>> 2018/06

[ ドウニモこうにも・・・ ]
 昨夜は車で岡山まで迎えに来てもらい、お蔭で11時前には帰宅。

今朝、8時過ぎに目覚めたのですが、寝ても起きても身の置き所が無い程シンドイ。
10時過ぎに妻が病院に連れて行ってくれて、点滴をしてもらいました。点滴が終わる頃にやっと少し人心地。

工場の仕事は、この炎天下に荷が重すぎた様で、考えていた展開には程遠い段階。

取り敢えず横浜島屋でお預かりした修理品の仕上がりがゼロなのが気になり、お客様との約束事ですし、経営的立場で言うと、稼ぎ終わった勘定の品ですから早くに仕事を終わらせて次の稼ぎに掛からないと、私は兎も角余分な収入から賞与を出すことが出来ません。

昼からお休みの予定でしたが、家に居てテレビを観ながら酒を呑んだのでは明日以降が思いやられるので、気力を振り絞って午後一番から工場に出勤。

横浜島屋でのお預かりした修理品の錆び落しに、点検の際に見つけた見落としを力を入れて擦り続けた結果、痛くてたまらない右肩に無理を言わせてでもお預かり砥ぎ直し品の仕上研ぎ。

4時前までに16丁を研ぎ、身体も限度、下仕事の出来た品も尽きたので、帰宅して妻が用意してくれたヌルいお風呂で息をつきました。

明日はノルウェーからディーラーのマイケルがガールフレンドと工場見物に来る予定です。出来るだけ良い体調でお迎えしたいものです。



旦松です。
今日はお休みを頂いて、妻と買い物や用事をさせていただけました。ありがとうございました。

明日から新たな焼き入れの準備にかからせていただきます。
お疲れ様でした。



ここから佑水
今朝も火造りです。
朝のわずかな時間でも涼しいので助かります。

そして午後からは師匠と並んで修理物仕上げ研ぎを進めていきました。
出張帰りのところ大変お疲れ様でした。
仕上げ研ぎが一区切りつきましたら、平回しに移り次の修理品の下研ぎにかかっていったのでした。


2018/07/17(Tue) 松水


[ お姉ちゃん ]
都内にひとり住いの順子ねえちゃんは、この10年ほど、私の関東のまん中から西の方での催事には、大概、私と旦松さんにそれぞれお土産を用意して、慰問に来てくれます。
以前は旦那さんと二人で連れ立ってでしたが、相方は数年前に71歳で急逝。昨日はお寺でお盆の法要を済ませたその足で訪ねてくれました。
丁度、六時前、私が疲れて一杯飲みに、残り二時間を旦松さんにお願いして引き上げ時だったので、話し相手と夕食に付き合って貰いました。デート❤ですね。

ナイフ好きのご常連、伊藤さまがいつも通り、一昨日下見に来て下さった際におススメしていたブルーマンモスのシースナイフをお求め頂いた際にお会い出来なかった事だけは少々残念でしたが、まあ、また来年お目にかかる事を楽しみと致しましょう。

お姉ちゃんとは話が弾み楽しいひとときでした。

深夜、3時半に目が覚めてしまい、なんだか疲れが溜まって身体中が非常にしんどい。
脱水もあるんだろうな。沢山のお水、トマト🍅ジュース、Yakult、胃薬、整腸剤、朝鮮ニンジンを飲んで、塗る湿布薬ジスロマックを首から肩、腰、腕にたっぷりと塗って横になったのですが、身体が少しずつ楽になり、やっと1時間足らずウトウトしたのは夜も明けきった七時過ぎ。

本日で横浜高島屋の催事は最終日。ホテルを引き払い、催事終了次第、その脚で旦松さんと帰路に着くてはず。

伯備線は依然不通なので、深夜、工場や事務所で昼間の仕事に疲れた身には気の毒ですが、岡山駅まで家族に車で迎えに来て貰わないと帰宅出来ません。

最後の一日、僅かに残った気力を振り絞って励んで有終の美を飾りたいものです。
行って来ます!


ここから佑水
工場裏の川から用水路へ続く水路がこの前の大雨の土砂で埋まっていましたが、日曜日に取り除いかれていて普段の水路に戻っていました。
詰まっていた水路の水溜りに取り残されていた魚達もこれで助かったでしょう。
工場裏の川も水位が下がっていましたが、今朝は普段の様子に戻っていました。
少し一安心ですが、まだ本流の高梁川は濁った水が流れていて、上流がどうなっているのか気になります。

そして今朝も火造りです。
しっかり水分補給をしつつお昼まで、そし午後からは少しだけ三尺をしてから平回しへ。
横浜でお預かりしました修理品下研ぎに先週から掛かっております。

2018/07/16(Mon) 松水


[ 過労 ]
昨日は暑い😵中、遠路何人もの友人が売場を訪ねてくれました。有り難いことです。

船橋東武で四半世紀催事担当としてお世話になった高津さんは今は高島屋の全店の催事の裏方さんとしてお勤めです。
お会いするのは三年か四年ぶり、佐倉に帰宅するのを大変な遠回りして、手土産まで持って会いに来て下さいました。嬉しかったな!有難うございます。

渋谷東急東横店で長年お世話になった津田さんは毎回、お昼ご飯に誘いにワザワザ来てくれます。この機会にしかゆっくり話をするチャンスが無いのをよくご存知。有難うございます。

麗子さまはお嬢様と渋谷でミュージカルを観たその足で急いでお越し下さいました。いつも有難うございます!

麗子さまと入れ替わるように、大塚から、ギックリ腰の未だ治らない中、神谷さんがご来店。

後は旦松さんにお願いして、蕎麦屋でたらふくご馳走になりました。話が弾み、楽しい夜のひと時。本当にいつも有難うございます!

七時間熟睡して、五時半に目覚めましたが、まるで起き上がれ無い。疲れ果てております。

有り難い事に商売は昨日も順調で、随分と品数が少なくなりました。
今日、明日と最後の力を振り絞って、旦松さんともう一踏ん張り‼



旦松です。
今日は、お馴染み様とご新規様が入れ替わり立ち代わりとご来店頂けました。

数年ぶりに好青年熊さんがおいでくださいました。
お元気そうで何よりです。
本日もありがとうございました。

シェフのご紹介で先にご来店のお客様も、シェフが到着されて、親方と話が弾んでくると、リラックスされて、お気に入りを見つけてくださいました。

早くも明日が最終日、思い残すことの無いようにお客様に楽しんでいただこうと思います。
刃物で結ばれたご縁を大切に、鍛冶屋仕事に励みたいと思う今日でした。
お疲れ様でした。


ここから佑水
本当に暑い日が続いております。
今日も外の気温計では40度近くを表示していたとか。
もう外に出て何かするのも朝方か夕方しか無理っぽいので、今日は家の中でクーラーを効かせてのんびりと過ごして身体を休ませました。
まだ熱帯夜でないのが救いです。

2018/07/15(Sun) 松水


[ 学友 ]
この数年、京急弘明寺に住んで高校教師をしている、大学のゼミでいっも一緒に遊んでいたグループの仲良し、池田君と必ず一夜は飲んで食事を共にし、近況やら昔話にしばし時を過ごす。横浜に来る楽しみのひとつ。

当然同じぐらいの年齢だから、池田君は来年の春には定年退職。
「延長雇用はあるけど、仕事の時間は長いし、休みはろくに無いし、もう、オマケに仕事の環境は同じで給料は半分になるし。もういいよ。
年金が支給されるまでの三年間は、娘が教えてくれたバイト・ナビで仕事探すつもりなんだ。」
同い年で同業の奥さんの退職金と年金を合わせれば何とかそれなりに楽しんで老後が過ごせるだろうという計画らしい。

飲んで食べて話して、楽しい時間を過ごして、気がついたら11時をなっておりました。

ホテルでシャワー浴びて歯磨きしたら12時。昨夜は有り難いことにコロっと寝付き朝5時半まで熟睡。



旦松です。
連休初日駆けつけてくださった、上尾のご常連様、やはりパワーは、衰えていませんでした、こちらのお客様がおみえになると、必ずといっていいほど、お客様が集まってこられるのです。

そのあとも、各地からお馴染み様が顔を見せてくださり、賑わいが続きました。

何せ外は猛暑なので、感謝します。
ありがとうございました。

明日も足手まといにならないように、励みたいと思います。お疲れ様でした。
2018/07/14(Sat) 松水


[ やもり ]
午前中は何となく賑わいましたが、午後になって急にノンビリ。

退屈しのぎに谷口さんの彫刻を冷やしがてら物色。可愛らしい出来映えの「やもり」のブローチが目にとまりました。

もちろんブローチとして使うつもりは無いのですが、家の護り主に玄関には飾る事にして購入。

早速、売場の庖丁の傍にチョコンと座ってもらったら、ありぁ!驚いた事にその後二時間商品繁盛。




旦松です。
猛暑が続くなか、本日も沢山のお客様に足をお運び頂けました。昨日お買い上げ頂けましたお客様は、カボチャを切ってみて、切れ味の違いに感激されて、もう一丁お求めいただけました。

お帰りに笑顔になる皆様のお陰で、もっともっと技術を磨こうと思う今日でした。

閉店間際には親方とお話しされたお客様に砥石をお買い上げ頂き、更にお帰り際に笑顔のエールを頂けました。ありがとうございました。

お疲れ様でした。


ここから佑水
今日は朝から快晴です。
午前中の火造りでは、毎日気持ちよく汗をかいていますが、今日は一段と多くの汗をかきました。
夏真っ盛りです。

午後からは平回しへ。
夕方まで下研ぎを続けまして、一区切りが付きました。明日の午後からは修理品の下研ぎにかかれます。
2018/07/13(Fri) 松水


[ 愛助さん ]
高島屋元部長で退職後数年になる愛助さんとは、浜松遠鉄百貨店での十数年前から、仕事と関係ない妙なお付き合い。
毎回一晩をご馳走になり、ワイワイと話に咲いて過ごします。


昼前から大繁盛した今日は夕方から愛助さんと約束。

いやはや、のんびりしていた昨日と打って変わって、お昼前から三時過ぎまで大盛況の忙しい有り難い1日でした。

お客様がまばらになる四時前にはエネルギーが尽きて、グッタリ。




旦松です。
猛暑のなか次々とお馴染み様が足をお運び下さいました。

そこにご新規のお客様が混じって、お客様同士の刃物談義が始まったりで、賑か和やかな、忙しい時間を頂きました。

親方の足手まといにならないようにと思いながらも、ふがいない動きでご迷惑をお掛して申し訳ありませんでした。
明日も更に励みたいと思います。

お疲れ様でした。



ここから佑水
今日も午前中は火造りです。
平め打ちを始めて二日目になりまして、11時を過ぎて平める物全てを叩けましたので、ハンマーヘッドを交換して少しですが仕上げ打ちをしたらお昼になりました。

午後からは三尺の掛かって庖丁の荒研ぎです。
それも夕方には一区切り付きましたので、平回しを少しして今日はお仕舞いにしました。

今日もしっかりと汗をかきまして、間でしっかりと水分補給させて頂きました。
夏バテしないようにします。
2018/07/12(Thr) 松水


[ 長閑 ]
横浜高島屋の催事初日。朝一番にご常連のお客様がた。岡山に縁のある開高健の著者を頂いたり、沢山お買い上げ頂いたり、様々に有難うございます。
お昼前から数時間はお馴染みのお客様も初めてのお客様もご来場いただいて、まあまあ賑わったのですが、3時にならないうちにはガラガラ。

旦松さんと二人で退屈しております。夕方、六時になったので、後を旦松さんにお願いして引き上げようとしたのですが、先先代が新見出身のご婦人のお話にお付き合いして七時前になりました。

途中で、「察してくれよ。」と考えるのは、営業真っ最中の時間、お客様にとっては理不尽な言い分な事は重々わかっておりますが、そこいらが酒飲みの卑しさと反省。


いつもの蕎麦屋でひと息ついたらやっと人心地。

閉店後の営業報告では素晴らしい売上。今の商品単価だと忙しい感覚はまるで無いし、もちろん、足を止めて頂いたお一人お一人のお客様方には可能な限り、それぞれのお気持ちを察する様に精一杯心を尽くして出来る限り押し付けがましくならないように。
自分の物知りお喋りに夢中にならないように、「立て板に水の流れっぱなし」にならないように脳内で試行錯誤しながら励みました。
結果が出て嬉しい😆です。有難うございます!


ここから佑水
昨日より午前中火造りをさせて頂いております。
大汗をかきますが、気持ちの良い汗です。
そして午後からは研ぎ物を進めております。
師匠が出張に出られる前日に指示を頂いておりますので、火造りも研ぎ物もそれにそって進めております。

工場裏の川の水位は普段ぐらいに戻り、水も大分清んできました。
見えてきましたのは川底の様子が以前と変わっていまして、深くなった所や岩が流れてきた所もでき、以前より勢いよく流れているように見えます。
改めて自然の驚異を感じてしまいました。
2018/07/11(Wed) 松水


[ さア横浜! ]
夜中に目覚めて中々明け方まで眠れませんでした。久しぶりの百貨店催事です。
最後に仕上がった商品をリモアに詰め込んで旦松さんと家族と車で岡山駅へ。何とか新見ー岡山間が復旧した。中国自動車道、岡山道は大部分が片側1車線での運用。途中一ヶ所は片側車線を止めて交互通行。災害の凄まじさを改めて実感。
また、高速道路を走る車、サービスエリアにもトラックやあらゆる物流車両が平素より目立っています。さすがに観光バスは見ませんね。

岡山駅までは私が運転してホンダの新車に搭載された運転補助システム、センシングの使い方を楽しみながら練習。

新幹線に乗ると東に行くほど雲ひとつ無い真夏の青空が広がって暑そうだなぁ。

三時前には横浜高島屋の催事会場に到着して準備の予定です。
旦松さんとふたりですから、丁寧にのんびりやっても5時までには完璧に整えられます。

今回から初めて横浜でホテル生活の旦松さんと馴染みの蕎麦屋で家や海外とはひと味違ったご馳走を楽しむ予定です。




旦松です。
先程準備が終わり、ホテルを探していただき、チェックインの後にワインを少しいただきながら、色々とご馳走になりました。ありがとうございました。

明日から会場で励みたいと思います。
お疲れ様でした。
2018/07/10(Tue) 松水


[ 感覚 ]
眠い眠い眠い眠い!朝5時過ぎから9時頃迄が一番睡魔の誘惑が。

踏ん張って起床したの睡魔に取り憑かれた七時半。
歯磨きと洗顔、服薬だけで直ぐに工場に出勤。
旦松さんが段取りをしてくれていたので、八時半前には火造り開始。豪雨が止んで、たちまち真夏の暑さが続くのは間違い有りません。

横浜に出掛けてる前にどうしても気になる品物の火造り。私と旦松さんの出張中の午前中を火造りに励む佑水くんに託す見本と仕掛り品。欲を言えば切りは無い中、必要最低限の鍛造は何とか。

午後は守屋さんから仕上がって来た折りたたみ小刀11丁の仕上げ研ぎ。前回は素晴らしく捗り、今日も楽しみにしておりましたが、意外に難しく、下研ぎの平回しのやり直しも数丁。途中から佑水くんも助っ人。

鍛造のミスは材料か自分の技術かハッキリ認識できます。積み重ねた経験と認識を自身の成長につながる材料に出来ます。

研ぎ仕上げの場合は上手く行かない場合の原因の特定が難しい。鍛造か下研ぎかはたまた砥石や試し切りに使う紙のコンディションまで。要素が実に様々。もちろん、自分の技術、感覚の異常を一番に疑います。何によらず、誰によらず過信は一番の大敵。

己が感覚に求めるのは、最低でもコンマ一ミリ、1000分の一ミリは顕微鏡の領域ですが、出来る限り百分の一ミリまでの認識力は目指したいですよね。

今日の研ぎでは、天然コマも手持ち砥石も良い状態。切り紙も問題無し。手こずりながらも、これまでの経験と眼力、知覚をフルに発揮して丁数を研ぎながら、今日の研ぎ方のコツを少しずつつかんで、まだまだ不満足ながらも妥協出来る仕上がり状態を次第に上げていきます。

見る目と聞く耳と求める心のどれが欠けてもより一層の上達は望めません。


今回の歴史的大豪雨の影響で、岡山までの鉄道は復旧の見込み経たず。途中の被災地で線路のバラスが大量に流出して、線路が宙ぶらりんになっている地点での復旧作業が長期間掛かりそうです。
明日は妻と娘に車で岡山まで送って貰ってから横浜に向います。



旦松です。
一昨日の土曜日は欠勤させていただきました。前日の金曜日に近くの高校の教室へ避難させていただき、土曜の朝帰宅しましたが、初めてのこと続きで、体調が変わり、仕事になりませんでした。ご迷惑をおかけしました。
日曜日は避難に使った品々を選択やコインランドリー等で乾かしたり、倉庫の整理をしたりでのんびり過ごしました。
今日は、ご注文の品の材料をカットして、藤原鉄工所さんへ運ばせてもらいました、他の時間は全て焼き入れの準備に集中しました。

明日は親方と横浜の百貨店に向かいます。

一年の早いことに驚いてます。上尾のお馴染み様はじめ、沢山の皆様が楽しみにしてくださっていると思います。
よろしくお願い致します。


ここから佑水
今日は平回しからです。
朝一番に指示を頂きまして、備中の守の下研ぎから始めました。
そして全て当て終えましたら三尺へ移って小刀の荒研ぎをお昼までしました。
そして午後からはその小刀を3時の休憩前まで平回しを当てまして、それからは久しぶりに師匠と並んで仕上げ研ぎに掛からせて頂きました。
下研ぎの状態の事や気付きにくかったコバなど沢山の事を気付かせて頂きまして、とても良い勉強になりました。本当にいつもありがとうございます。この経験を次の下研ぎに活かせれるよう励みます。

川の水位も落ち着いてきまして、本流の高梁川はまだ濁っていますが、工場裏の川は段々と清んできていました。
被害の大きかった場所の出来るだけ早い復旧を願うばかりです。
2018/07/09(Mon) 松水


[ 防災 ]
多大なる被害をもたらした雨はあらかた峠を越えたようですが、未だ救助は続いておりまし。また、避難所で多くの方が不自由に耐えています。少しでも早く日常生活が戻るとよいですね。

新見市の災害対策は残念ながら全く0点の様です。
防災マップの避難場所がまるで機能しておりません。
各地での悲惨な災害を人ごととしか考えてないのですね。

今朝はご近所のおばあちゃんが96歳の天寿を全う。お葬式でお見送りして来ました。

帰宅してから横浜に持って行く着替えなんかの私物を荷造り。ホテルに送ります。
そして、「山金」でビールとラーメン🍜。ご機嫌です。


ここから佑水
雨もある程度治まってきて、川の水位も下がってきています。夜には警報から注意報にも変わっていました。
ニュースで各地の被害を見るたびに、胸が痛むとともに早く元通りに戻る事を祈っております。

日曜日ですのでゆっくりと過ごし、少し早い時間から一杯飲み始めました。
2018/07/08(Sun) 松水


[ 雨上る・・・ ]
 午後になって岡山県北部の降雨はやっと一段落。
何十年ぶりかで見る大洪水に、朝一番で市内巡回。
当工場の周辺地域ではかろうじて、甚大な被害を出す僅か手前で雨が上がったようです。
一時間ほど離れた場所での堤防決壊やら、アルミ工場の爆破は際に伴う巻き添え民家火災などテレビの画面には悲惨な被害地の状況が映し出されております。
行きつけの中華料理屋が床下浸水したかもしれません。
あちこちで道路が冠水しているのは、農業用側溝が溢れたり山からの水が溢れたりしたため。
もう50cmから1メートル河川の水位が上がっていたら、市内中心部のかなりの世帯が浸水していたでしょう。本当にギリギリでした。

ヤマト便も佐川も止まっていて、鉄道も県内全線運休、高速道路全域閉鎖。国道、県道も各所で通行止め。

横浜島屋に催事商品を発送する日ですが、荷造りだけで発送は明日か、最悪明後日。

娘達が準備してくれているので、私はお昼までチョコっとだけ手伝って本日終了。
はあ、朝から眠い眠い・・!


ここから佑水
本当に凄い雨でした。
昨夜まで激しい雨が続きまして工場裏の川は濁流が見たこともない高さまできていました。
今朝は普通の雨に変わっていまして、幸いにも午後からは上がりました。
工場裏の川も徐々に水位が下がり始めましたが、真夜中にはまた雨の予報が出ていますので、まだ気を付けなければなりません。
2018/07/07(Sat) 松水


[ ボンヤリ・・ ]
今日も朝寝坊。九時過ぎに一旦起床して居間に降りたのだか、クラクラしているので、再びベッドに。
約一時間後に今度はちゃんとしているつもりで、朝ご飯と歯磨き。でも何だかんだ宜しく無い。

横浜準備品の下拵えに一区切りついた佑水くんに電話して、午後からの必須の仕事を指示。
倉庫で私がやるべき荷出しだけは片付けましたが、やはり目蓋が重い。お年頃のせいにしておきます。

午後から工場作業は休んだものの、そのまま昼間から飲んだくれてゴロゴロしているのも如何なものかと至極当然の考えが思い浮かべい、工場作業の日には出来ない仕事に振り当てました。

先ずは金融機関廻りから。海外から送金の有ったペイパル受け取り分を信用金庫の私の口座から中国銀行の会社の当座に運びます。
ついでにガソリンスタンドに立ち寄って燃料を満タンに。

台風が通り過ぎるとたちまち暑い夏が来るでしょうから、休憩時間用のスタミナドリンク剤を買いにドラッグストアーに。
ついでに自分のサプリ等も購入。

そして帰宅してからが大仕事。
アトランタショーの前から大問題だったJALのホームページの変更に伴うトラブルの解消。
これは電話での話ですが、まあまあ諸問題が山積しておりまして、電話のオペレーターの方にもお気の毒とは思いながら二時間足らずを費やして、やっと少し方向性が見えてきました。
気が付けば五時前。有効に使えた半日でした。

数十年に一度の豪雨。新見市には全域で全国に先駆けて3万住民全員に避難指示が出されました。

我が家や工場はかなり被害を受けにくい立地ですが、旦松さんの家は山崩れ、佑水君の家は河川の増水被害の心配な場所です。

真っ先に、市役所に連絡して避難場所を問い合わせたところ、新見市が用意した避難所はたった2ヶ所、しかも低地で増水の被害の危険度が非常に高いと思われる場所。
二ヶ所とも、まさしく目の前の全国放送のNHKニュースで危険水域を超える増水の模様が映し出されている河川の真横。
「その場所はまるで川沿いの低地で河川の増水浸水が早いですよね?市の案内の避難地図に載っているより高地の高校やどこそこは?」
「二階は少し高いので大丈夫だと思います。」
「しかし、増水の際は避難に使った車は駐車場で真っ先に浸水しますよね?」
「・・・・」
「災害マップに載っている他の避難場所は未だ関係先との連絡が取れていないので準備できていません。」電話に出た公務員のせいでは決してありませんが、何ともお粗末な事。
取り敢えず旦松さんと佑水君に電話して「明日の仕事の事は考える必要は無いから、家族の身を護るように。」

旦松さんは身近で一番安全と思われる場所に直ぐに避難しました。素直だね。

市の防災マップ、アナウンスに従うのもお好きにどうぞ。
東北の震災では自治体の実態にそぐわない避難方法に従って、沢山の人命が失われた事は誰もが知っているつい最近の事実。

それから1時間経ってやっと様々な避難所が有線放送で案内されている現状です。
被害の無い事を願うばかりです。
2018/07/06(Fri) 松水


[ 尻に火! ]
いつも通り、ポヤポヤと朝寝坊を楽しんでおりました。

ふと気づくと、横浜の催事に持っていく庖丁の研ぎ仕上げのタイムリミット。
起き出して、朝のお茶🍵の時間に何とか工場出勤。

出勤したからには研いで研いで。例の呪文をぶつぶつ唱えながらの作業。これ凄く重要な事を再認識。

お昼休みには、あんなに朝寝坊したのに、グッタリ昼寝。
午後からも研いで研いで、午前中の仕上がり分と合わせて30丁。

今日は朝から豪雨が降り続く一日。夕方には研ぎ作業場は寒いくらい。
市内の河川はどこも水量が凄まじく、濁流が激しく波うっております。
昨年、九州北部が豪雨で甚大な災害を被った週周りです。周辺でも軒並み警報が出ております。
危険な場所に近づかないよう用心用心。



ここから佑水
今朝は三尺からです。
横浜用の包丁の最低数を研ぎ終えましたら平回しへ。
お昼前ぐらいから段々と雨が強くなってきていましたので、大事を取ってお昼休みは自転車ではなく会社の車をお借りしました。
お昼休みから戻りますと、いよいよ大雨となり倉庫の屋根に叩きつける雨音がスゴく大きくて恐ろしいぐらいでした。
平回しも夕方までには全て当て終えることが出来ましたので、また三尺へ。
次は横浜用の鎌類の研ぎを進めていったのでした。
帰りに工場裏の川を見ますと、濁流が見たこともないような勢いで流れておりました。
夜になって雨は少し治まってきました。このまま落ち着いてくれることを願います。
2018/07/05(Thr) 松水


[ 停滞 ]
今日は工場作業は停滞の1日。台風並みです。

午後から映画🎞ビリー・ザ・キッドをゆっくりして観ております。
1973年の西部劇。
クリス・クリストファーソン、ジェームズ・コバーン、それにボブ・ディランも映画初出演。劇中の音楽はもちろんボブ・ディランのオリジナルばかり。
アメリカの時代が変わる時期の無法者達の生き様がリマスター版で哀しく儚く繰り広げられております。




旦松です。
午前中は、工場長と焼き入れの済んだ包丁や小刀等の歪みを取りました。

朝の休憩のあと、ご指示を頂いた包丁を鍛造させていただきました。

お昼ご飯から戻り。
引き続き鍛造させていただきました。

夕方5時少し前に何とか終わることが出来ました。

焼鈍から戻って、削るのは僕なので、仕上がりが楽しみです。

毎日勉強。汗をかきましたので、着替えのTシャツは欠かせません。

明日の仕事も丁寧で見落としの無い仕事に励みたいと思います。
お疲れ様でした。


ここから佑水
今朝は旦松先輩に油を拭き取っていただいて焼戻しの済んだ刃物の歪み取りをしました。
歪み取りも10時過ぎに終わりまして、休憩を取らせて頂いた後は早速三尺に掛かって行きました。

台風の影響でしょうか、わりと涼しい風が吹いて研ぎ物をしていますとちょうど良い感じです。
午後も三尺にかかって、ある程度まとまった数が研げたら平回しへ移動。
そしてひたすら下研ぎに没頭していったのでした。

2018/07/04(Wed) 松水


[ 火造り ]
久々の感熟睡!朝、六時半起床。台風の影響で雨模様のぐずついた空模様。

朝の仕度と朝食を済ませて工場に出勤したのは八時前。旦松さんが炉の火を熾してくれております。
ずっと念願だった清流小刀をまとめて火造り。午前中は身おろし(小)6丁以外は、ささの刃(小)を地切ってあとは一直線にお昼まで清流小型の各サイズを自由鍛造。
グラインダーでの粗削りでサイズが決まります。

湿度が異常に高いので汗ビッショリにはなるとも、扇風機をつけると寒いくらいの気温。

午後からも火造り続行。単純な作業を予測してヒラメ打ち。ヒラメ打ちは鍛造回数三回を想定しておけば、特に三回目を丁寧に叩く以外に、現在の技術では考える余地はありませんから、簡単な作業、と思いきや、最近火造りから遠ざかり、尚且つ自分で下打ちから丁寧に叩いた品の丁寧さを探求する日々だったので忘れておりました。

下打ちの、特に最初の段階が丁寧さを欠いて鍛造された品のヒラメはちょっと苦労なのです。

何が苦労かと云うと、刃先や背中切っ先、ありとあらゆる箇所に地金のステンレスが針金状に補足薄くなって浮き上がってきます。これを丁寧にペンチで一本ずつ取り除いていかないと、次の仕上げ作業でハンマーヘッド、金敷きに傷をつけてしまいます。
そうするとその傷跡が製品の肌に小鳥の足跡のごとき線状の文様を刻みこんでしまいます。

最後の仕上鍛造の前に金敷きとヘッドの交換の手間が余分に掛かるのは何百回も痛い思いをして体験しておりますから、線状の端切れを見つけるたびにメガネをはずして良く見ながらペンチでこまめに取り除いていきます。面倒この上ない作業ですが、次の段階での更なる面倒や製品の不具合を起こさないためには目を凝らし気を使い作業することが大事。
今日もヒラメる金敷きに大きな傷が入り、製品の肌にガチャガチャです。しかし、この段階での傷は仕上げで完全にクリアー出来ます。ここで見過ごすと後々まで大変な手間です。
このペンチワークが今日一番身体に堪えました。

こんな余分な手間を掛けないで良いような下打ちを気の緩み無く、日常の全てに高い意識を持って心掛けたいものです。

五時10分前までに予定していた仕事は終了。
台風のお蔭で予想外に仕事が出来た夏の始めの一日でした。
ふー草臥れた!




旦松です。
下打ちの丁寧さが足らなくて、ご迷惑をお掛して申し訳ありませんでした。

以後は、より注意して打たせて頂きます。

本日は材料を藤原さんにお願いする様に準備したり、次の焼き入れの準備を続けました。

注意、確認をさらに徹底するように努力したいと思います。
お疲れ様でした。


ここから佑水
今日は高校生の長女が修学旅行で東京へ向かう日です。無理を聞いて頂きまして今朝は少し遅刻をしまして、長女を予定の時刻に集合場所へ送ってきました。ありがとうございました。

工場に着いて直ぐに三尺に掛かりまして、横浜用の品物を研いでいきました。
お昼前から平回しへ、半分ほどは大物がありましたので時間がかかりましたが、夕方にはすべてを当て終えることができました。
明日は焼戻しの済んだ刃物の歪を取ってから、横浜用の品物を研ぎ進めていきます。

台風が近くに来ているような風が夜になって吹いています。
明日も涼しいとありがたいですね。




2018/07/03(Tue) 松水


[ あれ、扇風機消したかなぁ? ]
仕事を終えて帰宅した風呂で🛀大きな息を吐きながら。呆け呆けもあからさま。

朝、七時には目を覚ましても起床に至らず。

起床したのは10時半。取り敢えず工場に電話して、午後からの焼入れの段取りを話してから朝の拵えと朝ご飯。
それにしても、まぁ、蒸暑い!

これで夕方四時前まで焼入れ炉の前では堪らないな!
トイレで気がついてみるとまだお昼前。
もう一度工場に電話、「直ぐに行くから炉に点火して。」

自転車に乗って工場出勤。

お昼前に準備を開始して、午後一時丁度に焼入れ開始。いやはや暑い😵のなんの‼
汗💦ダクダクで三時前に作業終了。

ゆっくり過ごすお茶の時間は流石に三人でグッタリ。
五時の終了定時までに研ぎ仕上げ十丁は扇風機を回しても汗が💦流れてきます。
隣で手持ち砥石の面直しをしてくれる旦松さんは最初は驚いた様子。
そうです、例のぶつぶつ手順確認をつぶやきながら研ぎ仕上げは矢張り順調。佑水くんがたまに下研ぎの弱味を見せるホネスキ二丁目では、予想していた一箇所で多少は手こずりましたが、最後には予定通り帳尻を合わせて本日終了。

暑い☀のなんの、風呂上がりにはビール復活です。



旦松です。
焼き入れも無事に終わり、砥石の面直しをさせていただき、定時で上がらせていただきました。

お疲れ様でした。


ここから佑水
昨日は家の一室の片付けと大掃除をしました。
大汗をかいたあと冷えたビールをがぶ飲みしていましたら、夕食後にはバタンキューでした。

そして本日。
曇ってはいましたが、朝から蒸し暑い一日でした。
まずは三尺での研ぎから始めまして、数丁ですが研げたところで平回しへ。
そして必要な品物をあてましたらもう一度三尺へ戻りました。

午後からは焼入れです。
大汗をかきましたが、師匠のお計らいのもと二時間ほどで終わることができまして、休憩の後はまた三尺に戻ったのでした。

昨日からセミの鳴き声が聞こえてくるようになりました。
夏を演出するには最高です。そろそろ中国地方も梅雨があけそうです。
2018/07/02(Mon) 松水


[ グッタリ、ぐっすり。 ]
朝、八時前迄ぐっすりと眠っても疲れが抜け無い。グズグズと11時迄ベッドに居座り続けました。
起き出したのは、神奈川県の娘に送る荷物を持って来た旦松さんの車のエンジン音。妻達は近所に買い物に出掛けたスキ。

起きたら月も代わり、振り込みやらカード請求やらが揃ってきた、アトランタショーの売上と経費の精算事務。
ドル円の実際のレートが確定しない事を言い訳に、ズルズルと先延ばし延ばしにしておりました。

終わった後、妻に「山金」ラーメン🍜まで車で送って貰い、ワカメラーメンでビールを1本。

帰宅してから課題のメールの下書。詳細はまた後日お知らせしますが、難しい用語と重要な内容。辞書を幾つも比べながら、読み直し読み直しして基本の英文が完成。
今日はこれで仕事おしまい。

気がついてみるともう7月。夏本番ですね。
2018/07/01(Sun) 松水




My Diary Version 1.21
[ 管理者:鍛冶や方丈記 著作:じゃわ 画像:牛飼い ]