったと、抱っこをしつつ思ったのでした。
2018/10/07(Sun) 松水


[ 棚卸し ]
久しぶりの千屋音泉は先週の台風で💨💨🌬延期した委託商品の棚卸しが目的。

今日も夕方には台風が新見に最接近ですが、風は吹き荒れておりますが、雨は全く降りません。
峠に向かう道沿いは七月の豪雨でかなりの被害が見受けられるので、荒天の場合は用心しないと。

今朝は四時前に目覚めて、随分と怠いし、一杯ひっかけてから睡眠導入剤を追加してもうひと眠り。

起床したのは八時を過ぎて。なんだかたいぎ大義に起き出して、朝ご飯を頂いてから10時休憩の前にやっと工場に出勤。

研ぎ仕上げも体調と同様にシャキッとしない。

お昼寝もグッスリ三十分以上。

午後からもペースは上がらないまま。結局、四時過ぎまでに半日仕事の仕上がり。

台風の影響でフェーン現象が発生、久々に汗ばむ秋の一日でした。



旦松です。
なんとも暖かい土曜日になりました。

午前中材料を運んできてくださった、藤原社長様に、お茶菓子と飲み物を皆の分頂きました、ありがとうございました。

焼き入れの準備を1日すすめて、土曜日は定時で工場を閉める日なので、僕も工場長も一緒に上がらせて頂きました、明日のおやすみは、晴れそうなので、外に出るのが楽しみです。

お疲れ様でした。


ここから佑水
一週間ぶりの火造りです。
午前中は普通の台で、そして午後からは平める台に変えて叩いていきました。
今日は気温も上がり、真夏ほどではないにしてもそれなりに汗をかきましたので、間で水分をしっかり取りました。
それでも帰って体重計に乗れば、いつもより1キロほど体重が減っていましたので、相当汗をかいたようです。
ですが気持ちよく火造りが出来ましたので幸せです。ありがとうございました。
2018/10/06(Sat) 松水


[ 旅の疲れ。 ]
名古屋出張は実に楽しいものでした。
長く慣れ親しんだ土地。
気心の知れた、長年の付き合いの従兄弟姉妹との嬉しいお昼ご飯。

だけど、やっぱり年齢だね。
日帰り出張の翌日ね今朝は六時半まで熟睡しても疲れが溜まって起きられない。

工場に電話して作業の指示だけしたら、ワインをひっかけて睡眠導入剤を呑んでまたお昼前まで一眠り。

妻の心尽くしの朝昼兼用ご飯を頂いて、そこにお客様。

父親の代から50年来のお得意さんと話を楽しんでいたら、工場に出勤したのは二時前。

馬場ちゃんが沢山届けてくれた大好物の香茸を、妻がスライスして、私は工場の乾燥機で干し香茸に仕上げます。
長いこと様々に楽しむ方策。

夕方まで研ぎ仕上げをしておりますと、研ぎ場中が香茸の香りで何とも魅惑の空間。

明日の朝には干し香茸が完成していることでしょう。
馬場ちゃん有難うね。



旦松です。
早も金曜日です。
今日は、午前中火造りをさせていただきました。

汗をかいたシャツを着替えると、気持ちのいいこと。

夏場のようにシャワーを浴びたいほどの汗は出ません。

お昼ご飯は、久しぶりにお隣のふみや弁当です。
午後は、焼き入れの準備再開です。
五時に上がらせて頂き
夜は、久しぶりに中華料理を栄華桜さんまで行ってきました。

美味しい食事で、妻もニッコリ。御馳走様でした。

明日も工場で励みたいと思います。
お疲れ様でした。


ここから佑水
今日も平回しからスタートです。
今のところ台風の影響はありませんが、厚い雲が一日中空にかかっていました。
こんな日は倉庫の東向きにあるシャッターを開けて平回しを当てます。
数日前から燕が南へ帰って行くのに集団で集まっては高く高く舞い上がっています。一つの集団がいなくなるとまた別の集団が来ては同じように知らない間に去っていきます。
海を渡るのは大変だろうけど頑張ってなと思うのでした。

午後も少し平回しをしてから三尺へ。
今日も研ぎを進めていった一日で、事故や怪我もなくありがたい一日でした。
2018/10/05(Fri) 松水


[ 日帰り出張 ]
次女と二人で名古屋に出張です。

夏の初めには済ませる予定の仕事でしたが、日々の工場作業に追われて延び延びになっております。

パンフレットの改定がメインの要件。加藤デザイン事務所でその場で作業を進めて行くのが一番早くて的確な作業が出来るとの予測。

お昼に到着し、先に仕事を済ませてから遅いお昼ご飯を加藤さんと楽しんでから帰宅の予定です。

さて、製造は順調に進んでおりまし。極軟鋼地金の商品仕上げが当初の腹算用より一週間遅れておりますが、これは欲張りな皮算用が
原因かな。


クリスマス🎄セールに取引先のお店なり、ウェブにご注文頂いている商品がほぼ確実に並ぶ為に当工場に残された製造期間はあと七週間。
何とか体調を維持して励みたいものです。

そして夕刻帰宅。
予測通り打ち合わせは1時間少々で終わりました。
娘と二人で名古屋までわざわざ経費と時間を掛けて出向くほどの事では無いと考えたら多分経営者は無理です。

この1時間ほどの打合わせを電話とメールでやり取りした際には数日から数週間、何度も繰り返しの確認と打ち合わせが必要になります。
相対で全ての懸案を明確にしたら後は添削だけだ済みます。
膨大な時間を使う作業をたった一日で済ませたのですから、素晴らしい成果です。

パンフレット以外にもお楽しみの打ち合わせを幾つか済ませて、2時前には加藤さんも一緒に名古屋駅。
島屋とJRタワーの充実した食堂街の、パリでおなじみのクレープ屋を遅い昼食に選んで、久し振りにに加藤さんとの昼酒も楽しめました。

帰りの電車では疲れ果てた感バリバリでしたが、従妹の加藤さん妻女ユリちゃんにも会えてなかなか素晴らしい一日でした。



旦松です。
今日は午前中に火造りをさせていただきました。

昼前にNの焼鈍が終わったものが帰ってきましたので、午後の仕事は、背側と刃側の荒削りにかかりました。

台風の影響か?空は一日どんよりとしていました。

やはり秋は晴れた日が良いですね。

出張お疲れ様でした。

明日も工場で励みたいと思います。
お疲れ様でした。


ここから佑水
早朝の冷え込みが身にしみる朝が続きます。ほんとうに朝だけですが自転車に乗っていると薄手の手袋が欲しいと感じます。
それでも工場に着いて作業にかかるとすぐに体も温まってきます。
今朝も平回しから始めました。
午後も少し平回しをしてから三尺へ、切りの良い所までしましたら夕方もう一度平回しをして本日はお仕舞いにしました。
今日は午後から雨の予報でしたが、お天気はなんとかもって雨に降られずに帰れました。
2018/10/04(Thr) 松水


[ 季節の変わり目 ]
 今週は週初めから疲れ切っております。

何しろあの酷暑の真夏の日本を離れて、パリは丁度良い晩夏の気候に恵まれましたが、日本に帰ったらキッパリと秋が、今年のすさまじい夏に何のこだわりも無く引きずる後も無くいきなり訪れる中、点滴の助けを借りて時差ボケ、疲れと闘いながらがむしゃらに働いてきたら10月。

不調から抜け出して真に良く働いたアタランタ以降の数か月、夏の草臥れと、この気候の変化に付いて行こうと必死の自律神経。
それでも有難い事に、夜は良く眠り、朝は七時頃までには目が覚めて、何とか一日働けます。
お陰様です。



旦松です。
午前中小刀の焼き入れの準備に集中しました。前回高価な道具を壊してしまったことを思い出して、親方の言われたことに忠実に、ドリルの長さや、回転数の低下を防ぐ方法、ひとつ終わるまで、次に移らないなど、小さく声に出して、20丁仕上がりました。ありがとうございました。

午後は、火造りをさせていただき、小刀を叩かせていただけました。

早めに火を落として、焼鈍に送る包丁を荷造り、砥石工場に運んで、パワーハンマーの台とヘッドを腰に優しい道具の力を借りて、はずしたところで、工場長に交代していただき、妻の待っ我が家へ帰りました。

シャワーを浴びたら、サッパリです。
お疲れ様でした。


ここから佑水
今朝も寒いと感じた朝でした。
平回しから始めまして、朝日を浴びながら研ぎ進めていきましたら、次第に日差しが暑くなってきまして、お昼前には逆に日差しを
遮りヤッケも脱いで研ぎをしていました。
午後も少し平回しをしてから三尺へ。
夕方まで研ぎ進めて本日はお仕舞いにしました。
知らない間に金木犀の花が満開になっていまして、辺りに甘い香りが漂っていました。
2018/10/03(Wed) 松水


[ 肌寒い ]
旦松です。
先に書かせて頂きます。

朝晩が肌寒い日が多くなりました。

工場に入り、燃料を入れて、ハンマーに油やグリスを補充、親方の指示を頂いて炉に火を入れます。

午前中材料の切り分け、小刀の荒削りをさせていただき、昼食のあと、小刀の火造りをさせていただきました。
お茶の時間右足の膝に、痛みはないのですが、腫れてきているのを親方に相談すると直ぐに外科病院に電話をしてみなさいと腰痛でお世話になった病院に電話してみると四時半までにこられれば、診察可能とのことなので、親方にお伝えすると、直ぐに行って下さい。と言ってくれました。
レントゲンと問診のあと大きな注射器で晴れた部分から13シシーの血液を抜いていてだけました。

帰って親方に報告して、早めに上がらせていただけました。ご迷惑、ご心配をおかけしました。ありがとうございました。
お疲れ様でした。


ここから佑水
寒いと感じる朝になってきました。
一枚多めに着込んで出かけようかとも思いましたが、自転車のペダルを漕いでいますと体が温まってきますし途中で服を脱ぐのも大変ですので、今朝は厚手の上着に変えて出勤しました。
そして朝から平回しに掛かって行きました。
大きいものを数丁研いでから小さめのサイズへ、最後に修理品をあて終えましたら夕方近くになっていました。
ハンマーヘッドの交換と摩り直しをしてから三尺へ。
日暮れが早く、あれよあれよと言う間に外が暗くなっていました。
帰り道での蛍光タスキは欠かせません。
晩御飯は栗ご飯やアカタケの炒め物など、秋の味覚満載で少々食べ過ぎました。

2018/10/02(Tue) 旦松


[ ブルーマンデー ]
 朝の目覚めの気怠い事気怠いこと・・・。
楽しく過ごした週末の余波かね。
七時前に渋々起床。
朝の拵えと朝ご飯を頂いて工場に出勤したのは八時半。

長い長い柳刃の火造りから。面倒なものを先に済ませるのが流儀。
鍛造回数も多いし、長い分一階の鍛オスに掛かる時間も幾分長い。特大、大と合せて八丁を火造りして、ささの刃大六丁を半分まで叩いて本日の鍛造は終了。

匡、時差ボケが残っている感じ、お昼休みはひたすら昼寝。30分ほども眠れたでしょうかね。

午後からは研ぎ仕上げ。佑水君が浮れて研いだ金曜日の分ですからはかどらない事この上なし。
まあまあ、耐えて堪えて、いちどで仕上がる作業を個体によっては3度繰り返し、3度目はさらに一歩後退してダイヤのヤスリ掛けから。やっと仕上がり。

最後に取り掛かった清流も似たようなもの。曲がり角の一番決めにくいとことに深いチップを刻みつけているので、ダイヤのヤスリを駆使してゼロからならぬマイナス一歩から。
何とか5時まで粘ったら後はひと風呂浴びて極楽極楽。

明日も研ぎには苦労するんだろうな。今夜よく眠れると良いな。



旦松です。
秋晴れに戻った新見の朝を迎えました。

午前中は、沢山頂いてるご注文の品物の材料の切断とバリ取り、切断面に印を入れ、ペイントをして、藤原社長にお願いできるように整えて、午後トラックに積み込みました。
午後は包丁の下打ちをさせていただきました。

帰宅前に、いたんだハンマーの台とヘッドをはずし初めて、焼鈍に送る指示をいただいていたので、箱に積めて、事務所までお願いに届けました。

仕事あとの汗で家に帰ると、シャワーが気持ちよかったです。
お疲れ様でした。
明日はグリスアップ忘れないように致します。すいませんでした。


ここから佑水
下研ぎが下手で安定せず申し訳ありません。
しっかり確認して次の仕事へと繋げれるよう気を付けます。
今朝は平回しから始め、二時間ほどしてから三尺へ。
あれほど暑かった日差しが今は暖かく感じられ、風が冷たい今日のような日には、本当にお日様がありがたく感じられます。
過ぎ去った台風の影響で、高梁川は一日濁流が流れていました。
川の中に立ててある水位計のメーターも外れそうになっていて危険でした。
また台風が来ているようですが、大雨にならなければ良いなと思うのでした。


2018/10/01(Mon) 松水




My Diary Version 1.21
[ 管理者:鍛冶や方丈記 著作:じゃわ 画像:牛飼い ]