>> 2017/07

[ 朝寝坊! ]
 昨夜は久しぶりに12時過ぎまで夜更かし。
家族と話したり、溜まっていたテレビ番組の録画を楽しんだり。ワインもノルウェーのお土産をいつもよりグラス2杯分ほど余分に飲み乾しました。美味しくて愉しい夜更かしでした。

目が覚めたら九時前。大音量の八時のチャイムは夢うつつの極楽気分で聞いておりました。


ご注文や確認のメール、メッセージが幾つか届いております。
全部に返信して「Have a good Sunday!」で締めくくります。

お昼前に、最近、日曜ごとに恒例の「あるれ」でのサンドウィッチとコーヒーの朝食兼用の昼食を今日も妻と二人で。

今日は「さっぽろ 東急」出張に備えて、スーツケースに着替えや薬、パジャマに洗面用具、折り畳み傘。私物を準備。



FBが最近放りっぱなしなので、友達申請が何週間分も溜まっております。
全部で70件足らず。
この際ですから整理していきます。

先ずは出身国など基本データーをテェック。これがよく分からない人も中には居ます。
今回はイタリアからの友達申請がずば抜けて多いですね。先月までの数か月はブラジル、アルゼンチン、チリと南米が圧倒的でしたが、こちらはやや鎮静。


友達申請を承認しないと見れないケースもありますが、これはエチケット上失礼な話ですから即座に削除。
それから、共通の友達を眺めて、何故友達申請してきたかと云う手掛かりをつかみます。
ブレードショーに出展している日本人メーカー数人からのルートが結構ありますね。

面倒ですが、一人づつ、タイムラインへの投稿を見れる範囲で確認。明らかに販売目的のFB利用、銃や暴力的な投稿の目立つ人、あきらかに変な人。数人ですがこれらは削除。

一時間少々で全て処置いたしました。

そして、今日の最後の任務は、昨日柄付け出来た商品の仕分け。

間違いが無いように、表と首っ引きで、パリでお渡しする注文品、札幌に持って行く商品を仕分け。

今日も暑い熱い一日で砥石工場兼倉庫はサウナの様に茹だっております。
まあ、これだけ終えたらお風呂ですから、汗をかくのは平気です。

仕事の終わりに、庭の片隅の茗荷の生えている辺り、草と蜘蛛の巣かき分けて覗いてみると、茗荷の白い花が沢山咲いておりますよ!
早速収穫。

これでまた素麺や冷奴が一層美味しく料理してもらえます。

2017/08/20(Sun) 松水


[ 週末! ]
 休み明け、三日働いて週末、理想の労働パターンです。

昨日から昼間はギンギンの太陽が照りつけて、暑いこと熱い事!
目の前の道路の舗装をきれいにしてくれている土建屋の皆さん、交通整理の方々、まともに太陽を浴びて、下からは熱い舗装材料、オマケに火を使っての作業、凄まじくシンドイですよ!我々が気持ち良く道路を使うために頑張ってくれて有難う!

目の前の県の施設で取り壊しの作業が始まりました。こちらも大変ですよ、熱と埃と。みんなそれぞれの分野で頑張ってんだよな。

さて、午後から久しぶりにグラインダーひと筋。

パリに行っている間に守屋さんにハンドルとsheathを造って貰うブレードの焼き入れ準備。

午後の休憩後に全部やり終えて、倅が削った小刀の手直しは大して手を掛けるほどではありません。良く出来ております。

削っている途中で、地金とハガネの剥がれなどが見つかった庖丁類を調整していたら五時前。

土曜日は全員残業禁止、定時帰宅日。
旦松さんには定時の30分前から、掃除に片付け、月曜日のゴミ出しの準備をお願いして、15分前には佑水君にも作業停止命令。

私が出来る戸締りやなんかを5時5分前から開始して、まあ、ほぼ定時退社になった事と思います。

工場作業は三勤務一休ぐらいがこの年だと丁度良いペースかな。

1昨日、ノルウェーの取引先の若旦那とガールフレンド、先月はオーナーのマイケル親父が訪問。
沢山のTシャツ、チョコレート、それに私の大好物の白ワインを二本も、ノルウェーが誇るムンクのトートバックに入れてプレゼントして頂きました。
その白ワインがそろそろキンキンに冷える頃。頂きます!



ここから佑水
今週は三日間の仕事でしたが、家族も全員なんだか疲れているように見えましたので、今夜は久しぶりにお好み焼きを食べに行きました。
自分はスペシャルにニンニクとチーズを入れてもらい、お腹もイッパイになって大満足です。
そしてお店の店主からよかったらどうぞと美味しい桃もご馳走になってしまいました。
お陰様でぐっすり眠れそうです。

本日も三尺から研ぎ始めまして、午後からは平回しへ。
平回しでは修理の品物も3丁研ぎました。

本日は定時に終わらせて頂きましてありがとうございました。
帰り道の御殿町センターという建物の広場で小さなお祭りの準備をしていました。
そのご近所の方々は夏の最後のお祭りを楽しまれるのでしょうね。

2017/08/19(Sat) 松水


[ 訃報 ]
 午後遅く、工場で電話に出ると「武田さんはいらっしゃいますか?」てっきり何かのセールスと当然のごとく思い、「私ですが。」
会社の名前が聞き取れなかったのですが、「・・・の横坂と云います。」
「はっ?」
「ホームページの作成の時なんかにお手伝いさせて頂いた・・」
そこでやっと思い当りましたが、あきらかに声が別人。もう想像はできます。

「息子さんか?お父さん如何したの?」
「昨日、亡くなりました。」
嗚呼、無常!
「やはり癌か?」
「父も随分頑張ったのですが。」
かける言葉が探せません。

「ワザワザ大変な中お知らせ頂いて、本当に有難うございます。ご冥福を心よりお祈りいたします。あなたもご家族の皆さんもさぞや・・・どうぞ宜しくお伝えください。」泣き声になるのをのを我慢して、それだけ言うのが精いっぱい。

横坂さんは鍛冶屋方丈記の生みの親、育ての親。
15年ほど前から付き合いが始まり、このホームページを立ち上げたり英語版の基礎を作って貰ったり。
東京に一足しには飲んで酔っ払ってバカ騒ぎを繰り返したものです。

ケンカもして、一時は絶交しておりました。

3−4年前、新宿伊勢丹の催事に行くのをきっかけに連絡を取って、再び食事を共にした際、「オレな、大腸がんで手術したんだよ。」
「でも、酒飲んでそれだけ食ってるってことは、術後は安定してるんだな?」
「ああ、もう大丈夫。」

新宿で2年続けて食事を共にしました。

超一流のカメラマン、「光物」を撮らせたら日本の第一人者。
ヴェトナムで従軍カメラマンも経験し、28歳の時には超一流女性月刊誌の表紙裏に掲載する写真を撮っていた、金箔付きの一流カメラマン。

東京で料亭のお坊ちゃまに産れ、庖丁には人一倍の造詣を持っておりましたが、うちの庖丁の大ファン。自宅用だけでなく、しばしば贈り物にも買ってくれました。

一昨年の渋谷に、贈り物にする庖丁を買いがてら顔を見に来てくれて以来、サッパリ姿が見えないので、昨年の秋ごろから気にはなっておりました。

また、酔っぱらって馬鹿話に興じる友人をひとり失いました。
バイバイ横さん、さよなら僕の友達。




旦松です。
横坂さんのご冥福を心からお祈りいたします。

暑さの続く岡山の新見。
工場は包丁づくりに熱気が上がります。

僕は、焼き入れの準備を続けさせていただいてます。

明日も引き続き焼き入れの準備を続けます。

今夜は、親方のおかげで、娘や孫たちと親方の家族で食事をいただきました。ごちそうさまでした。

四国のお土産も沢山頂戴して、娘や孫も大変喜んでおります。ありがとうございました。


ここから佑水
私も十年以上前になりますが、故人とは東京出張のおり師匠と共に食事をご一緒させて頂いたことがあります。その時に拝見させていただいた写真集はそれはそれは素晴らしかったことを思い出します。
横坂様のご冥福を心よりお祈り致しております。

今朝は三尺から始めました。
厚刃物を中心に研ぎすすめて午後からは平回しへ。

工場の向かえにある旧新見保険所の解体工事が数日前より始まり、さらに工場前の道路の補修工事も時を同じくして始まりまして、工場の前の通りは日中すごく賑やかです。

午後の休憩の後、急ぎの修理の下研ぎを3丁そしてそれまでに三尺で研いだ包丁全てを当て終えましたら、外は日が暮れて涼しくなっておりました。

日が暮れる時間も知らず知らずのうちに早くなり、帰り道に蛍光タスキをかけて帰りました。
秋の深まりと共に蛍光タスキを使う頻度も増えてくるでしょう。

2017/08/18(Fri) 松水


[ 追悼 ]
 佑水君のお兄ちゃんと同級生の岩田君とは、20年も前に「徳島そごう」に何回か行った時に、佑水君つながりの松浦君やお兄ちゃん達と仕事を終えてから毎日のように遊んでおりました。

 岩田君が徳島で餃子屋を始めたと佑水君から聞き、一度はお土産にその餃子頂いて味わいました。
「お聞き及びとは思いますが、徳島で『餃子屋』を始めました。いずれ、親方の造った中華庖丁を購入したいと思います。」と云うメールを貰っておりました。

その、岩田君の訃報を今日の午後に佑水君から伝えられました。

一緒に飲んで遊んでいる時、私がまだ海外とのつながりを持つ前の事、何かを飲んで、「Not my type」 と云った時に、「味覚の場合は not my taste の方が良いですよ。」と岩田君が教えてくれました。
「何を生意気な!」と年齢の差で反動的に思いつつも、「うん、これ洒落てるな。」
と思い直して、それ以降は今に至るまで使っております。
使うたびに岩田君の事を思い浮かべて苦笑い。

50歳ににも満たない年齢での突然の死は早すぎます。されど人それぞれの寿命を岩田君は活き尽くしたのでしょう。

心よりご冥福をお祈りいたします。
「It's my taste」を使うたびにこれからも君の事を想うよ。さよなら僕の友達。


旦松です。
夏休みありがとうございました。

今日から工場での仕事が始まりました。

工場長からお友達の無くなったことを聞きました。
こころから、ご冥福をお祈りいたします。

親方はじめ工場長からもお土産を頂きました。ありがとうございました。珍しいものや好物ばかりで、嬉しいです。

明日も工場で励みたいと思います。


ここから佑水
友人への追悼のお言葉ありがとうございます。
若くして遠くへ旅立った彼も、こうして師匠を始め皆様の記憶の中では永遠に生き続けていると思うと、わたくしの気持ちも安らぎます。ありがとうございました。

元は兄貴の友人だった彼ですが、彼が高校を卒業後アメリカのシアトルに何年間か留学しておりました。
そして徳島へ帰ってきてからは、悪友として一緒に遊んだ様々な思い出もあります。
それから彼は台湾へ行き料理修行を始めたのですが、その間に私は武田刃物へ弟子入りしました。
そして数年前から餃子屋を始め、お店も移転して数年がたち、ようやく軌道に乗ってきた矢先でした。
このお盆休みも彼の餃子屋へ行くのを楽しみにしておりましたが、病院へお見舞いに行った時には、もうすでにほとんど手遅れの状態でした。
このようなかたちでお別れするのはとても淋しいのですが、これも運命なのでしょう....
ほんとうに故人のご冥福を心よりお祈り致しております。
さようなら岩田君。


2017/08/17(Thr) 松水


[ お盆の終わり・・ ]
 今日で夏休みも最終日。
有難い事に、仏様のご供養、親戚づきあい、温泉、それに充実した仕事、朝寝も存分に楽しんで中々素敵な夏休みです。

六月以降、有難い事に良く眠れます。

昨夜も10時を少し過ぎた頃就寝して、夜中に一度トイレ、目が覚めたのは八時前です。
やはりベットでダラダラと過ごしてから、八時半には起床。

今日も、先日来メールのやり取りをしていたお客様から電話でご注文を頂きました。
フランス在住のお友達に頼まれたとの事、面倒な取次ぎをしていただき誠に有難い事です。

朝ご飯を頂いてから、信用金庫へ出かけました。先月分のペイパルで頂いた入金を中国銀行の会社の当座に入金するため。

来週から来月の後半まではずっと忙しい予定が立込んでいるので、来月の資金処理が円滑にできるようにその下ごしらえも見当を付けておきました。

事務処理に少し時間の掛かる要件なので、待つ間は応接室で次長と世間話。
帰宅すると丁度お昼です。

昼寝してから「夏休みの宿題」これが中々難しい。
経済産業省の方に三日続きの電話で、丁寧に事務手続きのやり方を教えて頂きました。

それから、「山謙木工所」の社長の携帯に、夏休み中に申し訳ないなと思いながらも電話。
「夏休みの宿題」についてご意見やら情報を頂きました。

また、この数か月、課題になっている一部の柄の製造上の問題についても、原因と対策の目途が付きました。何でも率直に訊き話を拝聴するのが一番ですね。

 お参りに来てくれた、昔馴染みのオバチャマと長話。気が付いたら四時になっておりました。いつもお参り頂いて有難うね。

砥石工場で「さっぽろ東急」用の荷出しの最終仕上げをしていたらいつの間にか五時はとっくに過ぎております。
気に掛けて覗いた次女と、この件やら、休み中に仕分した商品の件やら、ご注文頂いて明日、明後日には発送する商品の件やらついでに説明して帰宅。

メールやメッセージで問い合わせやご注文を新規に頂いた数件の返信を済ませて、本日終了。

さて、お風呂で汗を流して、一杯やったら明日から工場復帰です!



ここから佑水
長いお盆のお休み誠にありがとうございました。
お陰さまで、後半の三日間は古里へ帰省も出来ました。

父親は透析のカテーテルの手術を控えておりましたが、これは今の医療ではあまり難しくはなさそうでした。

お見舞いにいった友人は、もうすでに危篤に陥っていました。
残念ですが、最後のお別れをして帰りました。
親しかった友人が、こうした出来事になるのはこの年になって初めてでしたので、気持ちが動転しておりまして、相談に乗って頂きました師匠には大きなご心配をおかけしてしまいました。申し訳ございませんでした。そしてありがとうございました。


今日の夜に新見へ帰ってきますと、一雨きまして涼しい夜にむかえてもらえました。
明日からは工場で励みます。
2017/08/16(Wed) 松水


[ 帰省中 ]
佑水です。
お盆のお休みで、長女と二人で徳島に帰省しております。
身内や友人の入院のお見舞い、それに仏様のお参りで忙しい帰省です。
夜は友人と少し飲む予定もありバタバタしています。



「お参り」
三日続くお参りも今日が最終日。
母方の実家は車で40分ほどの山間部。
昨年の11月に亡くなった伯母の初盆です。

昔は座敷に入りきらないほど賑やかだった8月15日の恒例行事も、世代交代で今は本当に実家の家族、姉弟と、大阪の叔父、岡山の従姉母娘だけです。
そうは云っても総勢十五名ですから、実家のみなさんはお昼の宴会の準備がさぞ大変でしょう。

私はお茶を頂きながら、みんなと賑やかに昔話や近況、それに先々の事など四方山話に次々と花が咲いて楽しい時間です。
特に、叔父と東京の従兄は会社経営者ですから、私など足元にも及びませんが、共通の話題や共感できる点、また勉強になる事も沢山あります。

昨日からの雨が、お墓参りの最中だけきれいに晴れて、有難い事。

帰路は電車で大阪に帰る叔父を送って高梁駅経由。積年の大恩ありまた尊敬する叔父へセメテモノ恩返しの孝行と思っているのですが、今日も下り掛けに小遣いを頂いてしまいました。有難うございます!


さて、今朝も目が覚めてから1時間近くベットでグダグダと過ごしてやっと起床。

メールを開いてみると仕事の要件が幾つも有り嬉しい悲鳴。また電話での問い合わせも、丁度都合よくその時間に頂きました。

その後、昨日問い合わせた経産省のHPから書類を確認。
幾つか分からない点があるので、ご迷惑と思いながらももう一度電話。
今日も丁寧に対応して下さったのですが、やはり面倒な事務処理が度々必要な様子。
「何とか少しでも手間を減らす工夫の余地はありませんか?」と具体的な要件を訪ねたところ「私より詳しい担当者からご説明したいのですが、あいにくと、今全員手が塞がっていて・・。」
私もそろそろ母方の実家に出掛ける時間でしたので、明日お電話するに際しての最適な時間帯などお伺いして、今日はここまで。

帰宅すると五時前。
何しろ休暇中ですから、倉庫での仕事は今日は止めて、ひと風呂浴びたらご機嫌に一杯やりますか。

昨夜来の豪雨で、川は久しぶりに見る濁流になっております。収穫をまじかにひかえた稲などに被害が出なければ良いのですが。
今日も涼しい夜が過ごせそうです。


2017/08/15(Tue) 佑水


[ まだまだ夏休み! ]
 朝早くには目が覚めたのですが、涼しいので、八時過ぎまでベットで、ゴロゴロ、ポヤポヤしておりました。

当工場や世間の多くはいまだお盆休みの最中ですが、世間的には普通に月曜日。

従って、朝一番にはやはりお仕事。
PCでのメールのやり取りやら電話での交渉事で10時前まで。
先送りにしていた課題の一つに足掛かりができました。

信用金庫から電話、「お休みのところ申し訳ありませんが、社長の口座の引落のお金が足りません。」
そうですそうです!一昨日、気が付いていたのです、「月曜日の朝一番に行けばいいや。」と思っておりましたが、前述のお仕事に予定外に時間を取られて忘れておりました。
即刻、入金に行くと、世間ではみなさん働いておりますね。
そりゃそうでしょう、特にこんな時代ですから。


父親の実家に家族揃ってお参りに。帰宅したら午後一時。
取り敢えずひと休み。

そして、一杯やるにはまだ時間が早いので、倉庫で昨日の続き。

休み前に研ぎ上がり、柄付けも出来た沢山の庖丁をまずは「さっぽろ東急」の催事に持って行く品、そして、既にご注文を頂いている「パリショー」分の品、ディーラーからのご注文品に仕分していきます。

一時間半ほど掛かって完了。

「さっぽろ東急」の催事用の荷出しは、小刀の選別やら、砥石の選別、そして、手ぬぐいやステッカー、出来上がったばかりのトートバックなど、「江口寿史画、加藤デザイン事務所製作」の販売用オリジナルグッズ、用品の確認。
これも結構厄介なので、明日と明後日少しづつやりたいと思っております。

朝酒、昼酒が合わなくなった体質のお蔭でスッカリ仕事人間です。

父ちゃんまだまだ稼がないとね!
2017/08/14(Mon) 松水


[ 冒険旅行 ]
 妻と次女と3人で、金曜日、土曜日の1泊二日で、愛媛県は松山、「道後温泉」を楽しんで来ました。

高速道路でも、一般道でも片道4-5時間のドライブです。
本当はもう1泊か2泊したいところですが、ニャンちゃん達が心配ですし、今日から三日間はお墓参りをあちらこちら。

仏様方と、実家の叔父伯母従姉妹になどにご挨拶。

道後のお湯は気持ち良かった!ドライブも「しまなみ海道」の風光明媚な瀬戸内の島々と海を楽しいで最高でした!

帰宅すると方々からに頂き物が届いております。

また、メールで沢山のご注文を頂いております。こちらは休みが明けてからの対応。

他にも仕事を思い出させる電話が寝る前に入り、リラックスできる休み中でも意識が仕事モードに向おうとします。

まあ、できるだけのんびりとやります。

さて、墓掃除は10日に仕事を終えた夕方、娘とあらかた終わらしております。


午前中に、妻と掃除した墓にお花屋お供えのお菓子、小さい缶ビールなど買ってお参り。

遅めの朝昼兼用のご飯を「あるれ」で。

その後、実の姉の霊前にお参り。こちらは育ちざかりの幼い孫が3人居て、賑やかな事。

昨日は全部先延ばしにしたメールの返信やら、電話連絡やらを済ませてひと休み。


ここから佑水
連休中お疲れ様でした。
わたくしは今日は用事で倉敷まで行ってきました。
岡山県の高校生の吹奏楽コンクールが倉敷の市民会館で催されていて、長女の所属する新見高校の吹奏楽部が出場するので、その演奏を聴きてきました。

出演の予定時刻は午後1時過ぎ。それに間に合うようにバイクの用意をして出かけました。
家を出て、何時もなら数分で到着する大きなスーパーまでが渋滞で動きません。
この時期オートバイは渋滞で止まっているとエンジンからの熱、道路からの照り返し、そして車からの熱でヘルメットの中は蒸し風呂状態になります。
倉敷までの道のりもノロノロでしたが、どうにか会館に到着しました。
曲間に会場に入ると新見吹奏楽部の演奏でして、ギリギリ間に合いました。
そしてしばらく会場で演奏を聴いて汗が引いたら帰路につきました。

新見に近づくに連れ、日も陰り徐々に涼しくなっていくのを肌で感じました。
熱中症にならずに済んでよかったです。

娘の部活の結果は銅賞。残念でしたが皆よく頑張っていました。
長女は明日から短い夏休みです。

2017/08/13(Sun) 松水


[ 連休二日目 ]
佑水です。
妻と次女は帰省中、そして長女は高校の部活動で朝から登校、家に残されたわたくしは、朝酒を飲んで今日ものんびりと過ごしました。

先日は山の日ということもあって、昨日からテレビでアルプスの少女ハイジの一挙放送していまして、結局最後まで見てしまったのでした。
今度は母を訪ねて三千里が見たくなりますね。
2017/08/12(Sat) 佑水


[ 夏休み ]
佑水です。
待ちに待った夏休みがやってまいりました。
それでも今朝は何時もの時間に起きて天気予報を見てみますと、どうも新見より北の方でははっきりとしないお天気でしたので、朝酒に切り替えることに決めました。

猫のおもちゃで猫と遊び、そしてビールを飲んでからお昼寝。
夕方少し買い物に出掛けましたが、それ以外はのんびりと休日を味わいました。

夜のニュースでは帰省ラッシュのピーク日だそうで、混雑する東京駅が移っていました。
自分は数日後に帰省する予定でおります。
2017/08/11(Fri) 佑水


[ お盆休み! ]
 やった!やっとお休みだ!
 
 朝一番は勿論メールの返信など事務作業。
工場に八時過ぎには出勤して、焼き入れ準備の土付けを佑水君と交代。

超ミニ焼き入れですから、土付けした後、定時の9時15分までに庖丁の手研ぎ仕上げ2丁。

焼入れが終わって朝のお茶の後も手研ぎ。連日、家族総出で柄付け作業です。

お陰様で倉庫は夢のように商品が積み重なっております。
休暇中のどこかでゆっくり時間を作って、「さっぽろ東急」、「パリショー」、ディーラー発送品に仕分します。


今日の仕事は四時半前に切り上げて、娘とお墓の草取り。草が取終わり、娘が石塔を磨き上げる頃にパラパラと雨。

「そろそろお仕舞にしなさい。」と仏様の労いの雨と思い切り上げました。

明日は冒険に出発です!



旦松です。
連休をいただきました。
ありがとうございます。
お疲れ様でした。


ここから佑水
昨夜は疲れ果てていたのか、食後に眠りコケてしまって目が覚めたら明け方でした。
素早くシャワーと歯磨きを済ませてもう一眠りしたのでありました。

昨日はほぼ一日三尺にへばりつきまして、柳刃を中心に研いでいきました。
そして今日はその柳刃の平回しです。
連日仕上げ研ぎにお手間をかけまして申し訳ございません。素早く仕上げて頂けるよう師匠のレスポンスに耳を傾けまして、それに応えるべく励んでいます。

ですが、結果でないまま暦は立秋を過ぎて秋へ。早朝は涼しい日が増えてきたように思います。

楽しい夏休みへ向けて倉庫の片付けをしておりましたら、外のゴミ箱の上の雨樋のあたりに大きな蜂の巣を発見。
蜂さんには悪いのですが刺されてはたまらないので、駆除させて頂きました。

そしてバルサンを炊いて倉庫を閉めて帰りました。
理想的な酒浸りの休みが過ごせれば良いのですが、どうなりますか...

2017/08/10(Thr) 松水


[ お笑い ]
 「間違いや勘違いをゼロにするよう努力する」という一文の中で、ギャグとしか思えない誤字。これはもはやもはや名人芸の域ですね!素晴らしくはないけど、凄い!


確認を必ず。
と云うたった一つの事を疎かにしている。それが全てなのですが、まあ、自覚の問題ですから、繰り返し繰り返しどう注意しても自分で意識しない事にはね。
必要を本当に感じたらそうすることでしょう。私はそれまで耐えるだけ。年齢を積み重ねてお勉強させて頂いております。

くれぐれも怪我しない様にだけお気を付けください。


さて、朝からの研ぎも勉強です。
先々週、余りに手が掛かる下研ぎの状態に、「このままこれを進めていては予定の『さっぽろ東急』での催事や出荷、『パリショー』を目前にして前に進めない。」と判断して、一時その後に研いだユニットで催事商品の確保に勤めました。
あにはからんやこれも大変な修行。

そこに一区切りついた昨日から、課題に残したままの「ささの刃」を研いでおりますが、本当にお勉強です。

もう少しましな研ぎの技術を身に付ける良い機会と思いながら、一丁一丁、ひと研ぎ毎に観察し考え試しております。

はかどらない事著しいのですが、それでも粘りに粘って「ささの刃」は研ぎ終えました。

三時のお茶の時間に「バケツをひっくり返したような」雨。一瞬にして止みましたが、カンカン日が照らない一日でしたから、夕方には一挙に25℃に気温が下がり、今夜も過ごし易い夜になりそうです。

何しろ良く眠れるのは有難い!その分よく働けますからね!
2017/08/09(Wed) 松水


[ 意識 ]
 つねに高みを目指して!

朝から手研ぎだけの一日。勿論、工場作業だけの話しです。仕事全般は、目覚めてから眠るまで多岐にわたります。
「今日もお疲れさまでした!」で終わるような人生の過ごし方してないからね。


研ぎの工夫は相変わらず。「仕組み」「システム」?の解明を課題に取り上げました。下研ぎでどのような状態がもたらされるのかを詳細に、目を見張って観察しながら砥石の一回ごとの動きを解明していきます。

想像しながら研ぎ、研ぎながら理論づける。一つだけ確かな事は、研ぎのペースを上げるためには、考える事、観察する事、そして研ぎの往復の回数、手数を増やす事。
肩凝るね。

そんなことで5時過ぎまで粘って、結局、30丁足らず。少しづつポイント、対処法など、庖丁の種類により、また佑水君が下砥ぎしたタイミングによりそれぞれ異なりますが、パターンを類型的にそれぞれ捉え、方法論を部分部分で変えていく、バリエーションが着実に増えております。

必要なのはフォースと志です。良い訳や口先はどうでもいいから。

夏休みまで秒読み。一生懸命やって休みを思う存分楽しむぞ!



旦松です。
明後日の焼き入れに向かって、今日のような間違いや、日々の勘違いを明日こそゼロで終われるように、努力します。

お疲れ様でした。


ここから佑水
本日は平回しから始めました。
徹底的に刃物向き合って、細心の注意を払って研ぎ進めていましたら、えらく時間がかかってしまいました。
時は金なりとは言いますが、普段の倍の時間を費やしてしまいまして申し訳ありませんでした。

台風が過ぎて、開けたシャッターや窓から台風の吹き返しの風が今日は入ってきました。
そうなると体温もスッと下がるような感じになり、緊張した心を落ち着かせてくれました。
自然の風って素晴らしいですね。

そして三尺に移れたのは夕方の5時でした。
研ぐために用意している包丁は柳刃です。
まずは肩慣らしと長さの短い物から始め、最後に備中の守のブレードも一丁研いで片付けにかかりました。
明日は大と特大のサイズの物にかかっていきます。


2017/08/08(Tue) 松水


[ 苦戦 ]
 佑水君と二人、研ぎ仕上げで苦心惨憺しております。
名古屋、横浜の催事に出掛けるまでの絶好調「超高速研ぎ」は今や見る影も無く、もともとが佑水君の下研ぎが「絶好調」で安定しているという前提の元に成り立っておりました。

今日は一日がかりで20丁程をやっと仕上げ研ぎ。「超高速研ぎ」の3分の1、通常の研ぎ仕上げの半分程がやっと。

状態は理解できます。
でも、原因は下研ぎの佑水君は汗と冷や汗をかいて必死で足掻いておりますが、未だ答えを見つけられないようです。

より良い解決法、手研ぎでのカバー方法がまだまだ手探り状態。
従って足踏みが続いておりますが、何、次へのステップだと核心が有ります。
我々はより良い商品造りに心をひとつにしておりますので、今の苦心がいずれ必然だったと思える時が来ます。


困るのは、ボーっとした夏呆け。絶対やってはいけない事、基本を守る事、確認する事と云う常識を忘れたミスです。
特に、誰でも絶対に出来る確認、これを疎かにするというのはミスでは有りません。
よっぽど自分の仕事振りに自信があったとしても、確認は必須です。

まあ、大新聞ですら、校正に校正を重ねても誤字脱字は堪えませんが、自分の書いた記事を読み返す事すらしないというのでは問題外ですね。

何度も何度も繰り返し確認している事を容易に忘れるのは、勿論また教えれば良いだけのことです。

どれだけの時間を、そして教える私の労力を費やして覚えるか、或いは覚えないで同じことの繰り返しを続けるか、原因も、過程も、結果も全て気持ちの持ち様だと分かり切っておりますので、必要なのは教える側の身を絞られるような忍耐だけです。

もちろん、多額の損失やら、多くのスクラップ、無用な追加の手間やらがまとわりつきます。
まあ、如何に仕事が捗らなくても、怪我、過ちさえなければ、ここは親方として私がすべて被害を被ればよい事です。挙句に煩がられたとしてもね。

怪我すると、本人が現実に痛くて辛い思いをします。しない方が良いです。

お盆のお念仏、和尚さんが午後からお参り下さいました。
今年から23歳、ピカピカの副住職が御一緒です。

おばあ様のご縁やら、高校時代のご縁やら、縁が重なって新見で生涯を住職として過ごされる事にご決断されたそうです。

今まで、おひとりで頑張ってこられた黒山住職も、すぐさま安心と云う訳にも行きますまいが、心強い事かと思います。
仏様方も大喜びでしょう。

末永く宜しくお願いいたします。



旦松です。
土曜日には半日お休みをいただき、昨日は日曜日のお休みで、連休の様にしていただけました。ありがとうございました。

肝心な仕事では、毎日のようにご迷惑をおかけして申し訳ありません。



ここから佑水
週が開けていよいよ台風が岡山県に大接近するかと思っていたのですが、朝の天気予報では高知県の南にいて、岡山が台風の目の中に入る可能性はほとんどなくなっていました。
それでも雨は降っていましたので、ポンチョを被って出勤。

今朝は平回しから開始です。
先週の土曜日にあてきれなかった物をあて、それから三尺へ。
少し切りの良いところまでしまして三時の休憩後はもう一度平回しへ移動。

下手くそな下研ぎに自分で自分を罵り、問題のある箇所を凝視してこれかと思う所は何度でも当て直し、今度こそうまくだろうと思っても結果が良くなければ、今まで自分は何をやってたんじゃとまた凹みますが、それでも果敢に立ち向かって答えを探し求めます。

誤字のご指摘ありがとうございました。気がついた箇所は直すことができました。他の書き込みを誤って消してしまわないように操作に気をつけました。

本日も皆様お疲れ様でした。
2017/08/07(Mon) 松水


[ ふぁ〜あ! ]
 少し夜更かしして、少しだけ平日より沢山お酒を呑んで、それでも11時過ぎには眠ったのでしょう。

夢を観る事も覚醒する事も無く熟睡して、目覚めたのは七時前。
チョット極楽気分を味わって、八時前に起床。

PCで一通り用事を片付けてから自転車で「あるれ」。
カンカンの日差しで暑いや!

朝ご飯をサンドウィッチとコーヒー。
おかみさん、マスターと世間話をしておりますと、懐かしい顔馴染が入ってきました。
コーヒーをお代わりして、しばし四方山話。

帰路はお昼前で、真上から日差しが照りつけて凄まじいばかり。取り敢えず、洗面所のシャワーで頭だけ冷やしてひと休み。

少し昼寝してから「ドラッグストアー」で買い物。工場のドリンクの補充などを済ませました。

帰宅して、本日の課題はHDにたまった映画の整理。録画できる時間が随分と短くなっているので、ディスクに落としていきます。
テレビ番組を視ながらゆっくりと片付けますよ。


ここから佑水
今朝は地区の役員が集まって、近くの川原の草刈をしました。
6時集合なのでそれに合わせて早起きをして、暑いコーヒーを一杯飲んでから出かけました。
割合と広範囲ですので、皆様お持ちの草刈機でそれぞれに散って刈始め岩場などは手刈りの方々の役割、女性の方々はペットボトル等のゴミ拾いを。
自分も会社から草刈機を今回もお借り出来ましたので、お陰様で役にたつことが出来ました。ありがとうございました。
一時間ほどで作業は終了。工場に草刈機をお返しに行き、そのまま工場の駐車場と倉庫横の草刈もしてから帰りました。
あまりに大汗をかきましたので、朝湯そして朝ビールを一杯引っ掛けて眠ろうとしましたが、眠りに付けないので映画を見て楽しみました。

原爆関係のアニメ映画は泣けました。

本日も皆様お疲れ様でした。
2017/08/06(Sun) 松水


[ お祭りの夜 ]
 私が大学に入った年から始まった「新見ふるさと祭り」です。

若い頃の元気も無く、子供達ももはや大きくなりましたので、暑い夏の夜をお祭りに出掛ける事がなくなって大分歳月が経ちました。

近頃ではケーブルテレビで視しったこをが元気に踊っている姿を、涼しい自宅で楽しんでおります。


台風の影響でしょうか、久し振りに寝苦しい夜で、窓を閉ざして、午前三時までの冷房を27,5℃で背として眠りました。明け方からモヤモヤ蒸し暑くなり、目が覚めたら午前6時過ぎ。
「後一時間眠れるな。」と眠りについたのですが、長々と嫌な夢を観ました。
目覚めたら七時半前。二度寝が随分と長いのは週末で疲れが溜まってるんですね。

工場に出勤して、多忙な家族の仕事の段取りを鑑みて、歪取りの出し方、拭き方を久しぶりに旦松さんにお願いしました。

チョット問題点が最近会った幾つかの点を目の前で納得できるように説明できたので、良い段取りでした。

お昼もいつの間にか眠っておりましたが、一時前には起床。

娘や妻と打ち合わせした後、工場に出勤。

午前中の途中から始めた手研ぎ仕上げを再開。

いやはや手古摺る品が幾つか。捗らない事はかどらない事。されど、無駄手間を掛けない様に、道を探りながら研ぎ勧めます。

砥石の使う区切りの良いところ?と云ってもっ誰も理解できないでしょうが、までやったら四時半。

お祭りに孫達を張り切って連れて行く旦松さんはお昼でお仕舞。倅は所定の休業日ですから、片づけやら、月曜日のゴミだしの段取りは全て佑水君一人の仕事です。

そして、土曜日は五時の定時終了日。
佑水君が提示で終われないと、祭りに行く奥さんや娘さんにも気の毒なので、冷蔵庫の補給やら、私でもできそうな片付け事などを少々手伝って、四時四五分には終了。

妻と娘と祭りの賑わいを横目に見ながら千屋温泉で寛ぎの週末。

勿論、帰宅してからお祭りは、涼しい我が家でケーブルテレビで楽しみました。

明日は思うさま朝寝坊してから、工場の不足品など買い出しが出来そうです。

うん!今週も良く頑張った!



旦松です。
今朝は、親方の歪取りの焼き戻しの油をふき取る仕事をさせていただけました。

私の仕事のミスをわかりやすく、注意すべきところ、する必要のないことなど、具体的に話してくださり、ありがとうございました。

親方に多大なご負担をおかけして申し訳ありませんでした。

午後は、新見市の夏の行事「にいみふるさと祭り」があるので、家族サービスの時間をいただいて、半ドンにしてくださいました。
会場近くの藤原鉄工所さんの駐車場に車を止めさせて頂けて、ゆっくりと、孫たちを遊ばせることができました。

花火は、新居の庭から見ることができましたので、外出の時間が省けて、夕食やふろの時間が多く取れました。
ありがとうございました。


ここから佑水
朝は小雨が降っていましたが工場に着いてから暫くして上がりまして、今日も蒸し暑い日になりました。
今日は三尺から研ぎ始めました。
焼き戻しが終わって歪を取って頂いた品物の中から急ぐ物を師匠が揃えて下さいましたので、歪を取り始めてからはその品物に掛かっていきました。

丁度それらもお昼までには研げましたので、午後からは平回しへ。
本日も色々とアドバイスを師匠より頂きましたし、また仕上げをされるのを真隣から拝見させて頂く機会もあり、大変勉強になりました。ありがとうございました。

さて週末の夜です。
お陰さまで少し早く上がらせて頂きまして、家族と共に新見のお祭りに行くことができました。
毎年のことですが、新見にこんなに人がいたのかというほどの賑わいで驚きます。

ですが花火も少しですがキレイに見えて、本当にヨイヨイバーな夜でした。

本日も皆様お疲れ様でした。


2017/08/05(Sat) 松水


[ 尻拭い ]
 やっと朝から研ぎ三昧。
楽に研げる品や、苦労に苦労を重ねて、徒労の限りを尽くしてやっと研ぎ上がる品、様々ですが、こんな時こそ、「このレベルならだれも気が付かないだろうから、もうこれで良いか・・・」の妥協点を極限まで高めて行くと、「やっぱここに行きつくじゃん!」と云う地点に必ず達します。
中途半端やレベルの低い意識、「自分は良くやってるから、これでいいだろ。」みたいな姑息なやり口では上は見えません。
我慢に我慢を重ね、努力に努力を繰り返し、極限まで突き詰めていきたいものです。

先月は楽してそこに行きつけて、「超高速研ぎ」に成功したのですが、まあ、一から技術の見直しをするチャンスを貰っていると考えて、もう一段レベルを上げますよ!

それにしても尻拭いが増えるのは年の功ですかね。
自覚して、年齢を積み重ねて来ている証と思い、尻拭いにも精を出しますよ。

昔は尻拭いを両親や誰彼にして貰っていたのが、順の送りで私に巡って来たのでしょうからね。

尻を拭くか拭かないか。尻を拭かない人は、その場その場は良いですよ。

何かに不出来があろうが、何しろ責任を被る気持ちが無ければ気が付きもしません。でも、気にはするのです、挙句、何でも人の所為にし、自分のヘマや不始末を「結局、全部私のせいにされるんだよ。」と云っていれば、自称を知らない人には善人と思われその場はしのげます。
低いレベルで自己宣伝に励む能力だけ長けていても、意外と世間は気付かないで感心してくれるものです。
気配りと心配りの区別すら出来ないでも、尻は吹かないのですから。だからと言って気楽かと云うと、そうでもない様子。
何のことやら。


当工場で造る製品の評価。一番最初の材料の仕込から鍛造、研削、各工程での目配り、技術がそれぞれ大切なのですが、まあ、研ぎ仕上げで私が最後の防波堤。自分の仕事と生活と、そしてプライド全部ですからね。


何しろ結果が出ます。目を瞑ってみない振りをしていればそれでも世間で通用しても、自分にはよく分かる結果が何れ表れます。
そして、その結果が先に行くほど、世の中での評価や生活のありように大きな違いをもたらすのでしょう。

台風が足踏み状態ながら、どうも月曜日から火曜日に当地を直撃?
大型の台風に育ち、動きも遅いようですから、我が家、当工場雨、一族は勿論、各地に被害の出ない事を祈るばかりです。

ああ!あと一日頑張れが休暇だ!



旦松です。
ご迷惑をおかけしています。申し訳ありません。

明日の仕事も、妥協することなく、チャレンジ精神で一丁づつ仕上げて、恥ずかしくない仕事になるように励みます。

お疲れ様でした。


ここから佑水
朝から太陽の日差しがジリジリと照りつけて、今日はどれだけ暑くなるのだろうかと思っていましたら、台風の影響のようで曇り時々晴れのお天気になりました。
それでも蒸し暑さは半端なく、水分補給をこまめに取らせて頂いております。

午前中は三尺です。
今日は普通のサイズの物から細長い物そして厚刃物とバラエティー豊かに研ぎ進めて行きました。

午後からは平回しです。
未だ安定しない下研ぎでご迷惑をお掛けして申し訳ありません。
今日も色々と状態を伝えて頂きましたので、そのことにも意識を持ちつつ励んでまいります。

夕方はもう一度三尺へ戻り、一時間ほど研いで今日お仕舞いにしました。

本日も皆様お疲れ様でした。
2017/08/04(Fri) 松水


[ 焼入れ ]
 「さっぽろ東急 職人展」用商品最後のピースの焼入れです。
家族がみんな沢山仕事を他に抱えているため、下研ぎに目途のついた佑水君が、久々の焼入れ担当。アトランタ前の私の体調絶不調時、以来ですかね。

そして旦松さんがいつも通り見事なブラシさばきでクリーニング。

私はと云うと、学生時代以来の油拭き担当。

油拭きをしながら観ておりますと、二人揃って余りにも無駄な動きが多い上に、余分な事をする分だけ必要な事が巧く出来ていない。


気を利かしたつもりで、余分に人のお節介をするほどには自分が、自分の仕事をちゃんと出来て無い事を、まず第一に自覚して欲しいものです。


オマケに、そうでなくてもこの暑い最中、わざわざ疲れるような動き方。

その上、高温の油を不注意で飛び跳ねさせるという、結果、重度の火傷と云う最悪の事故は幸運な偶然で起こりませんでしたが、これは最悪最低です。いつもいつも口を酸っぱくして注意している事の中で一番には事故と怪我。

呆けた見落としや手抜きで発生した不良品は高額とは云え金銭的損失をを経営者の私が被れば済むことですが、分かり切っている事態を、自身が危ない眼を見ていないからと油断して引き起す事故、労務災害。重々反省してもらわないと、人の命を危険にさらす行為です。

勿論、朝から指導に注ぐ指導。怒鳴る訳です。何しろ大きな声を出さないと作業中は聞こえませんから、的確な意思疎通の為には怒鳴るしかないのです。

いくら、怒鳴る我が身が疲れようともね。みんなの生活と安全の為ですから。

焼入れが終わると手研ぎを、夕方まで。途中の昼休みは、面倒なメール返信に時間を取られてまあ、すこし横になっただけ。

仕上研ぎが大分上達しまして、10分少々で1丁と云うペースですが、中に「うわっ!」と思わず声が出る凄まじい下研ぎの物、最後まで仕上げて、ほぼほぼい感じで充分と思いながらも、なんだか咽喉に何か引っかかって飲みくだせないとか、そんな感じの品物を研ぎ続けていて、「あ!こんなアカラサマナ、目立つスクラッチになんで気が付かなかったのだろう!」と云う品も二点ほどあり、やはり、感覚が納得できない仕上がり具合の物を嗅ぎ分ける、職業上の感が少しは働いているようです。

今日現在、先週までの仕上で学んだのは、徹底して研ぎ面と刃のライン上を凝視して、早い段階で問題点を発見し、400番の砥石で執拗に研いで、その後の段階に問題を持ちこさない、と云う方法です。

それにしても、最終段階までスクラッチに気が付かない2点などには少し恥じらいを覚えます。夏呆けですね。

木曜日は休業明けの「草間屋」。
今日は釜揚げをお腹いっぱい!その前に「特製 竹輪天」で一杯。

おかみさんも旦那も気心が知れていて、打てば響くどころか、打たなくても響く心安さ、心地良さ、オマケにもう、最高に美味しい!

お土産のうどん、今が旬の「草間」名産の白桃など抱えるほどにお土産を頂きました。
いやもう苦労な一日も極楽極楽!いつも有難う!



旦松です。
ふがいない仕事をしてしまい、恥ずかしい限りです。申し訳ありませんでした。

お茶の時間に、夕食の話になり新見でも老舗のレストランである、「インデイラ」を提案していただけたので、帰宅後に風呂上がりの孫たちといざ「インデイラ」へ。

おすすめの日替わりを僕が食べて、孫はビーフシチュー、娘と下の孫は、特製エビ飯とコロッケ。

食べず嫌いの多いい下の孫も、喜んでいろいろ食べてくれました。
コックさんもお皿に何もないのを見て、笑顔で答えてくれました。
ありがとうございました。

帰りにカーテンレールやカーテンなど買って、帰宅しました。

明日も焼き入れの準備に集中して、品質を落とすことの無い様に目を凝らして、注意しながら励みたいと思います。


ここから佑水
昨日も三尺と平回しにへばりつきまして、下研ぎに専念いたしました。
そして夕食後に眠りコケてしまい、起きたら朝でしたので相当な時間眠っていたようです。

そして今日は久しぶりに焼入れの担当をさせて頂きました。
さらに師匠に焼入れ後直ぐの油を拭いて頂くということで、ガチガチに緊張してしまい、まるで一昔前のロボットダンスのような状態でした。
何度も失敗を繰り返し、その度に指導して頂きましてありがとうございました。
次回の焼入れに今日頂いたご指摘を活かしてまいります。

焼き入れは一時間ほどで終わりましたので、皆で休憩の後午前中は三尺を、そして午後からは平回しへと移って研ぎ物を進めていきました。
平回しを全て終え、工場の戸締りと最後の念入りな火の元確認。
夕暮れに赤く染まる山々を眺めながらゆっくりと自転車を漕いでクールダウンしつつ帰りました。

帰ってから外がまだ明るいので隣の空家の庭の草刈を少ししていましたら、アブに腕を刺されてしまいました。
直ぐに水で洗って虫刺されの薬を塗ったら早くおさまりました。
ちょっとと思って軽装でしたのですが、草刈も油断大敵だということを教わりました。何事も同じですね。

本日も皆様お疲れ様でした。



2017/08/03(Thr) 松水


[ グラインダー ]
 久しぶりにグラインダー作業。
大人気で、HPにアップしていないエッチング柄の2丁以外は素早く売り切れた折りたたみ小刀「備中の守」。

次のブレードがナマシから返ってきたのを型磨り。
ベルトサンダー背の仕上や刻印、仮刃付け、焼入れ用の養生を倅に頼んでから砥石工場に引き上げ、「さっぽろ東急」の荷造り準備に取り掛かりお昼。

夜も涼しくて、朝七時前まで熟睡。お昼も軽い食事の後、1時まで熟睡。

 午後から手研ぎ仕上げ。
佑水君が今日から平回しに取り掛かったペティーはほとんどの品が具合よく研ぎ上げって行きます。

やはり、下研ぎ自体、表情が違います。
はかどると、余計に調子が出て来て、気持ち良い事。

夕暮れ、空には夕焼けにオレンジ色に染まった入道雲が夏そのもの。

今夜もきっと涼しい夜を、網戸越しのそよ風に気持ち良く眠れる事でしょう。



旦松です。
今朝も焼き入れの準備から始めました。

青い空に白い雲が川面に映り込む景色が綺麗な朝でした。
工場に一礼して、あちこちの窓を開け始めて、川をのぞくとカモの集団が、くちばしを川に差し込んで何か食べてるようでしたが、水が少ないところなので、かわいいしっぽが、出たり引っ込んだり、のどかな風景でした。

夕方上がらせていただくときに、親方が新見の夏のイベント情報をわかりやすく、マークを入れてくださったものを頂戴しました。ありがとうございます。孫たちの初体験がよりいいものになると思います。

明日は午前中焼き入れの予定を指示していただきましたので、朝包丁や小刀を追加したら準備オーケーです。

本日は、藤原社長さんも工場のパワーハンマーの分解修理に駆けつけてくれました。

お疲れ様でした。
2017/08/02(Wed) 松水


[ 向上心 ]
 いよいよ八月になりました。月日の経つのは早いものです。

今日から研ぎ仕上に専念する日々です。
特に気を付けて点検する箇所、特に入念に砥石を当てる箇所は、使用する三種類の砥石毎で違います。

今の下研ぎのコンディションに自分のテクニックを向上させる事で慣れようと懸命に励んでおります。

思ったように行ったり往かなかったり、それでも四苦八苦した泉州に比べると確実にペースは上がって来ております。


基本は全て同じです。
先ずは観察する事。今日も研いでいて、1丁だけ超高速研ぎにスパッとハマって仕上がりました。
それ以外はどこかに癖が残っておりますが、その癖の傾向が分かって来ておりますので、早め早めに対処するとトータルとしては無駄な手間が徐々に省け、仕上がりのペースが少々ですが早まってきました。

四時過ぎまでにスペシャル小刀五丁の研ぎノルマを終えて、定期処方をお願いに病院へ。

暑過ぎて病院に行く元気も無いのか、私には幸いなことに病院も調剤薬局ものんびりしております。



旦松です。
昨日はお休みを頂いた上に、食事会を開いていただきありがとうございました。

今日は、次の焼き入れの準備に集中しました。
藤原鉄工の社長様は、出張仕事のために工場に居ませんでしたので、次に段階の仕事を夕方、定位置に置かせていただき帰宅しました。

いつも一人の部屋に帰っていたのが、娘や孫が迎えてくれる部屋は、格別です。

明日も暑さに注意しながら、工場仕事に励みたいと思います。
お疲れ様でした。


ここから佑水
昨日は旦松先輩のお引越しのお祝いの宴にお呼び頂きました。
旦松先輩の娘さんとお孫さんお二人、そして師匠と師匠のご家族の皆様とご一緒させて頂いて楽しい夜を過ごさせて頂きました。
旦松先輩のお家も立派にリフォームされて快適さに満ち溢れておりました。
工夫された二階も、お孫さん達が楽しそうに遊んでいて幸せな空間となっておりました。
昨夜は自宅まで送って頂きましたらそのままバタンキューでした。
本当にありがとうございました。

昨日も今日も平回しと三尺です。
良くない癖が出ませんように師匠に注意して頂き、またそれに応えるべく励んでまいります。ありがとうございます。
本日も酷暑。倉庫も朝から日差しが照りつけて暑くなりましたので、窓を全開にして扇風機で風を送っております。
そして間での水分補給もこまめにさせて頂いておりますので、お陰様で熱中症にはならずに研ぎ仕事ができています。ありがとうございます。

今夜は久しぶりに星空がキレイに見えまして。流れ星も一つ見ることが出来ました。
願い事はもちろん研ぎの上達でした。

本日も皆様お疲れ様でした。

2017/08/01(Tue) 松水




My Diary Version 1.21
[ 管理者:鍛冶や方丈記 著作:じゃわ 画像:牛飼い ]