日記から戻る


>> 2017/05

[ 寝乱れ・・・ ]
 朝起きてみると脚枕やら抱き枕やらベットのマットカバーやらがはがれたり床に落ちたり、すさまじく暴れまくって眠ったようです。私的には快適な極楽睡眠でした。夜中に一度眠りが浅くなり、尿意を催したのですが、アレグラと睡眠導入剤の影響でどうせ大して出やしません。ジッと我慢していたらまた熟睡できたようです。

トイレに起きたのは5時半。薄目を開けたら窓の外が明るくなっていたので、安心して時計を見ました。



さて、起床にはもう少し早いので、もう一眠りと思ったらこれが極楽に眠れる事!

本日もどうしても早起きする必要のない段取りですから、安心して再び快眠。

それでも午前8時のチャイムの前に何とか起床。
メールのチェックと返信を例によって。
それから朝の拵えをし、妻の心尽くしのミニ会席朝ご飯を頂いて工場に出勤したら9時過ぎ。

さて、佑水君が研ぎ溜めてくれた文化とペティー、それに、お客様の問い合わせで朝一番に用意してもらった21cm文化。

兎に角、次から次へと砥いで研いで、相変わらず佑水君の下研ぎが快調なのと、研ぎ易いサイズと言う事も有り、午前中に20丁程、午後から30丁少々を研ぎ上げて本日も庖丁はコンプリート。

折りたたみ小刀の砥ぎ直しのやり方をメールで訊かれておりましたので、丁度、柄が出来あがって届いたばかりの折りたたみ小刀で研ぎ実演を動画に撮って貰いました。

お客様に送ったついでにFBにもアップしておきました。

娘が用意して入れていた返信を確認して送信。私が返事するメールも済ませたらはや六時。

アーよく働いた!風呂で汗を流してから一杯やる時間です。



旦松です。
気持ちのいい風が吹く一日でした。

午前中、ペティーを火造りさせていただきました。

風が工場を通り抜けていくので、思ったほど汗をかかずに済みました。

お昼ご飯の後は、次に叩く予定の材料をカットして、中子の溶接を藤原さんにお願いしに4時過ぎでしたが間に合いました。

帰って、次の焼き入れの準備をスタートしてる哲君の仕上げた文化包丁を次の段取りまでさらに仕上げました。

5時に上がらせてもらい、新居の草むしり。今日は蚊の集団に出会い、散々な目にあいました。
でも昨日姪たちのアドバイスが実を結び、地区の総代の親子さんが笑顔で、家まで訪ねてくださいました。
僕が19番目の新人だそうです。
会費のことや集会のことなど親切に教えてくださいました。

今日も親方にご近所様とのお付き合いの方法を手ほどきしていただいたので、昨日今日と2軒の方とお近づきになることができました。

ありがとうございました。

明日も火造りからさせていただきます。

お疲れ様でした。

帰宅前に親方から、柄だツキの琵琶をいただきました。
今夜の食後にいただきました。小ぶりですが、それはそれは、甘くてジューシーでした。
庭ができたので、種は捨てずにとってあります。
ご馳走様でした。



ここから佑水
朝から夕方まで仕上げ研ぎをされた師匠、火造りや材料の段取りをしてくださった旦松先輩、三尺での研ぎやグラインダー、柄付けや発送等いろいろとお手伝いしてくださる事務所の皆様、本当に毎日毎日お疲れ様です。
自分は今日も感謝の気持ちを持って、ありがたく仕事をさせて頂きました。
旦松先輩がよく言っておられるチームワークですね。本当にありがたいことです。


研ぎは催事に向けてまっしぐらです。
今朝は平回しからスタートしました。
暫くして師匠が来られまして、それまでに研ぎ貯めていた包丁を次々と手研ぎで仕上げていって下さいます。
自分の平回しでの見落としも師匠の数々のスキルと発想で、あれよあれよと言う間に仕上げて行ってくださいました。ありがとうございました。

そして午後からは三尺へ。
小ぶりの物と何時ものサイズの物を研ぎ進めていきました。
夕方いちどハンマーヘッドの交換と摩り直しをして、また三尺へ。
今日は切りの良いところまで三尺をしてお仕舞いにしました。
冬場と違って今の季節は研ぎ場周りが早く乾いてくれるので助かります。

夜になって小雨が降ってきました。ちょっとは梅雨らしいお天気が数日続くようです。

本日も皆様お疲れ様でした。

2017/06/27(Tue) 松水


[ 半ドンの週明け・・ ]
 昨夜は久々に夜中に目が覚め、数時間眠りつけず、午前1時と2時半にスパークリングワインをグラス1杯ずつ。いや、色々と考えるべき事が有るのですが、今朝方もやはり英語で色々と考えて想定問答をしてしまったのがもともとの原因。されど、これも仕事ならではの因果ですよ。

何、今朝の仕事の段取りは私は急を要する事は何もありませんし、午後からは焼き入れなので、重要なのは午後1時に工場に出勤する事だけです。
核心犯の朝寝坊も11時には起床。


朝の拵え、メールのチェックとFBメッセージのチェック。返信は、仕事をしながら返事の出し方を推敲するような内容の物ばかり。

妻が、美味しく湯掻いてくれた「やな木」の蕎麦を頂いて、12時半前に工場に出勤。

焼入れの段取りを確認してから手研ぎ仕上げは催事用の小刀。焼き入れ炉の始動は佑水君に頼んで、30分ほどで3丁研ぎ上げました。

さて、焼き入れ準備の土付け。炉が焼き入れ温度に達するまでの1時間15分ピッタリに収まりました。

今日は、丁数は多いのですが、面倒臭い品が少なく、4時に予定通り終了。

その足で帰宅してから、自転車で外科の受診。ヒアルロン酸注射を両膝に施してもらい、必要な薬を頂きました。

 帰宅してからメールの返信。いつの間にかもう6時半です。腹減った!

FBを久しぶりに流しながら観ていて、あまり感心した物は少ないですね。でも、センスと写真の腕前がある人がシャッターチャンスをとらえた一枚にも出会えて、こういうのは楽しいですね。

自分の日常やセールスの為の写真をダラダラと垂れ流しているのは他山の玉。もうゲップがでそう。
でも、どんなにセンスの無い写真でも、ご飯は取り敢えず365日変化がありますし、親しい友人に日常を伝えるのには楽しみな投稿なのでしょう。本人も最高の趣味ですしね。

まあ、私がセンスも無く深い考えも無く、推敲する事も選りすぐる事も好まない為に、どんどん投稿が減っているというのも私個人の嗜好ですから、それぞれ勝手。

たまたま目に入った、当工場に多大な迷惑を掛け続けているカナダの色呆けの投稿など腹が立つのを通り越してますね。色呆けは許せるけど、そのために人に迷惑かけるなよ。責任感の問題です。

工場でお茶の時間に度々話しているのですが、さすがに今年の夏に新見に来たいという話を「忙しいからゴメンね。」とやんわりお断りしたら、別な手で来るかよ!絶対相手にしない反応しないようにすれば良いだけのこと。

スーパー「フレスタ」は広島を拠点として中国地方に展開しているお店。好きです。
流石に広島風お好み焼きが美味しい!今日は「広島焼き 焼きそばダブル」ペロッと平らげました。少し元気が出て来たようです。



旦松です。
焼き入れも終わり、材料の仕分けや寸法取りも半分くらいできました。

ご注文のバラツキがあっても、対応できるように長物で材料を調達してくださっていますので、用意がスムースにできます。
明日は、この長物をカットしてゆこうと思います。

明日も、新たな焼き入れが始まるので、それに向かって無駄なく、無理なく、励みたいと思います。

お疲れ様でした。



ここから佑水
今朝は火造りをさせて頂きました。
師匠の叩かれていました包丁をよく見て触って確かめてから、そなるようにイメージしつつ叩き始めました。
仕上がった物を見比べて見ますと見本との違いがよく解り、おかげさまで次に叩く時の課題を色々と見つけることが出来ました。
ありがとうございました。

10時頃にお客様がこれられましたので、一時間ほどお相手をさせて頂きました。

午後からは三尺です。
始めに掛かった少し大きめ二丁は手間取りましたが、次に掛かった小ぶりの物で挽回。
焼き入れが終わって皆で休憩を取ってからは、ハンマーヘッドの摩り直しと、催事に持って行く鎌類の柄付けをしました。

夕方は曇って割合と涼しいようでしたが、ゴソゴソと動いておりますとジトッと汗をかいておりました。

そういえば、今朝の出勤途中で野生の猿を一匹みました。
その猿は高梁川にかかる橋を渡って現れまして、大衆食堂の角を曲がり、追いかけていった自分に気がついたのか、川沿いの堤防から空き地を抜けて道を渡って城山前の電柱に登っておりました。
一瞬の遭遇でしたが、朝の車が多い時間でしたので他にも見た方はおられると思います。
新見では、ちょっと山道に行くと猿に出会った話は聞きますが、こんな場所で見るとは思いもよりませんでした。
車に引かれずに、無事に山に帰ってもらいたいのもです。

本日も皆様お疲れ様でした。

2017/06/26(Mon) 松水


[ 曇天 ]
 昨夜は温泉で寛いだ後、今でいつものスパークリングを呑んで、11時頃には熟睡。
今朝は七時過ぎまで眠り、まだお酒が残っている感じがしましたが、花が愚図ついているので八時過ぎに嗽と鼻うがいをしに洗面所に行き、うっかりPCを開いたらメールやらFBメッセージやらの有難いお仕事。

ついでに8月の札幌に行く航空券を、佑水君のと二人分ネットで購入。

先日、FBに戦略的にアップした「はるちゃん小刀」が好評。二丁販売できました。残りは三丁です。

九時過ぎに、お世話になっている庭師さんから電話。
「いや、ちょっと話に覗こうかと思って。」
「ああ、今日は起きとるからお出でよ。」ってな塩梅で10時過ぎに、「ちょっと釣りに行ってきたから。」と焼けばいいだけに始末した鯛を2匹、それに南部の名物の豆腐と手土産に。
今日は家人が忙しいので、11時過ぎに「あるれ」でコーヒーを差し上げながら話の続き。

庭師さんが帰ってからしばし昼寝。何だか昨日も今日も12時頃には眠くて眠くて。

午後、倅と娘に付き添ってもらい、2軒並んで店舗を構えるAUとドコモを梯子。どちらも立込んでいて2時間異常の待ち時間と言う事で、一旦引き揚げました。

現在使っているドコモで購入したタブレット端末が使いにくくて馴染めない、ガラ携は機種が古いのでヨーロッパで接続できない、AUの抹消ポイントなどが今月末に集中している。以上の理由で、先週の日曜日から両店に通って情勢調査。

結局、AUでアイフォンを買って、ドコモのタブレットは解約する。スマホデビューであります。
ひとつには、世界で大人気のアイフォンにはタフで防水もついた外付けのカバーが豊富に選べて、今まで「Gショック」以外のすべえの携帯をを一年以内に壊してきた私でも大丈夫そうという倅の発言が決め手。
で、PCは勿論、タブレットも全て設定やら説明をしてくれる娘と一緒に意を決して出掛けたところの出鼻をくじかれました。

家に引き返してから、みんなで作業服を買いに「アタック」。そしてスーパー「フレスタ」で夕食などの買い出し。

砥石工場兼倉庫で、昨日までに80丁足らず出来上がった商品の仕分け。

残る特注品の材料を、月曜日から旦松さんに採寸して用意してもらうためのメモづくりを終えて、3時半近くに、「もう一度だけ電話屋に行こうと思うけど付き合ってくれんか?」と娘に頼んで快諾を貰い、ダメもとで行ってみると、意外にいける。

お陰様で今日の用事が五時過ぎには片付きました。

出張を10日後に控えて、数々の憂いを取り除けて有意義な日曜日でした。


ここから佑水
金曜日に買って冷やしておいたスパークリングワインを夕食のときに飲んだのが効いて、すっかり眠ってしまっておりました。
週末の夜をゆっくりと過ごせた幸せを噛み締めつつ今朝を迎えました。

週末は雨の予報で今朝も少し雨が降った時間もあったので、今日はバイクで走りに行くのはお休みです。
シルベスター・スタローンの出演している映画を二本みました。
ロッキーそしてランボー、やはり初作品がその後の二作目や三作目に比べ格段に面白いです。どちらも最初のインパクトが大きすぎたためでしょうか?

夕方図書館へ行って本を物色して借りて帰りました。
自宅から徒歩2分の場所に図書館が引っ越してきて、本を借りて読む機会も増えてきました。

明日も励むぞー!!!



旦松です。
お休みの日曜日、引っ越しの準備のスタートは、団地の部屋に付けたエアコンを新居に移設するために取り外し作業をお願いしていた横山さんをお迎えする前に、掃除洗濯エアコンの室外機などの掃除で午前10時近くなりました。

打ち合わせのために電話をすると、ちょうど準備中とのことでした。階段下でお出迎え、数分で取り外して、元のようにカバーをして終了。プロの仕事を見させてもらいました。

新居に一緒に行ってもらい、残りの仕事の打ち合わせをしてるところで、昼のサイレンが聞こえてきましたので、霧のいいところで、新見茶屋で、今日弊社の包丁の仕事をしてくれてる藤原さんもお誘いして、しばし歓談の後現地解散

新居に戻り仕事をお願いして、僕は引き続き引っ越しの準備
だんだん実感がわいてきました。
今日も実りのある一日でした。

明日も鍛冶屋仕事頑張ります。


2017/06/25(Sun) 松水


[ 驟雨 ]
 夕暮れて、やっと梅雨らしい強い雨脚になりました。農家の方々はひと息つけると良いのですが。

 久しぶりに火造りをしました。
アトランタから帰って、半日づつ二日叩いた際には、もう本当にヘタクソでヘロヘロで、それ以来研ぎに没頭している振りをして火造りは避けておりました。

今日はもう、朝からやるほどには研ぐ品もありません。基本、土曜日で私は休みの日ですから、朝七時に起床したのを幸い、「駄目なら途中止めにしてもいいや。」くらいの気持ちでスタート。

まずは小文化を10丁地切り、大出刃を10丁地切り、穂ね向きを6丁地切り、冷めた準に旦松さんに1丁分づつに切り分けてもらい、小文化からスタート。
休憩までに八鍛づつで中子まで叩き終えました。
休憩後、冷めた状態で触って厚みを点検すると、もう一回叩いた方が良いかな?でも肉の残りかたとしては理想に近いから。そのままで製品にしてみます。

休憩の後、出刃一〇丁とホネスキ三丁を仕上げて終了。

今日も「西作食堂」。本日は焼きそば四〇〇円也。ちょっとソースがサービスし過ぎかな。

帰宅してソファーに横になると、一時過ぎまで眠っておりました。焼きそばを食べている途中に急激に眠気に襲われたのですが、久し振りの熟睡昼寝。

 午後からは守屋さんとコラボするシースナイフのブレードを二〇丁足らず削って焼き入れ準備。

ナマシから返って来たばかりのゼロからスタートなので、休憩を挟んで四時半過ぎまで掛かりましたが、何とか月曜日午後からの焼入れに間に合います。

妻と次女と三週連続「千屋温泉」。
今週は水曜日の午後から、早めに体調が上向いてきたせいでしょう、仕事もずいぶんと出来ましたが、気分も良く、体重も自然増。
「千屋温泉」でも気持ち良い時間をゆったりと湯船で食堂で。雨の露天風呂もなかなか風情があって佳いものです。

来週も、今週後半のような調子で頑張れると良いな。



旦松です。
午前中に焼き入れの追加分が間に合うように仕上げられました。

午後は、オイルタンク周辺の掃除をさせていただき、焼き入れの必需品、松炭のパウダーを作りました。

焼き入れの回数にもよりますが、半年ぐらいはもつかな?とゆう量は確保できました。

天然砥石の粉も次に作るように準備しておきます。

売ってるものではありませんので、武田式のやり方で丁寧に作ります。

明日はお休みをいただいてますので、引っ越しの準備を始めようと思います。まずは電気屋さんが来てくださるので、エアコンの移設の支度から。

お疲れ様でした。


2017/06/24(Sat) 松水


[ 大衆食堂 ]
 昔からやっている近所の大衆食堂「西作」。意外に小学生の時に同級生とカキ氷を食べに行って以来50年近く縁が無い。
母親は生前、10年以上も前には数件先の美容院の帰り道に寄っていたのは聞いておりますし、店の前はいつもいつでも通ります。

まあ、駐車場が無く、今時の家族向けの店と云う訳でも無く、オマケに一人で食事をする機会の有る、妻子の買い物などで留守の日曜日が店休日。
その上に私は基本お昼ご飯をほとんど食べない、上にお昼は自宅で仕事か昼寝。

今日は午前中に11時半前にしまって眼科の受診日。その自転車での帰り道に意を決して入りました。

中華そばを頼みました。
醤油味のスープに近所の普通の製麺所の普通の麺、シナチク、カマボコ2切、自家製チャーシュー?一切。全く普通に大衆食堂のラーメンで大満足です。
本日の大冒険でした。

仕事は研ぎ仕上げひと筋。
今日も丁度五時に、佑水君が下砥ぎしていた商品を全部砥ぎ上げて、気持ち良く仕事を切り上げることが出来ました。


旦松です。
今日は再び夏日の様子でした。

焼き入れの準備が朝早めにできたので、急ぎ藤原さんへ、一足違いで外の仕事に出た様子。
定位置におかせてもらい、工場に戻って小刀の型を削り始めました。
親方の指示を頂きながら見ていただくと、欠点だらけです。

弊社は、一般の方はもちろんですが、目の肥えた方、プロのナイフメーカーさんまでお客様なので、親方のご指摘を僕のキャリアアップのチャンスと思い、何とか許可を頂けるところまで進めて、後輩の哲君に引き継ぎました。

藤原さんが午後いちばんで仕上げてくださった焼き入れの準備中の包丁に取り掛かり5時まで励みました。

何とか予定の月曜日に焼き入れが出来るように、明日も励みます。

帰宅後銭湯に通う様に、着替えをもって新居の風呂に入り、知人のお見舞いに渡辺病院まで出かけてきました。

あばら骨を骨折してしまったようですが、ギブスで回復できそうだと、笑顔で頑張っていました。

僕も、人のことは言えませんので、怪我をしない様に注意したいと思いました。

お疲れ様でした。

親方から分けていただいた、スダチで今夜の晩御飯が進みました。
ごちそうさまでした。


ここから佑水
今朝は平回しからスタートしました。
朝からよく晴れて、研ぎ場が明るくて助かります。
今日は大物から掛かって行きまして時間がかかってしまい、お昼までに14丁をようやく当てれました。

午後からも残りの大物一丁を研いでそれから厚刃7丁、それからやっと三尺へ。
いよいよ二箇所の催事に向けた商品の研ぎに掛かり始めました。
午後5時まで研いでから焼き入れの準備で特別注文品を一丁、それから催事用の鎌類を柄付けの前段階までして今日はお仕舞いにしました。

今日も帰り道で虫が目に飛び込んできました。
ここ数日は度々ですので、明日こそは何かカッコイイゴーグルを買って着けて帰ろうと思います。

本日も皆様お疲れ様でした。
2017/06/23(Fri) 松水


[ 上り調子 ]
 体調とメンタルが本当に日替わり半日替わりでコロコロと悪くなったりよくなったり。

朝10時まで起きれなかった昨日は最低でしたが、それでも午前中は発送品の準備、午後はハイペースでの研ぎ仕上げ。

夕刻、家族で、義兄である旦松さんのお誕生日のお祝いの宴を「カヴァティーナ」で。
ワインを呑み、ピザやパスタをみんなでワイワイと賑やかに楽しく頂くうちに勿論好調になります。

昨夜は寝そびれてしまい、9時に就寝予定が二度の延期、度毎にワインとフリカケご飯。3度目の正直で眠り付いて、大義大義にそれでも朝七時半に気合を入れて飛び起きたのは、「歪取り」作業が待っているから。
一昨日、二時間以上かかった焼き入れですから、歪取りも、娘二人とトリオで休憩を挟んで11時半前にやっと終了。

お昼休み以外は手研ぎ仕上げを継続。ところどころに罠が仕掛けてあるのは多分私の研ぎ能力を試す為の佑水君のいたずらでしょうか。

それにしても下研ぎをする佑水君お技量が一段と冴えわたっております。
25丁から30丁近くあったのが、夕方5時丁度に研ぎ終えることが出来ました。
難易度の高い品物も幾つかありましたが、仕上がりはまずまず合格点のはずです。

家族も五時前まで掛かって柄付けに励んでおりました。何しろ、有難い事に今月初めにはご注文が1,000丁近くにまで膨らんでおりましたから、幾ら発送してもタンマリと仕事があって、来月初めには2ヶ所の催事もひかえ、嬉しい悲鳴で仕事に励む日々です。


仕事を終えてチャリで散歩がてら所要。先ずは元商店街の酒屋さん、そしてAUショップ。
運動不足を実感するチャリの足取りの重さです。

眠る前に「そう云えばそろそろ名残。」と川辺に今夜は一人蛍狩り。
先週末とあまり変わらないようには観えましたが、やはりそろそろ蛍の身を焦がす恋の季節ももう1週間か十日程でしょうかね。

旦松です。
今朝も焼き入れの準備からスタート。。。

親方の歪を取る音に聞きほれていました。

僕の仕事の焼き入れの準備は、昼までに第一段階までこぎつけました。

昼ご飯を藤原さんと駅前の標さんでいただいて、午後は再び焼き入れの準備です。

哲君の仕事が丁寧で早いので、すぐに取り掛かることができました。明日は藤原さんまで運べます。

小刀も20丁指示をいただいたので、励みます。

明日も親方、工場長、哲君に後れを取らない様に頑張ります。

今夜、初めて新居のお風呂に入りました。
初めての自分の家で入るお風呂は何とも言えませんね。ここに東京の妻や、横浜の孫達が入ってる光景が浮かび、顔がほころんでしまいます。

電波も快調なので、タブレットがサクサク打ち込めます。

お疲れ様でした。



ここから佑水
今朝は三尺の振りを取っていつでも研ぎ始めれるように準備をしてから平回しに掛かりました。
一時間ほどして全て当て終えまして、それから三尺へ。

すでに歪み取りが始まっていましたので、急ぎの品物から掛かっていきました。
あいだで催事用の鎌も研いだりしまして、切りの良いところまで研いだらちょうど午後5時でした。
今日は何だか疲れてしまっていたので、平回しの砥石を新しいものに変えて小刀類だけ研いでお仕舞いにしました。

ゆっくりと自転車を漕いで、夕暮れの涼しい風でクールダウンしつつ帰ってきました。

本実も皆様お疲れ様でした。

2017/06/22(Thr) 松水


[ 恵みの雨 ]
旦松です。
梅雨なので雨は当たり前と思いながらも、空梅雨が続くと、水が心配に。
庭の木々も夕方には、ピンとしてました。

工場は、次の焼き入れの準備で大忙し。ありがたい悲鳴です。

今日は僕の63歳の誕生日、お彩方の家族皆さんで祝ってくださいました。ありがとうございました。

皆さんで新居に来てくれました。

親方のお宅から4分だそうです。
まだ歩いて降りたことがなかったので、帰りに道を教わりました。
車では2分くらいになるのでしょうか。

工場に地秋ところなので、いい環境です。

明日はひづみを撮る日です。
またお客様にお届けできる品ができつつあります。

お疲れ様でした。




ここから佑水
旦松先輩のお誕生日おめでとうございます。

今日の午前中は久しぶりに火造りをさせて頂きました。
師匠が以前に地切られていたミニペティーを数丁仕上げまで叩いてから笹の葉の下打ちを10丁、そこまで叩きましたらお客様が来られたのでしばらくの間お相手をさせて頂きました。
お客様が帰られてからは笹の葉の地切りをしてお昼休みになりました。
炉の前は熱くて、楽しみながら汗をかくことができました。

そして午後からは三尺です。
午前中は火造りをしていてよく分からなかったのですが、以外に冷たい風が吹き荒れていましたので、研いでいて少し寒い感じでした。
そして夕方からは平回しへ。
師匠にご指摘頂いた所を注意しながら研ぎ進めていきましたので、よい感じになっていれば幸いです。

最後にご注文頂いておりました篆刻刀2丁を仕上げて今日はお仕舞いにしました。
日暮れが遅いので助かります。

本日も皆様お疲れ様でした。

2017/06/21(Wed) 旦松


[ ヘロヘロおじさん ]
 父の日のプレゼントのひとつに佐々木マキ著「へろへろおじさん」という絵本を貰いました。

私たちの世代の漫画好きにとっては往年の「ガロ」で読んだ漫画家。
先日、家族で映画館に行った際に、隣の大きな書店で見かけて「ああ、佐々木マキか。ヘロヘロおじさん、ってもろ今の父ちゃんじゃん!」と買わずに帰りました。

プレゼントして貰い読んでみると、正にまんま今の私です。

散歩に出掛けたおじさんは、まずアパートの階段を下りていて滑り落ちたのを皮切りに、散歩しながら次々とアクシデントが襲い掛かります。

最後に辿りついた公園で、屋台のアイスクリームを買って、ベンチで食べようとしたら、アイスが地面に落ちてしまったのです。
それまで「どんなひどい目にあっても我慢していたおじさんは、とうとう堪え切れずに泣き出してしまいました。」
本当に理不尽なトラブルが続く、その果てに一番些細な不幸で泣き出してしまうという気持ちは、残念ながら、今の私にはとてもよく分かります。

年初来、何の脈絡も無くトラブルが次から次、一難去ってまた一難の繰り返しで神経がささくれ立っております。

最後に、ベンチでうなだれて泣くおじさんに、母娘連れの小さなお嬢ちゃんが「はいどうぞ!」とアイスクリームを差し出してくれて、おじさんの心は救われます。

昨夜は今シーズン初めて、1時間だけクーラーをつけて眠りました。蒸し暑い夜でした。

昨日は調子が良いので頑張ったのですが、今朝は起き上がれません。
グズグズしてやっと九時に起床。

工場に出勤したのは10時のお茶に何とか間に合う時間。

グラインダーと焼き入れの一日でした。

旦松さんが頑張って商品点数を増やしてくれて、焼入れは二時間足らず、四時過ぎまで掛かりました。
今日も暑くて怠くて眠くて重くて、作業中にぺとボトル二本半のお茶を飲み乾しました。

もう、暑い作業が辛い時期ですし、立仕事なので寄る年波には堪えます。



旦松です。
予報どうりみたいで、どんよりと蒸し暑い一日でした。

午前中に藤原さんが、出来た品を出張前に、工場に届けてくれました。

昨日の分と合わせて、だいぶ本数ができました。

全員で力を合わせて、目標に向かう幸せな仕事をさせてもらっています。

夕方から小雨が降り始めてきました。

明日は、梅雨らしくなるのでしょうか?

引き続き焼き入れの準備を心を込めて、進めてゆきます。
お疲れ様でした。


ここから佑水
長時間に渡る焼き入れ、本当にお疲れ様でした。
温まった焼き入れ炉の前で長い時間おられるのは、お体も相当な水分が必要だと思います。
また低い姿勢でブラシをあてることも大変だったろうと思います。
そして油を拭いて刃物を運ぶ仕事も色々と大変だったことと思います。

自分は今朝は三尺からです。
振りをよく取ってから研ぎ始めました。
今日は大きな物と小ぶりの物を研いでいきまして、午前中に合わせて20丁ほど研げました。

そして午後からは平回しです。
半日かけて三尺で研いだ品物は、ちょうど半日で全て平回しを当て終えることが出来ました。
夕方からはもう一度三尺へ、哲君が下研ぎをした物を当て終えたらまた平回しに戻ってきました。
しばらくして雨がポツポツと降り始めてきましたので、本降りになる前に今日はお仕舞いにしました。

久しぶりに嗅いだ雨の香りに感動しました。
夜中になってまとまった雨になっています。川の水量が増えてキレイになれば嬉しいですね。

本日も皆様お疲れ様でした。
2017/06/20(Tue) 松水


[ へばった! ]
 昨年、船橋東武で偶然に出会い、庖丁を買って下さった、新見駅前の「えがわ化粧品店」のお嬢様、といっても私よりも大先輩大ベテラン。里帰りしたからと、工場に来て下さり、「すごくイイからお友達に頼まれたのよ!」と実家のご兄弟の運転で、夕刻、庖丁を買いに来てくださいました。もう、本当に有難うございます!

 昨夜は、「睡眠負債」というNHKの良く眠る効用を説く番組を10時まで見てベットへ。

2時間経っても眠れません!ある課題の応答シュミレーションを頭の中で全部英語でやっていたら、頭が冴えてしまったようです。
睡眠導入剤の最後の一手を服用し、ワインをグラス一杯飲んで、春雨サラダを食べたら午前1時頃には眠りに落ちました。

目が覚めたら午前6時半。これでは「睡眠負債だ!」と理由づけして、8時半過ぎまでウトウトとしておりました。

それでも気の重い頭も重いままで工場に出勤して、4丁研いだら10時のおやつ。
家族も柄付けに総動員してますから実に賑やかです。

お昼に少し横になって、午後からフルアクセル。
まずは近所の入れない蕎麦屋「やな木」産からお預かりしている麺切庖丁。
片刃のデカい庖丁ですが、どこかにぶつけたのか大きく欠かしております。ダイヤの400番で丹念に粗研ぎ。ここ何年もこの庖丁を研ぎ慣れている佑水君に訊くと、「ビンビンに研ぐと、研いでいる傍から刃こぼれしてくるので、少し小刃目に研いで下さい。」と教えてくれたので、粗刃を付けて、直線の刃先を作った後はダイヤの1000番で、目で見ても分からない程度の小刃を付けて、その後は手持ち砥石と天然砥石で仕上。
裏は大判のダイヤでカエリをとってから軽く天然で仕上げ。30分以上も費やして完成。

その後は隣で手持ち砥石の面直しをしてくれる倅と、背中で平回しの下研ぎの佑水君のトリオでまるで追いかけっこの様に競争で作業していきます。

佑水君の下研ぎが冴え、倅が面直ししてくれた砥石が研ぎ面に吸い付く様で、気持ち良くすいすいと研ぎ上がって行きます。

合計で40丁には満たないものの、30丁以上を研ぎ上げて、本日終了。

余力で、小刀キット3丁焼き入れ準備。

帰宅してからチャリで信用金庫に用足し。運動不足で脚力が衰えているのでペダルの重い事。

メールの問い合わせで気になっていた天然砥石を選び並べて撮影。次女に手伝ってもらい、そのメールの返信を済ませ、本日の発送品のお知らせやら請求を下書きしてくれていたのを確認して送信。

結構働いたな!有難い有難い!


旦松です。
蒸し暑い一日でした。
昨夜藤原鉄工さんからいただいてきた包丁から始めました。

焼き入れの準備120丁近くまでできました。

明日は、午後に焼入れの予定をいただきました。
朝からブラシを当てる段取りです。

水分の補給に注意しながら、見逃しの無いように励みたいと思います。
新居から書き込んでますが、電波の具合は良いようです。

お疲れ様でした。


ここから佑水
今朝は三尺から始めました。
土曜日は半日しか三尺を使っておりませんし、また厚刃物を研いだわけでもありませんのでそうは振れていませんので、そのまま研ぎ始めました。
今日はベーシックなサイズの包丁を中心に研ぎ進めていきまして、それらは手が慣れているためでしょうか午前中だけで30丁ほど研ぐことが出来ました。

そして午後からは平回し、師匠の神がかった仕上げのスピードにいっこうにアドバンテージを築けないというますか平回しを一丁当て終えたら一丁仕上げて下さって、息もつけないまま夕方まで。
最後は自分も焦りが出て少し指先を刃先でカスってしまいました。情けない。

週中に雨の予報は出ていまして、夜になって外は久しぶりの湿った空気で街灯の周りが白んで見えました。
カエルの鳴き声も用水路の方から聴こえてきますが、また一雨来れば散らばって聴こえて来るかもしれません。

本日も皆様お疲れ様でした。

2017/06/19(Mon) 松水


[ 乱舞 ]
 「父の日」のお祝いにと、娘達が千屋温泉に連れて行ってくれました。お湯も料理もビールもゆっくりと楽しみました。オマケに気の利いたプレゼントも、有難いね!

温泉から帰るとすっかり日が暮れて、見上げる空には北斗七星やら夏の星空がきれいです。

家の裏の川では蛍のシーズンの筈、帰宅して家族で川辺まで散歩。
いや、驚きました!近年では観た事が無い程の光の洪水、ものすごい数の蛍が優雅に、そしてくっきりと光を点滅させながら川辺のいたるところで舞っております。きれいだわ!

下水道の完備やら、農家の農薬が変わってきているせいでしょうか、近年ったしかに穂取るのみえるスポットが近郊に増えておりますが、
これほど見事な光景は子供の頃、お父さんとお母さんに手を引かれて、夕涼みがてら川向こうに蛍狩りに行った時くらいしか記憶にありません。

久々に12時まで夜更かし。

朝は10時前にやっと起きだし、倉敷に絵の展覧会に行く家族を見送った11時過ぎからやっと活動開始。
まずはメールで商売が二件。昨日、次女が手がけてくれたもの。有難い事に、どちらも商談成立、合計で七丁の在庫品ご注文。

まずは朝ご飯に「山金」の中華ソバ。
店員さんがハッと顔を観て、「いつも有難うございます!」と笑顔。新装開店の時に、二日連続で家族で行ったのがよほど印象的だったのでしょう。その時以来ですから実際にはあまり良い常連客ではありません。

「中華そば普通。チャーシューは脂っぽいところが1枚だけがいいな。」本来は二枚載っていますが、「ビール飲まない時にはそんなに食べれないんだよ。」

食後に、「山金」ほぼ隣の眼鏡屋で、グラインダーや砥石の粉で傷んだレンズを交換したメガネを数週間ぶりで引き取りました。

そのままチャリで喫茶「あるれ」。
コーヒーを飲みながらマスターに話し相手になって貰い、しばしの時を過ごしました。

自転車での散歩はもう少しだけ足を延ばして帰宅。

アトランタでの売り上げや経費の精算事務が延び延びになっていたので、一時間ほど掛けて、売り上げを確認し、レシートなど確認し、会計の妻が分かり易く作ってくれているファイルを埋めていきました。

いつの間にか買い物に出掛けていた倅が帰ってきたので、「ちょっと付き合ってくれよ。」と頼んで、携帯電話会社へ。
昨年買った新しい大型のタブレットに馴染めず、長年慣れ親しんだ防水の丈夫な携帯は使い勝手が悪くなり、このところ思案しておりました。
娘や倅の付添が無いと、ワタシだけでは丁寧にご説明いただいても理解不能なのです。

ドコモショップは二時間待ちと言う事で、先に空いている隣のAUで説明を受け、見積もりを頂いた後再びドコモシャップ。

どちらでも、私の関心はスマホのサイズによりキーボードの使用感。試す際には倅がサポートしてくれます。

当初の予定通り、今日は結論は持ち越しで、たこ焼きを買って帰宅。

ゆっくり過ごせて佳い日曜日でした。



旦松です。
今日も日差しの強い一日でしたが、日陰は気持ちよく感じました。

親方の信用とご縁ある方々のおかげで、工場の近くに家を持てることになり、昨日連絡があった吉備ケーブルテレビ局の工事に立ち会うために。7時過ぎに新居に入りました。
完成したので、家の周りに小動物やイノシシが出るということで、用心のために防御ネットというモノを1メートルほどの専用杭や有刺鉄線の支柱に取り付けました。50メートル以上、蚊に刺されながら、頑張りました。

屋根の周りの雨といが、近くの巨木の小枝や枯葉で、詰まってる感じでしたので、大雨が降る前にと思い、脚立に上ったり,2階の窓から、屋根瓦に降りて、手づかみで取り除きました。
いざ屋根に上がると、怖いもんですね。慎重に怪我の無い様に、無理をせず何とか掃除ができました。

夕方は、あるれで珈琲タイムを過ごして、買い物を済ませて再び新居の掃除に、そこへ友人が手作りのサラダを届けてくれました。
ありがたい差し入れでした。

部屋で食事の支度に入ったときに、工場長から藤原さんが、焼き入れの準備の仕事を日曜にもかかわらず、仕上げてくださったと連絡があり、すぐに取りに伺いました。
明日も朝一番から、次の焼き入れの準備が始められます。
ありがとうございました。



ここから佑水
今日は父の日。家族から素敵なプレゼントを貰って嬉しかったです。
夕方には我父親に電話をしましたが、既に寝ていました。送ったプレゼントは数日前に受け取って貰っていました。

今日は午後から倉敷まで出かけてきました。
バイクで出かけましたので、久しぶりに鷲羽山スカイライン(今はこうは呼ばれていないようです)も走ってきました。
有名なカフェも寄ろうと思っていたのですが、見つけられなくて残念でした。また次の機会の楽しみにしておきます。


2017/06/18(Sun) 松水


[ ふ〜週末! ]
 何だかんだと週末を迎えました。
週半ばの水曜日、木曜日は絶不調でしたが、瀬戸際で踏ん張りました。やっと時差ボケも去ったようです。

梅雨に入って夏空が続いております。朝夕の涼しさが日が昇ると夏の盛りではないにしても、もはや季節は変わりました。

研ぎ場で仕事に励んでいると、姿は見えませんが小鳥のさえずりが耳に心地佳く、作業場の中に勝虫が飛び込んで来たり、ツバメが舞い込んだり。
そう云えば今週は小さな蝶々が新見では異常発生したらしく、家や工場の周りにも幾つか姿を見かけますし、場所によってはもの凄い数が飛んでいたそうです。

朝一番は娘達と歪取り。焼き入れ前の歪取りがきれいに出来ているので楽勝で朝のお茶の時間前に終了。

その後は一日中手研ぎ仕上げ。
相変わらず超絶好調ですが、杜仲の長い品が幾つか手間が掛かるので、平回しで下研ぎをしている雨臼井君の様子を何気に気にして視ておりますと、どうも砥石が磨り減って寿命を迎えているようです。
「今、砥石が硬くなってるだろ?もう新しいのにしたら。」

新しい砥石に変えてからまた研ぎが楽になり、4時半過ぎに予定数量を研いで本日終了。

午後の時間に出来た商品の仕分けをして、あとの始末を娘に頼んで工場へ。
帰宅してから、娘が用意してくれていたメールを幾つか送信。
追加の注文を10数丁いただき手有難い限り。

さて、週末は今日も千屋温泉で寛いできます。



旦松です。
気持ちのいい朝を迎えて、まず藤原さんが昨夜遅くまでかかって、しゃいげてくださった材料や包丁をいただきに工場へ向かい、いつもの場所から頂いて工場に入りました。

歪取りのスタンバイまで、金床を使わせていただいて、みなが空ったところで、親方と場所を交代させてもらいました。

グラインダーに戻り、焼き入れの準備の続きを午後4時半まで、親方の号令で、週末の片づけをして、5時に上がらせていただきました。
帰る前に藤原さんに修理をお願いに行きましたが、出張から戻られていませんでした。
定位置におかせていただき、今週の仕事終了。

部屋に戻り、シャワーを浴びて、写真店の作品の撤収に行きました。いつもの仲間が、てきぱきと藤原さんも駆け付けてくれて、今回の作品展も無事に終わりました。

仕事はもちろん、家事をしながらのご婦人たちは、仕事もされてるので、なかなか全員参加は難しいのですが、私たちのグループには、無理な会則がありません。楽しむための写真なのに、がんじがらめの会則のあるところから、入ってこられる方も少なくありません。

趣味の世界でも助け合いや、理解を深めることの大切さを勉強させてもらえます。

工場でも助けられっぱなしですが、役に立ちたいと頑張れるのも親方の下で働ける賜物だと思います。

感謝の気持ちを欠かしたことはありません。

明日はお休みをいただいてます。

来月引っ越す予定の家にケーブルテレビの工事をお願いしています。少しづつですが、家が住めるように変わってゆくのは、感激です。
お疲れ様でした。



ここから佑水
早くも週末がやってきました。
今朝は三尺の振りを取っていつでも研ぎに掛かれるように準備をしておいてから平回しへ。
師匠や事務所の方が来られるまで平回しで下研ぎを進めていました。
そして歪みを取り始めましたら三尺へ。急ぐ品物を研いでいきました。
お昼前にはそれも研ぎ終えることが出来ましたので本格的に平回しに掛かっていったのでした。

平回しの砥石が薄くなってきたことを師匠は見逃さなく、直ぐに交換をとおっしゃって頂いたのですが、もう少し研げそうなので勿体無いと思いまして、せめて切りの良いところまで後2丁と研いで行きましたが、直ぐに思い直しまして交換させて頂きました。
仕事の効率や研ぎやすさなどを考えたうえでのご意見に、直ぐに対応できなかったこと深く反省をしております。
今日は確認や段取りのミスもありまして、反省の多い週末でした。
それを繰り返さないように、師匠とのシンクロ率を高めて無駄のない製造が出来るように心がけていかねばと反省しました。

今週も皆様お疲れ様でした。
2017/06/17(Sat) 松水


[ 経営者の勲章 ]
旦松さんの昨日の書き込みは情感に溢れていて景色が目に浮かびますね。
佑水君のもドタバタな生活感が表れて面白いし、二人とも特にアトランタショー以降の充実ぶりが仕事でもそうですが素晴らしいですね。有難いね。

 本日、念願の夏季賞与を、子供達を含めた五人の従業員に出すことが出来ました。
当工場では計理士さんの指導で役員である私と妻は賞与がでません。まあ、ガリガリ亡者の経営になるのを防ぐためには良い事でしょう。

皆有難い事に誠実に良く勤めて、幸いに業績も順調ですが、やはり過去にはちょっと売り上げが良いと、何度も調子にのって痛い目を見ておりますので、日々会社のお金の動き、注文の状況、日々の仕事の進み具合、さらに為替相場を意識した社会と経済の状況を見定めて、出来るだけ早い時期に出来るだけ中身の多い様にと、一年中日々刻々の動きを見て経営判断を零細な家内工業と云えどもしております。

今年も工場の作業環境の整備も順調に計画的に進み、尚且つ、年初来ドタバタ続きの一難去ってはまた一難の日々、私の工場での稼働日が少ないままに半年が過ぎました。にもかかわらず、今日、何とか夏季賞与が出せて、みんなの日々の働きに僅かでも励みになればこれが経営者の勲章です。



旦松です。
今朝から、次の焼き入れの準備が始まりました。
焼き戻しの作業は、朝一番のスイッチオンです。
あとは、哲君がすべての工程を済ませてくれます。

僕はというと、見落としの無い様に、包丁を焼き入れまでもっていく仕事を続けます。

朝のお茶の時間も親方、工場長、哲君と寛ぎの時間をいただき、報告や相談の時間にも使えて、さらに美味しいものもいただいて、エネルギーのチャージをさせてもらえます。
今日は親方の見た夢の話で、コミュニケーションでした。

お茶もお菓子も感謝しながらいただいてます。ありがとうございます。

夕方全員が集まったところで、親方から名前を呼ばれ、手渡しで賞与をいただきました。
ご自分のことより、いつもみんなのことを考えていただき
こころから感謝しています。
ありがとうございました。

今日は中央病院の院長先生に診察していただくことができました。しゃがれた声で、問診、触診、投薬と進んで、はい異常はなさそうですね。と、笑顔で見送って下さいました。

薬局に行って、いつもの薬を調剤していただき、近くの藤原鉄工さんへ、次の準備をお願いに行くと、出張から戻っていませんでしたので、いつもの場所に置かせていただきました。

部屋へ戻り、7月に引っ越す予定の新居の掃除に出て、部屋に戻って午後9時ころ、藤原さんから電話をいただいて、明日も出張があるから、残業して、置いてあったものを仕上げておいたから。。
朝もっていけるよ。と連絡でした。

ありがとうございます。

一番に寄っていただいてから、工場に入ろうと思います。

明日も張り切って、技術を磨きたいと思います。
お疲れ様でした。



ここから佑水
師匠の日々の多大なる努力のおかげを持ちまして、本日夏季の賞与を頂戴致しました。
大変ありがたく感謝の心を持って受け取らせて頂きました。
昼夜を問わずお客様や自分達の事、そして仕事の段取りやディーラー様方へのご配慮など、ゆっくりと眠れぬほどに何時も何時もお考え頂いて、本当に甘えっぱなしで申し訳なく思っています。
少しでもお役にたてますように、今後も励んで参ります。
本当にありがとうございました。

今日は平回しからスタートしました。
朝日があたって研ぎ場は暖かく、背中側から軽く扇風機で風をあてていました。
師匠が来られて手研ぎを始めますと、スルスルと仕上げて下さいますので、それまでに下研ぎをしていた包丁が見る見るうちに減っていきますので、後半は少し焦りが出たようでスクラッチの見落としが出始めたようで申し訳ありませんでした。

午後からは三尺です。
哲君の下研ぎが上達していますので、二時間ほど研げばある程度まとまった数が研げましたので、三時の休憩からは平回しへ。
お昼前に小刀をあてていて、砥石がそれ用のを着けていましたので、そのまま小刀を研ぎ進めていきました。
コバがつかないように肝心な所は回転数を落として低速で研いで行くため時間がかかります。
どうにか小刀10丁を当て終えた後、手が慣れているうちにと稲垣さんへ送るフォルダーのブレードも一気に当てまして本日はお仕舞いにしました。
美しい夕焼けを眺めながらゆっくりと自転車で夕方の涼しい風を受けて、今日一日も無事に仕事が出来たことに感謝をしつつ帰りました。

本日も皆様お疲れ様でした。


2017/06/16(Fri) 松水


[ 眠い、重い、怠い・・・ ]
 そんな目覚め。八時過ぎまでは眠れましたが、その後はもう怠くて生欠伸が絶えなくても眠れません。

仕方ないので起きだして仕事。
まずは倉庫で出来あがった商品を仕分け。久しぶりにまとまった発送が数件出来ます。

10時のお茶から工場での作業。先ずは手研ぎ仕上げ。
そしてお昼休憩を挟んで久々の焼入れ。100丁足らずですが、暑かった!
作業中にペットボトルのお茶を二本半飲み乾しました。

焼き入れ準備と焼き入れ中以外の時間はやはり手研ぎ仕上げ。気分は絶不調の週中木曜日ですが、研ぎ仕上げは相変わらず絶好調で、修理品数点を除いて、佑水君の下砥ぎした商品は丁度五時までに全て研ぎ終えました。

明日は先週の金曜日みたいな気分爽快な一日になると嬉しいな。



旦松です。
今朝もさわやかというか、肌寒いスタートでした。

空気が澄んるのか、空が真っ青。

町のあちらこちらで、アジサイの花盛り。雨は降ってませんが、町の中にある用水路から、水やりをされてるので、水滴がキラキラ光っていました。

焼き入れの準備最終段階、ぶらしをあてて焼き入れの炉の近くに準備して、すぐに追加の段取りを。

20丁近く増やすことができました。

午後いちばんで始まった焼き入れ、夕方終わりみんなで一緒にお茶の時間。

4時半に上がらせていただき、病院の定期診断。
体調は良好ですが、院長先生にみていただくと、安心するのです。
しかし、病院は開業記念日の祝賀行事で休診日
事務員さんが丁寧に教えてくださいました。
お祝いお云って帰ってきました。

陽も高かったので、松炭のパウダーを作りました。
久しぶりにまっくろくろすけ。。。

お疲れ様でした。

明日も焼き入れ準備に、張り切って励みます。



ここから佑水
昨日は午前中半日火造りをさせて頂きました。
厚刃物を中心に叩いていきまして、夕方にはナマシへ送りました。
そして午後からは三尺、哲君の下研ぎがよくできていましたので、一時間ちょっとである程度の数ができましたので平回しに移って5時まで。
それからは焼き入れの拵えをしてお仕舞いにしました。
帰ってから夕食の後眠りコケてしまい、起きたら朝の4時。もう東の空が白んできていましたので、急いでお風呂に入ったらまた直ぐに眠ってしまったのでした。

そして本日は平回しで昨日の続きからスタートです。
包丁を全て当て終えたらフォルダーの刃を数丁あててお昼になりました。
午後からは三尺です。
今日もどんどんと研ぎ進めていきましたら、ちょうど夕方5時に一区切り着きましたので、ハンマーヘッドの摩り直しをしてからもう一度平回しへ。
今日は7丁あててお仕舞いにしました。
帰る前に焼き入れ炉の周りなどの火の気がないか確認してからの戸締りにとき、工場裏の川の窓を閉めていましたら川から嫌な臭いが吹いてきました。
川を見れば、梅雨だと言うのに雨が降らないので澱んでいました。住んでいる魚もかわいそうです。
天気予報ではこの先一週間もまだ雨の予報は出ていませんでした。
四国の早明浦ダムも水位が減って、香川県では明後日から取水制限が出るようなニュースも見ました。
さすがにこうも空梅雨で空気が乾いてくると雨乞いでもしたくなります。大雨ではないまとまった雨が早く降って欲しいものです。

本日も皆様お疲れ様でした。
2017/06/15(Thr) 松水


[ 半ドン ]
 昨夜、午後8時過ぎにはベットに入り、楽しい事を色々に妄想しておりました。晩酌もいつも通り、睡眠導入剤も2種類飲んでおりましたが、妄想が過ぎて10時になっても眠らません。

台所に行きワインをもう1杯、つまみは生卵で溶いた納豆。
テレビを観ながらいつの間にか、半そでシャツにパジャマのズボンでソファーで眠りこけておりました。
「うわ、しまった何だか寒い!」と慌ててトイレを済ませてからベットに潜り込んで六時前まで就寝。

何だか寒くて、胸のあたりが呼吸器系の症状を発症しそうな嫌な予感、悪寒。

階下に降りて眠くなる風邪薬と漢方薬を服用して、「今日は寝てるから。」
妻に仕事の段取りを佑水君に電話してくれるように言い置いて直ぐにベットに復帰。ウツラウツラですが眠れました。

以外にも九時半過ぎには目が覚め、胸の周りの嫌な感じも消えていたので、起床して軽く朝ご飯。

さて、妻と娘は工場に柄付け作業に出掛けたので、アトランタでの佑水君と旦松さんの私費を精算したのをほっぽりぱなしでしたから、ドルと円を数えて分けて後始末。

信用金庫にぺイパルの清算やら個人的な要件もあって自転車で工場のみんなに挨拶してから行ってきました。
少々手間の掛かる事が溜まっていたのですが、幸いに支店長が応接室で応対してくれて、全ての要件がお昼前に終わりました。

昼寝をしたら、また眠れたので、まだ薬が効いていたんですね。

午後からは工場で手研ぎ作業。
相変わらず、佑水君の下研ぎが絶好調なお蔭で、今日も不調な時の二倍以上研げました。
半日得しました。

魚屋さんが初物のトビウオの魚卵を沢山持ってきたので、今夜の晩酌はこいつです。やはり季節を感じる物は良いな。



旦松です。
明日焼き入れの準備整いました。

夕方藤原鉄工所の社長さんが、外出の時間のずれを残業で、仕上げてくださいました。連日ありがとうございます。

明日は、朝一番にブラシを当てて、80丁は焼き入れできます。
今日の藤原さんのご厚意を、何丁増やせるか、励みます。

お疲れ様でした。
2017/06/14(Wed) 松水


[ 一日得 ]
 トラブルや体調で工場の作業に参加できない日が年初来続いている今年ですが、焦る気持ちが募る中、先週から頭を切り替えました。
本来もう工場は工場長の佑水君と旦松さん、そこに倅のまだまだ頼りないとは言え戦力で廻すのを基本スタンスにして、もちろん家族の強力な部隊も必要です。

で、私が工場で仕事を出来た分だけ得したと考えたら?何て都合のいいことを思っております。

昨日も一日得しました。

午前中はヒラメ打ち。
まだ、下打ちの鍛造がちゃんとできる自信が無いので、もう少しヒラメと仕上げ打ちの繰り返しです。

午後からの研ぎ仕上げは昨日も絶好調。

夕食の後は8時過ぎには布団に入り、1時間ほど悶々と妄想している内に熟睡。3時半にトイレに目覚めて、掛け布団を足してもう一眠り。5時に目覚めたら、なんだか明け方から急激に冷え込んで寒い事。目いっぱい布団を掛けて6時までもう眠れませんがベットで休んでから起床。

今日も一日得できると良いな。

それにしても佑水君の「方丈記」アトランタから帰って得に素晴らしいですね。成長が有難い。



旦松です。
今朝は、寒くて目が覚めた朝でした。

工場に入って、焼き入れの準備を一日。できた数は80丁に満たない量ですが、明日の朝のうちに終わります。

そしてすぐに次の焼き入れの準備に入ろうと思います。

小さな積み重ねでも確実に出来上がる楽しみがあります。途切れない様に、気持ちを強く持って、目の前の仕事に励みたいと思います。


ここから佑水
今朝も冷っこい朝でした。
三尺で研ぎ物を始めた時は何時ものティーシャツ姿でしたが、研いでいて寒いので今朝は途中からヤッケを着ました。
夜のニュースで今日は全国的に4月ぐらいの気温だったと伝えていました。どうりで涼しい訳です。
そういえば少し数日前にはチラホラと自宅周辺を夜の蛍が飛んでいましたが、雨も降らず涼しいためかすっかり見なくなってしまいました。
梅雨だというのに困ったことです。

今日も午前中は師匠が火造りをされていましたので、10時の休憩は工場の川沿いの窓辺でした。
土手に咲いたピンクの花、なんという名の花か自分は解りませんが綺麗でした。

そして午後からは平回しへ。
午前中三尺で研いだ包丁からあてていきまして、終われば小刀とフォルダーを一丁あてて研ぎは終にしまして、それから久しぶりに焼き入れの拵えをしました。
グラインダーで出刃包丁2丁削り、はるちゃん小刀の下擦りをしたら足が疲れてしまって踏ん張りがきかなくなってきましたので、今日はそこまでにしてお仕舞いにしました。
筋肉も普段から使っていないと、衰えていくのが早かったです。

本日も皆様お疲れ様でした。
2017/06/13(Tue) 松水


[ 目覚め! ]
 昨日は朝から酒を呑んでダラダラとしかもリラックスした気持ちになるでもなく無意味に過ごしました。時差ボケの影響や、大きなショーを1つ終えた緊張感が緩んでいく過程でしょう。

土曜日は、金曜日と同様に早く目覚めて、火を熾してもらう間に研ぎ仕上げを2丁程、そして半日火造り。

午後からは小刀やスペシャル小刀が気になっているのを次々と仕上げていきました。研ぎの調子は絶好調で、我ながらよい仕上がり、芝らしいスピードでした。

アトランタ前の準備を全て自分たちの手でして、佑水君が下研ぎの技術をさらに向上させたのでしょう。感心です。

その土曜日、5時前に仕事を終えて、妻とむすめと「千屋温泉」に行く前頃からもう時差ボケボケで眠くて、それが、温泉でゆっくりと汗を流し緩むと一層。

食事しながら、ビールの中瓶1本、2本目は半分残してしまいました。

8時半に帰宅するなりベットへ。睡眠導入剤は3薬の内ひとつだけ。ウトウトと浅い眠りが続きましたがやがて熟睡も充分いとれたようで、気がつけば朝5時半過ぎ。

そうです土曜の夜は私にしては珍しい程アルコールが少なかったのです。金曜日も普段の3分の2.

それを取り戻すべく昨日は朝かな飲んでのですが、なに、時間をダラダラ飲んだだけでものすごく沢山と云う訳では有りません。

日暮れを待たずに六時には就寝。途中で何度か目覚めて、導入剤を追加などしましたが、朝六時にはスッキリと目覚めました。

まだ、工場で絶好調の作業が続けられる体調には戻りませんが、取り敢えず今日も一日頑張れそうです。
鍛冶屋以外、能力が無いのだから頑張らねば!



旦松です。
気持ちも新たに今朝から包丁づくりを始めました。

アトランタで、弊社の包丁をお買い上げのお客様が、それはそれは大喜び、テーブルの周りを嬉しさを表すポーズを何度も、何度も。

作った僕たちもこんなに喜んでくださり、笑みがこぼれっぱなしでした。

嬉しさの表現の違いは様々ですが、笑顔が出る。喜んでいただける品質のものを作る。を、心に刻んで、工場にみんなと知恵や力を合わせて励みたいです。

藤原社長さんも今日は、6時過ぎまで残業して、お願いしたものを仕上げてくださいました。ありがとうございました。明日さっそくかかります。



ここから佑水
本日からは旦松先輩も工場に戻ってこられまして、工場はいよいよ本格的に稼働し始めました。
自分は今日も炉に火を付けたあと三尺の振りを取ってから研ぎ物を開始しました。

今日は少し肌寒くて、三尺の前の窓を始めは大きく開けていましたが、途中から少し閉めて研ぎを進めていきました。
そして午後からは平回しです。
午後一番に事務所の方が用事で倉庫に来られましたので、少なくなっていた工場のトイレットペーパーを買って頂く事をお願いしました。
そして事務所の方が帰られてしばらくすると、外に設置する簡易トイレを数台積んだトラックが倉庫の脇に止まりまして師匠が一言「中西はトイレまで頼んだのか?」で大爆笑。
そのトラックの御方は修理の包丁を預けにお立ち寄り下さったお方で、仕事の用事で姫路から新見へ来ていた帰りだそうです。
その方はガラス関係のお仕事もされておられ、以前百貨店でもご一緒に出展したこともある方でした。
どうぞお気を付けてお帰り下さい。

夕方は一区切り付くところまで平回しをして本日はお仕舞いにしました。


アトランタ通信です。
日曜日のパーティーもサマータイムの明るい夕方の中、沢山食べて飲んで笑わせて頂きまして、お酒がなくなればラウンジに皆で移動してさらに食べて飲んでで楽しいパーティーを終え、部屋で荷物の整理を少ししたら眠りに落ちておりました。
月曜日の朝は五時半にチェックアウトをしてタクシーに乗って空港へ。途中のフリーウェイでは早朝でも沢山の車が走っておりましたし、また空港でも大勢の人で少し混雑していました。
アトランタからシカゴへ向かう便の搭乗口の変更などがありましたが、無事に乗れてシカゴまで、ラウンジで休憩を取らせて頂いた後にいよいよ成田までの国際線に乗り込みました。

自分はその日の朝から喉が痛くて風邪を引いてしまったので、師匠のお持ちの常備薬をお分けしていただきまして、お陰様で素早く風邪に対処することができました。ありがとうございました。
幸いマスクは持っていましたので、機内でもマスクを着けて映画を見たり眠ったりしておりました。
そして成田空港で旦松先輩とお別れしまして、師匠と自分は羽田空港までバスで移動。
次の岡山行きの便まで数時間ありましたので、師匠に美味しい天ぷらそばをご馳走して頂きました。暖かくてダシのきいたお蕎麦は日本に帰ってきた感がこみ上げてきました。

岡山空港に着いてからは車で新見まで帰ってきました。
アトランタのホテルを出てから新見まで、おおむね30時間ほど掛かっていました。
そして事務所のお方や自宅へ帰ってから家族の顔を見てさらに一安心したのでした。

今回の海外出張も師匠を始め沢山の方々にお世話になりましたこと、事故や怪我も無く無事に帰って来れたこと、そして多くのお客様に出会えたこと、全てに心から感謝を致します。本当にありがとうございました。



2017/06/12(Mon) 松水


[ 新見に戻りました。 ]
旦松です。

帰国後東京で休暇を過ごさせていただきました。

今朝ほど新見に戻りました。

気温がかなり違いました。肌寒い感じですが、色々用事を済ませたら夕方には、汗びっしょりでした。

明日からは、工場でご注文の品を一生懸命に作る作業に励みます。

お休みありがとうございました。



ここから佑水
午前中は曇っていたようですが、お昼前ぐらいからは晴れて気持ちの良い日曜日となりました。

今朝はゆっくりと朝寝坊をしてから朝食もゆっくりと取って、お陰様で時間に追われないのんびりとした休日を過ごすことが出来ました。
夕方には図書館へ行きまして借りていた本を返して、その帰りに旦松先輩方が主催する写真展もそこのロビーで始まると聞いておりましたので、それも拝見してきました。
皆様の力作をゆっくりと見ることができまして良かったです。
また次回の作品展も楽しみにしております。



アトランタ通信です。
ちょうど一週間前になりますが、先週の日曜日がショーの最終日です。
その日は朝9時から午後2時に閉場です。
何時ものように少し早く出かけまして、テーブル周りの準備と片付けをしてから内職の研ぎ物をしてお客様と師匠を待っておりました。
師匠が来られてからは、二件のディーラー様に託す刃物の選別と梱包のお手伝いをしましたら、テーブルの上の刃物はほんの僅かになっておりました。
それでもフアンの方々は天然砥石や小刀等を選んで頂けましたし、また師匠と江口寿史さんと加藤デザイン社長さんとが作り上げて下さった沢山の武田刃物グッズも好評で、皆様手に手に選んで下さっておりました。
お昼前に師匠より一時間自由時間を頂戴致しましたので、色々なテーブルとブースを見て周り、知っている方々にお会いしたらご挨拶もすることができました。
師匠にそれまでに伺っていたように、年々とテーブルよりもブースの数が増えてきていたのも実感することができました。
沢山の刃物やマテリアルを実際に見ることができまして、それぞれのスタイルにリスペクトしつつ自分たちの作る刃物との比較もできまして、良い時間を与えて頂きました事に感謝をしています。
ありがとうございました。


そして午後二時の閉場を迎え、最後はスーツケース一つ
収めることが出来ました。
ホテルに戻ると部屋の掃除が植原隆さんの部屋以外はまだでしたので、植原さんは部屋で休んで頂いて、自分たちは夕方の打ち上げパーティー用の買い物へ出かけました。
大きな道路を渡って自分はケンタッキーフライドチキンを買いに、師匠と旦松先輩とはパパジョンズと言うお店のピザを買うために途中で別れました。
ホテルの部屋からケンタを見れば近くに見えましたが、歩いていけば往復で30分以上はかかっていました。

ホテルに帰ると部屋の掃除も終わらせてくれていましたので、荷物の片付けの後に師匠の部屋へ集まりまして、先程買ってきた食べ物とそしてそのホテルを予約するのに御尽力して下さった師匠のお知り合いのお方からのサプライズと共に、ショーが無事に終わった事に乾杯をしました。




2017/06/11(Sun) 旦松


[ 爽快 ]
 一昨日と気分と体調が雲泥の差、8時過ぎから5時半まで眠ったら、今年一番と云うぐらい爽快な目覚め。

六時には起床して、朝の拵え、朝食、メールの返信等の後7時半前には工場に出勤。

爽やかな気候です。

手研ぎで修理品から仕上げていきました。そうするうちに佑水君が出勤してきたので、火造りの準備を頼み、8時過ぎにはヒラメ打ち開始。

何しろもう一月も出張や休養で火造りしていませんから、比較的軽作業のヒラメ打ちにしました。いずれにしても早目に必要な作業です。

午後は家で少し休んでから手研ぎ開始。

佑水君の平回しでの下研ぎが素晴らしくて、グングン仕上がって行きます。
三時の休憩におやつを持って来てくれた家族は、休憩後そのまま柄付け作業を終業まで。

気持ちも体も動いて有難い一日でした。

今日も途中からは夢を観ながらの浅い眠りとは言え四時半にトイレに起きるまで眠れました。トイレの後も六時までウトウトしておりました。

さて、昨日と同様に一日工場でフル操業できると有難いですね。



ここから佑水
今朝も三尺から開始です。
今日は大物に取り掛かっていましたので、あまり数は伸びませんでした。
そして午後からは平回しへ。
三尺で手間のかかった品は平回しでも手間がかかってしまい、スイスイスラスラとは行きませんでした。
それでも包丁は全てあてて、守屋さんから届いた備中の守のブレードを何丁かあてて5時前に。
それからハンマーにヘッドを取り付けて、それまでに使ったハンマーヘッドの摩り直しをして本日はお仕舞いにしました。

梅雨に入ってもあまり雨が降りませんが、蛍はチラホラと見かけるようになりました。
ほのかに光る幻想的な灯りが見えるのは、この季節の楽しみですね。


アトランタ通信です。
ショー二日目の土曜日は朝9時から夕方6時までの商いです。
その日はホテルの最上階にあるラウンジで師匠を始め皆で朝食を頂きました。
カリッと焼いたベーコンにふわっとしたスクランブルエッグを頂いていますと、アメリカにいるのだと実感しました。全ては師匠のおかげです。ありがとうございます。

朝食後は師匠と別れ、僕たちは早目に会場に向かいました。
準備を済ませて暫くして師匠もお越しになられ、いよいよショー二日目の始まりです。

会場入口に並んでおられたお客様も一気に入って来られ、広い会場も瞬く間に人で溢れかえりました。
それからは必死で商品の説明に励むことができましたし、使って頂いている御常連様には感謝の気持ちを伝えることができたと思います。
その日もアナハイムのショーでお世話になっておりますオーガナイザーのお方が師匠とお話をしながら何点かの品物を選んで下さいました。ありがとうございました。

夕食はその日も最高に美味しいステーキ屋さんへ連れて行って頂きました。
そしてその日は師匠の大親友のフランスのザビエルさんもご一緒でして、楽しい宴に自分も参加させて頂き嬉しかったです。
食後は皆で師匠の部屋に寄らせて頂きまして、師匠とザビエルさんのお話を伺いながら美味しいビールも頂いて、サマータイムの明るい夜が段々と暗くなっていったのでした。


2017/06/10(Sat) 松水


[ 時差ボケボケ・・・ ]
 工場出軽作業を初めて1時間半。全く駄目ですね。もろ時差ボケと疲労が残っております。

即刻中止して佑水くんに家まで車で僅かな距離を送って貰い、佑水君が娘とアトランタでの伝達事項など打ち合わせている間、砥石工場で届いた砥石をボンヤリと開いておりました。

その後は全く悶々として、寝たり起きたりテレビを観、ちびりちび地飲んで過ごしました。何だか身と心の置き所が無く、夕方まで悶々と過ごしました。

夕ご飯を頂く頃には朝開けたボトルが丁度空になり、それ以上飲みたくも無く、8時頃にはベットで熟睡。
夜中の1時反にトイレに起きて、有難い事のその後も朝五時過ぎまで夢を観ながらも眠り続け手、今朝の亜少し爽快な気分で目覚め。

久し振りにシャワーを浴びて、昨日よりも少しでも作業が出来るでしょう。



ここから佑水
今朝は師匠が早くに工場へ来られて手研ぎをされていました。
平める火造りをされるとおっしゃられましたので、急いで炉に火を点けてハンマーヘッドを平める物に交換しました。

それから三尺の振りを取って研ぎ物開始です。
午前中に包丁12丁、小刀類4丁を研いでお昼となりました。

午後一番に近くの公民館へ行き、そこで健康診断を受けてきました。
視力・体重・お腹周り等は昨年と同じだそうで、レントゲンや血液検査の結果は後日に知らせてくれます。

工場に帰ってからは平回しへ。
修理の品物と午前中三尺で研いだ品物をあてていきました。
師匠が仕上げの研ぎをして下さっていましたが、スゴく仕上げるペースが早くて、それまでに手研ぎが出来る物も数丁あったのですが、5時前には手研ぎ出来る品物が空っぽになってしまいました。
流石です。

今日最後の下研ぎの修理の包丁がえらく手間がかかりましたが、下研ぎを終えて、ハンマーに何時ものヘッドを取り付けて今日はお仕舞いにしました。

帰りに歯の定期検診を受けてきました。
虫歯はなくてよかったです。歯石の除去とマウスピースの調整もしてもらって、口の中がスッキリとしました。
健康に関わる用事の多い一日でして、健康を保ち続けることの大変さを考えさせられた一日でした。


アトランタ・ブレードショーの初日は、前日準備が完璧に終わらなかったので旦松先輩と少し早目に会場に入って見やすい売り場を作って行きました。
初日の開場時間は午後2時から午後7時までですが、VIPの方々は既に午前中から入場しておりますし、また出店者の皆様も早目に材料や刃物を購入するために品定めをされていますので、準備をしていても同時に手にとってご覧頂くこともあります。

暫くして師匠も来られ多くの方が挨拶をされていました。
そして我社の包丁をこよなく愛してくださるお客様が急いでおいで頂いたり、またこの前工場にいらしてくださったディーラー様もお越し下さり沢山の品々を決めてくださいました。
初心を思い出しまして、出来る限りのご挨拶と説明と笑顔に励み、また英語の説明や聞き取りで解らない所は電子辞書でお互いに確認しつつ話を進めて行ったりしていましたら、あっと言う間に閉場時間が迫ってきていました。

何時も連れて行って頂くステーキ屋さんへ師匠と植原さんが一足先に行かれ、旦松先輩と自分は片付けした後に寄らせて頂きました。

その夜も美味しいビッグボリュームのお肉とお酒を頂きまして、それからショッピングモールで暫しお買い物をする時間も頂き、またホテルに帰ってからも美味しいお酒と師匠が買って下さったスイーツを頂き、その日の疲れを癒して頂きました。部屋に戻るとバタンキューでした。
その日も感謝感謝の一日となりました。ありがとうございました。

2017/06/09(Fri) 松水


[ 爆睡 ]
 アトランタから帰国して、ほぼ30時間飲んでは眠り、食べて飲んでは眠りしました。お風呂も入らず、歯も磨かず、とにかく眠りこけました。

お陰様でアトランタのショーは大成功でした。今日から工場に復帰します。


ここから佑水
今日から工場に復帰しました。
お陰様で風邪の症状も順調に回復に向っております。
ですが今日の仕事中は何度も睡魔が襲ってきたのは、時差ボケのためかお薬の中の睡眠効果かは解りません。

今日は三尺からスタートしました。
午後も少し三尺をしてから平回しへ。
下研ぎに自信がなかったので、一丁手研ぎで仕上げてみて自分の今の状況を確認してから平回しを進めていきました。

アトランタへは国際線に乗る前日に成田空港側のホテルで師匠と旦松先輩とで一泊。
そして長い時間経てシカゴ経由でアトランタ空港到着。そこではチケットの関係で一日早く着いていた植原隆さんがお迎えに来て下さったのですが、なぜか便名の変更があったようで行き違いがありましたが無事に合流出来まして、一緒に会場まで向かいました。

入場の名札を師匠に受け取って頂いているときに、既にヨーロッパからお越しのディーラー様が挨拶に師匠元へ。
そのディーラー様は、商品を並べている時に覗いて下さって、多くの刃物をピックアップしてくださいました。
誠にありがたい限りでした。これも師匠の日々の努力のおかげでした。ありがとうございました。
毎日の気配りと段取り、本当にお疲れ様です。

そして午後6時の準備時間の終了の放送がかかって、その日はそこまでにしまして一路ホテルへ。
荷物をある程度片付けたら師匠の御計らいで、毎年連れて行って頂いておりますそれはそれは美味しいステーキ屋さんへ今年もまた連れて行って頂きました。

その日は予約ができなかったので、カウンターで四人並んで食事を頂きました。
お肉の美味しさと上手な焼き加減そして美味しいお酒を頂きまして
お陰様で心からコンフォータブなきもちになりまして、帰ってからは長い移動の疲れもあってかそのままベットの人となってしまいました。
それでも目覚ましのセットは何度も確認してから眠りに落ちていきました。
続きはまた明日に....

本実も皆様お疲れ様でした。


2017/06/08(Thr) 松水


[ 梅雨入りかも? ]
旦松です。
先に書かせて頂きます。
お休みを頂いて、東京で用事を済ませていました。免許証の書き換えや、役所に行ったり、JALのサービスカウンターへ行き、カードの申し込みや、帰国の際ジャケットのポケットから、小型のデジカメを座席の何処かに落としたらしいので、調べてもらったら、直ぐに確認していただけて、岡山に送ってもらえることになり、感謝でした。午後横浜の孫に会いに出掛けて晩方帰りました。

天気の定まらないのは、梅雨入りなのでしょうか。
お疲れさまでした。



ここから佑水
昨晩無事に師匠と共に新見へ帰ってまいりました。
本日は師匠の御計らいでお休みを頂いておりましたので、ほぼ一日眠っておりました。

アトランタから帰る日に喉が痛み始めまして、師匠の常備薬を頂戴致しましたのと、本日お昼前に病院へ行ってお薬を処方してもらって、お陰様で風邪の症状は順調に回復へと向っております。

明日からは工場で励めそうです。

皆様お疲れでございました。
2017/06/07(Wed) 旦松


[ アトランタより帰国しました。 ]
旦松です。
日本時間6月6日午後3時過ぎに成田の飛行場に着きました。
ロビーを出てから、僕はお休みを頂いて練馬に帰りました。

沢山のお客様が親方を訪ねてご来場頂けました。またParisからもお出でになられる皆様に囲まれて、今年も沢山勉強になりました。ありがとうございました。

鍛冶屋の仕事をちゃんとやって、もっと良くしようと、向上心を持って励む元気を頂けました。

これからも親方の下で励み、皆様に何時までも喜んでいただける、包丁を作れる
職人で有りたいと思います。
2017/06/06(Tue) 旦松

My Diary Version 1.21
[ 管理者:鍛冶や方丈記 著作:じゃわ 画像:牛飼い ]