サブページ画像

武田刃物の庖丁について

古式製鉄「たたら」のふるさと中国山地。ここ新見で武田の庖丁は生まれます。手打鍛冶の伝統技術を土台に金属工学の理論を加え、一本一本精魂込めて鍛えあげられる武田の庖丁に与えられる「新見・松水」の刻印。その切れ味の素晴しさと丈夫さには定評があり、本物を知る人々のご好評を得ています。庖丁にこだわるプロの料理人が選ぶ「切れ味」といつまでもその最初の感動が続く「耐久性」を是非お確かめください。 また「生涯1本」の切れ味をいつまでも保っていただくために、手軽に研げる手持ち砥石もあわせてご利用ください。


最高級の鋼を使用

武田刃物製品に使用されている鋼は『青紙スーパー鋼』。真空溶解、バナジューム合金の高炭素低不純物鋼。日立金属安来工場製の最高級の炭素鋼です。
その鋼の両側に軟らかいステンレスを重ねた三層の複合材を、焼いては叩き、焼いては叩きを何度も繰り返し、耐久性があり切れ味の持続する刃を作り上げています。


八角柄を使用

柄に差し込む中子には、腐りにくいステンレスを使用。強度の高いメープル材を樹脂で強化した特製の柄を、握りやすい八角の形にしています。


刻印について

武田刃物製品にはその製品の印として刻印を打っています。

新見♡松水

新見(ニイミ)というのは武田刃物工場の所在地である岡山県新見市の新見。
松水(ショウスイ)というのは武田刃物で代々受け継がれてきた職人名です。
ハートのマークは先代松水が奇抜さを狙い考案したもので、一丁一丁心を込めて刃物を作る当社のトレードマークとして使用しています。

NAS

当社で使用している青紙スーパー鋼とステンレスを重ねた複合材のことを『NAS』と呼んでいます。
『AS』とは青紙スーパー鋼の略、そこにステンレス材を重ね合わせることで新たな品質の素材を作り出したということで『NEW』の頭文字の『N』を加え『NAS』と呼んでいます。

TOP